BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

バイクで行くソロキャンプテントのおすすめを項目別に紹介!

静かな自然を一人で満喫できるソロキャンプが大人気。一人分の荷物を積み込み、気の向くままにバイクの旅とキャンプライフを楽しむソロキャンパーが増えています。

これからバイクで行くソロキャンプに挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、バイクに乗せることができるテントのサイズ感や設営方法などのちがいによって様々なテントが販売されているため、どれを買って良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回はバイクで行くソロキャンプを楽しみたい方にテントの選び方やおすすめのテントを紹介します。

  • バイクで持ち運ぶためのテントの選び方
  • おすすめ項目別にソロキャンプテントのご紹介
  • バイクでキャンプに行く際に必要な道具のご紹介

ぜひ、最後までご覧ください。

バイクで持ち運ぶソロキャンプテントの選び方

テントといっても大勢でファミリーキャンプをする時に使うテントからソロで登山をしながら使うテントまで様々な種類があります。

バイクでのソロキャンプで使用するテントとなると、やはりバイクで容易に持ち運ぶことができるコンパクトさが必要不可欠。

しかし、他のキャンプ道具やバイクに乗る際に使用するヘルメットやバッグなどを収納できる十分なスペースも欲しいところです。

では、バイクでのソロキャンプで使用するテント選びのポイントを具体的に解説していきましょう。

重量・サイズ

バイクは限られた量の荷物しか積み込むことができないため、テントの重量とサイズは大切なポイントとなります。

まず結論からお伝えすると、重量は5kg以内、サイズは60cm以内を基準に選びましょう。

重量5kg以内はバイク走行に影響を与えない範囲での最大重量が5kg程度であること、サイズ60cm以内は道路交通法によって積み込んだ荷物が左右15cm(合わせて30cm)以内までと決められているためです。

また収納サイズはテント幅だけでなく、ポールの長さも合わせて確認するようにしましょう。

設営方法

テントのタイプは大きく「自立式」と「非自立式」に分けられます。

  • 自立式…ペグを打ち込まなくてもテントが立つが、ポールの数が多くかさばりがち
  • 非自立式…ポールが少ないためコンパクトに収まるが、ペグが刺さらない場所では設営が難しい

また設営方法は「組み立てタイプ」と「ワンタッチタイプ」の2タイプがあります。

  • 組み立てタイプ…ポールを入れたりペグを打ったりして組み立てる必要がある
  • ワンタッチタイプ…傘のようにヒモを引っ張るだけで出来上がる

バイクでの移動をしてからのキャンプは到着時間が午後や日没前後になることも多いため、簡単に設営できる「自立式でワンタッチタイプのテント」がおすすめです。

なるべく荷物を少なくしたい場合やオリジナリティのあるキャンプサイトにしたい場合は「非自立式で組み立てタイプのテント」がいいでしょう。

前室の有無

前室は大自然の中で過ごす時間の快適さを一気に高めてくれるので前室付きをおすすめします。前室にはたくさんのメリットがあります。

  • 料理や焚き火ができるスペースになる
  • テント内に入れたくないゴミや靴などを置く場所にできる
  • 濡れたレインウェアやヘルメットなどを乾かす場所にできる
  • いざとなればバイクを入れて雨除けにできる
  • 前室があることでテント内のプライベート空間を確保できる

テントの他にタープを張って前室代わりにすることもできますが、荷物が多くなってしまいます。

ぜひご自身のキャンプスタイルに合ったテントを選んでみてください。

持ち運びやすい!バイクソロキャンプテント5選!

