BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

秋の尾瀬を満喫するトレッキングツアー「かたしな高原 CAMParty 2020」参加者を募集!

この秋、群馬県の「かたしな高原」にて、CAMPartyが開かれます。
そこで、キャンプをしてパーティーを楽しみ、トレッキングを満喫できる、内容盛りだくさんなCAMPartyの2日間を、写真とともにご案内します!
※この事業は環境省補助事業の一環です

Day1

まずは、鳩待峠から山の鼻へとトレッキング。
ランチタイムを挟んで、往復で5時間弱。実際の歩行タイムは3時間程度です。
鳩待峠からゆっくりと山の鼻まで降りていきます。
周囲は、ブナやカエデ、ミズナラ、トチノキなどの広葉樹の森。

▲安心して歩くことができる、木道

そして、山の鼻から尾瀬ヶ原が広がります。
写真は9月末のもの。ちょうど、尾瀬ヶ原が草紅葉になっていたころです。
▲草紅葉のさかり。このあと日に日に秋が深まっていく

第1回のツアーでは、広葉樹の森が赤や黄色に色づき秋の真っただ中になります。
第2回のツアーは、晩秋のおもむき。
広葉樹の葉は散り始めていますが、最後の色づきであるカラマツが黄金色に輝くころになります。
ランチタイムは、尾瀬ヶ原にて。
ゆっくり楽しんだあと、鳩待峠へと登り、ゴールです。

▲池塘に浮かぶ黄色い葉っぱは、ヒツジグサ、背後に燧ケ岳

▲ゴールの鳩待峠!

夕食は、大きなテントの下でのグランピングスタイル。
地元の食材を使った地元料理人によるコース料理は、野菜に肉、魚とボリュームがあり、どれも美味しいです。食事のおともにご用意するのは、地元土田酒造の日本酒。まろやかな味わいが、洋のテイストの料理にピッタリです。

▲正面の前菜は、iikarakanのサラダ、キャロットラペ、紫大根の甘酢漬け、かぼちゃのロースト、秋茄子と舞茸のオイル漬け、ハヤトウリの揚げびたし、リンゴのカプレーゼ、トマトのエスニックサルサソース、食用ほうずきと多彩。その季節に合わせた内容に

▲日が暮れるなか、ろうそくをともしたディナータイムに

▲グランピング用の大きなテント空間は、開放的

夕食だけでもゆったりとした時間を味わえるのですが、せっかくの秋の夜長ですから、夕食後はたき火を囲んでおしゃべりも。
お休みは、テントまたはバンガローになります。

▲たき火は暖かく、おしゃべりも弾む

Day2

朝食は、ホットサンド。各テーブルに、コンロとホットサンドメーカー、食材が用意されています。お好みの具材をはさんで、作ります。▲子どもも楽しめるホットサンド作り

この日のメインは、農園で野菜を収穫し、ピザを作ること。
トマトやナス、ピーマンなど、ビニールハウスの野菜を、自分たちで採ります。
泥のついた人参は、近くの小川で洗います。

▲自分の手で収穫することは、大人になっても楽しいひととき

▲茄子にピーマン、色とりどりの野菜たち

▲ピザの生地を伸ばし、具材をトッピングして釜へ

こんな風に、ゆったり過ごす2日間。
友人と、家族と、お子さんと参加できる内容です。
かたしな高原にはWi-Fiが完備されているのでワーケーションもでき、イベントの合間にお仕事をしてもOK!

また、2日間をガイドしてくれるのはスペシャルな山岳ガイドたちです。
第1回は、国際山岳ガイドの近藤謙司さん。
日本でいちばん多くの人をエベレスト山頂へと導いた方です。
世界各地の山をガイドする近藤さんが、これだけ長い期間日本にいるのも、いまならでは。
近藤さんと秋の尾瀬を歩くのも貴重な機会です。
夕食時には、ヨーロッパアルプスやヒマラヤ、南米の山々の話、山麓の村を旅する話も聞くことができるでしょう。

▲畑で採った野菜を、小川で洗う近藤謙司さん

第2回は、地元片品村に住むプロスノーボーダーであり山岳ガイドの沼野健補さん。
スノーボードに傾倒し、15年ほど前に移住した方です。
いまでは群馬のパウダーシーンをリードし、尾瀬のガイド達を率いる存在です。尾瀬の自然にとても詳しく、樹木、クマの話、どうやって尾瀬の湿原や池塘ができたのかなど、教えてくれます。

▲地元の自然をいつくしむ視線の沼野健補さん

この秋、日本各地の国立公園では環境省補助事業として、国立公園の自然に親しむ企画が開催されます。
新型コロナウイルス感染拡大にともなって、自粛ムードだったり、自然のなかに出かける機会が少なくなった方々を、再び自然へといざなおうというものです。
Go to キャンペーンも適用されます。この秋、ゆったりと尾瀬を味わってみませんか。

***

◎開催日程
第1回 2020年10月17日(土)~18日(日)
第2回 2002年10月31日(土)~11月1日(日)

詳細・お申込みはこちらから>>>

 

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load