Featherstone(フェザーストーン) ツーリングテント

Featherstone(フェザーストーン) ツーリングテントはどこでも簡単にテント設営ができる自立型テント。
付属品を含めても約2.8kgで片手で持てるほど軽く、コンパクトに収まるため、バイクに簡単に積み込むことができます。
また耐水圧が3000mmのシートを使っているため、雨が降っても安心です。

  • メーカー参考価格:21000円
  • 使用サイズ:213×130×109cm
  • 収納サイズ:41×10cm
  • 重量:約2.8kg
  • 材質:グランドシート/63D ポリエステルリップストップ生地(PUコーティング)、フライシート/75D ポリエステルリップストップ生地(PUコーティング)、ポール/7001アルミ合金ポール

公式サイトで見る

GEERTOP テント 1人用 ソロテント ワンポールテント

GEERTOP テント 1人用 ソロテント ワンポールテントは重量わずか900gの組み立て式テント。
重さが1kgを切る超軽量モデルのため、バイクでの移動を快適にしてくれるでしょう。
ドア1つとベンチレーター2つでテントを閉め切った時でも息苦しさはなく、十分な通気性を保つことができます。

  • メーカー参考価格:21000円
  • 使用サイズ:220×120×114cm
  • 収納サイズ:42×11cm
  • 重量:約900g
  • 材質:フライシート/20D PU3000mm防水加工されたナイロン、インナーテント/20D 360Tナイロン織物

 

MSR(エムエスアール) エリクサー2

エムエスアール(MSR)
¥50,600 (2022/12/03 22:50:24時点 Amazon調べ-詳細)

MSR(エムエスアール) エリクサー2は丈夫でありながら入門者にも扱いやすく、コストパフォーマンスの高い組み立て式テント。MSRの他のモデルよりも厚手の生地を使っているため、耐久性が高いのが特徴です。
2本のポールだけでなく天井部にさらに短いポールを追加することで箱型に近い空間をつくり、快適な居住性が実現されました。総重量2.7kgで持ち運びやすい点も魅力です。

  • メーカー参考価格:50600円
  • 使用サイズ:279×213×102cm
  • 収納サイズ:51×17cm
  • 重量:約2.2kg
  • 材質:フライ/68D リップストップポリエステル 耐水圧1500mm ポリウレタン&DWR コーティング、ポール/7000 シリーズアルミ

公式サイトで見る

BUNDOK(バンドック) ソロティピー

BUNDOK(バンドック)
¥12,964 (2022/12/03 22:50:24時点 Amazon調べ-詳細)

BUNDOK(バンドック) ソロティピーはポール1本で設営ができる自立式のワンポールテント。開放的な前室には様々な荷物を置けるスペースが確保できます。
フライシートは耐水圧3000mm、インナーフロアは耐水圧5000mmなので雨が降っても安心してキャンプを楽しむことができるでしょう。

  • メーカー参考価格:22000円
  • 使用サイズ:240×240×150cm
  • 収納サイズ:60×17×17cm
  • 重量:約2.2kg
  • 材質:フライ/ポリエステル インナー/ポリエステル 入口&窓/ポリエステルメッシュ フレーム/アルミ合金

公式サイトで見る

FIELDOOR(フィールドア) ツーリングテント120 

FIELDOOR(フィールドア) ツーリングテント120は軽量でコンパクトな組み立て式テント。荷物や靴を置く便利な前室も装備されています。
耐水圧1500mm以上でUVカットコーティングをされた素材で作られているため、安心のキャンプタイムとなるでしょう。

  • 使用サイズ:200×210×115cm
  • 収納サイズ:50×18cm
  • 重量:約2.3kg
  • 材質:フライシート/ポリエステル、インナーテント/ポリエステル、グラウンド/ポリエステル、ポール/超々ジュラルミン (A7075系)、ペグ/超々ジュラルミン (A7075系)

公式サイトで見る

設営簡単!バイクソロキャンプテント5選!

Whole Earth(ホールアース) ワンタッチ コンパクト ツーリングテント 1~ 2人用

Whole Earth(ホールアース) ワンタッチ コンパクト ツーリングテントは軽量、コンパクトで圧倒的に設営が簡単なワンタッチテント。
広げて約10秒で設営が完了する手軽さながら、全長220cmで快適な室内を確保することができます。
テントの耐水性は3000mmで雨でも安心してキャンプの時間を楽しむことができるテントです。

  • メーカー参考価格:30800円
  • 使用サイズ:225×175×115cm
  • 収納サイズ:約56×19.5×16cm
  • 重量:約3kg
  • 材質:フライシート/63D 190T PU3000mm、インナーテント/ポリエステル+メッシュ(190T PU800mm)・ボトム(210D PU5000mm)、フレーム/ジュラルミン

公式サイトで見る

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテント 

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテントは設営が簡単な高機能ワンタッチテント。
脚を伸ばして紐を引くだけでアウターテント、インナーテント、グランドシート、荷物の置ける前室がすべて完成します。
すぐに設営が完了するので、バイクツーリングで疲れた体でもゆったりとキャンプのリラックスタイムを楽しむことができます。

  • メーカー参考価格:23580円
  • 使用サイズ:243×235×133cm
  • 収納サイズ:62×20×20cm
  • 重量:約4.3kg
  • 材質:アウターテント/70Dナイロン(PUコーティング、リップストップ加工)、インナーテント/ブレーサブル生地 、フロア生地・グランドシート/150Dポリエステル(PUコーティング、テントポール/アルミ合金

公式サイトで見る

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)リベロ ツーリングテント UV BL

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥6,800 (2022/12/03 22:50:27時点 Amazon調べ-詳細)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)リベロ ツーリングテント UV BLは優れた通気性を持つ組み立て式テント。
フライとインナーの間に80mmの間隔を確保することで夏は涼しく、冬は結露しにくい構造となっています。
前後の出入り口に便利な荷物室が装備されているため、テント内を広々と使うことができます。

  • メーカー参考価格:19800円
  • 使用サイズ:260×210×130cm
  • 収納サイズ:40×16×216cm
  • 重量:約3.1kg
  • 材質:フライ/ポリエステル70D(PU加工・防水)、インナー/ポリエステル(70D通気性撥水加工)、フロア/ポリエステル1mmメッシュ、ポール/φ7mmグラスファイバー

公式サイトで見る

DUNLOP(ダンロップ) コンパクトアルパインテント VS-22

DUNLOP(ダンロップ) コンパクトアルパインテント VS-22はシンプルで軽量、コンパクトを追求した組み立て式テント。
テントポールは太く丈夫にしつつ軽量化が実現されているため、強い風にも耐えられる構造になっており、全ての部品にこだわった日本製の信頼できるテントです。

  • メーカー参考価格:45100円
  • 使用サイズ:205×120×100cm
  • 収納サイズ:25×15cm
  • 重量:約1.9kg
  • 材質:フライシート/30Dポリエステルリップストップ(ポリウレタン防水加工)、インナーテント/30Dポリエステルリップストップ(通気撥水加工)、グランドシート/75Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)、ポール/NSL9mm×NSL9.6mm

公式サイトで見る

Quechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 3 FRESH&BLACK

Quechua(ケシュア)
¥14,520 (2022/12/03 22:50:28時点 Amazon調べ-詳細)

Quechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 3 FRESH&BLACKは簡単に設営と撤収ができる自立型テント。
独自のFresh&Blackテクノロジーによって高い遮熱性と遮光性を備えているため、テント内を涼しく暗く保ち、快適に過ごすことができます。
フライシートの下には透湿性のあるポリエステル製インナーテントを採用することで、結露に直接触れることもありません。

  • メーカー参考価格:12900円
  • 使用サイズ:180×210×104cm
  • 収納サイズ:77×10cm
  • 重量:約4.2kg
  • 材質:フライシート素材/100%ポリエステル(PES)、ボトムシート部素材/100%ポリエチレン(PE)、ポール素材/グラスファイバー製

公式サイトで見る

前室付き!バイクソロキャンプテント5選!

DAYTONA(デイトナ) ツーリングテントST-II

DAYTONA(デイトナ) ツーリングテントST-IIはワイドな前室と広い居住スペースがツーリングに最適な組み立て式テント。
インナーを吊り下げ式にすることによってスピーディーな設営が可能です。十分な広さがあり、軽くてコンパクトに収納できるのでバイクでの移動にも最適です。

  • メーカー参考価格:48400円
  • 使用サイズ:230×300×130cm
  • 収納サイズ:52×19×19cm
  • 重量:約3.9kg
  • 材質:フライ/ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、内幕・ポリエステルグランドシート/ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、ポール/7001アルミ合金

公式サイトで見る

Coleman(コールマン) ツーリングドーム/ST

コールマン(Coleman)
¥12,283 (2022/12/03 22:50:29時点 Amazon調べ-詳細)

Coleman(コールマン) ツーリングドーム/STは背が高い前室が備わった簡単に設営できる組み立て式テント。
雨の日でも室内に直接雨が入り込まず、荷物やシューズ置き場に使える便利な前室空間はキャンプタイムをより充実させてくれます。
別売りのポールがあればさらに大きな日よけ、雨よけスペースを作ることが可能です。

  • メーカー参考価格:15800円
  • 使用サイズ:210×120×100cm
  • 収納サイズ:49×19cm
  • 重量:約4kg
  • 材質:フライシート/ポリエステル約1500mm、インナーテント/ポリエステル、フロア/ポリエステル約1500mm、フレーム/FRP

公式サイトで見る

LOGOS(ロゴス)ツーリングドゥーブルSOLO

ロゴス(LOGOS)
¥20,280 (2022/12/03 22:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

LOGOS(ロゴス)ツーリングドゥーブルSOLOは大型の前室が付いたコンパクトな組み立て型テント。
テント前面が張り出すように設計されたことで、前室はバイクが置けるほどの広さになっています。
雨の浸入や風の吹き込みを防ぐスカートが付いているため、冬のキャンプでも使用できます。

  • メーカー参考価格:36000円
  • 使用サイズ:220×300×135cm
  • 収納サイズ:60×17×17cm
  • 重量:約4.7kg
  • 材質:フライシート/難燃性バルキーポリタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)、インナーシート/ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工)、フロアシート/バルキーポリタフタ(耐水圧3000mm)、フレーム/7001アルミ合金

公式サイトで見る

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンポールテント

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンポールテントは2ルーム構造のコンパクトなワンポールテント。
ワンポール構造を採用して収納サイズをコンパクトにすることで、バイクへの積み込みが簡単になっています。
広々眠れる寝室とテーブルの置ける前室を実現することで、充実したキャンプ時間を過ごすことができるでしょう。

  • メーカー参考価格:20440円
  • 使用サイズ:290×290×183cm
  • 収納サイズ:直径14×長さ50cm
  • 重量:約2.6kg
  • 材質:テント生地/68D ポリエステル(PUコーティング)、ポール/アルミ合金

公式サイトで見る

BUNDOK(バンドック) ツーリングテント 

BUNDOK(バンドック) ツーリングテントは前方後方どちらからも出入りができる組み立て型テント。
テントの前後には荷物やくつを置ける便利空間が作られるよう設計されているため、荷物が多いバイクでのキャンプでも快適に使用できるでしょう。
総重量も約2.3kgとバイクでの持ち運びも楽に行うことができます。

  • メーカー参考価格:8800円
  • 使用サイズ:210×210×110cm
  • 収納サイズ:46×13.5×13.5cm
  • 重量:約2.3kg
  • 材質:●フライ/ポリエステル ●インナー/ポリエステル ●フロア/ポリエステル ●入口&窓/ポリエステルメッシュ ●フレーム/グラスファイバー

公式サイトで見る

バイクでキャンプに行くときの道具は?

バイクでのキャンプは道具選びも大切です。

テント以外にもキャンプで必要となる様々な道具については以下の記事を参考にしてみてください。

https://funq.jp/fieldlife/article/805101/

準備ができたら出発!バイクでソロキャンプ!

ここまでバイクでソロキャンプに行く時のおすすめテントの選び方や特徴別のおすすめテントの紹介、バイクでキャンプに行く時の道具選びについて解説してきました。

  • テント重量は5kg以内、サイズは60cm以内を基準に選ぶ
  • テントは自立式でワンタッチタイプのものがもっとも設営時間が短くなるのでおすすめ
  • 前室があるテントを選ぶと様々な用途で使うことができて便利

バイクに乗ってソロキャンプを楽しむ時間。それは非日常を味わえるかけがえのない時間です。

お気に入りのテントを使って、あなたのキャンプの時間をより豊かで素敵なものにしてください。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x