BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

音楽と人と街をつなぐアウトドアな旅企画「ototabito」特別編・佐渡島/Rihwa【アウトドアベース/二ツ亀キャンプ場】

ototabito(オトタビト)では、音楽をきっかけとした、自然と街、そこで暮らす人たちと出会う旅を提案していきます。毎回1組のアーティストが、自身の音楽とつながりのある街と思い出の場所を紹介。今回は特別編として、アーティストのRihwa(リファ)さんが新潟県・佐渡島を訪れました。リファさんにとって、初めての佐渡島。日頃から、登山やキャンプを楽しむ彼女に響く、佐渡島旅の魅力を紹介します。

特別編・佐渡島/Rihwa【史跡佐渡金山/ドンデン高原・ドンデン尻立山】
特別編・佐渡島/Rihwa【佐渡島旅で立ち寄りたい、おすすめスポット】

アウトドア旅の始まりは「佐渡アウトドアベース」から!

新潟港を出発しておよそ2時間30分。両津港に到着したカーフェリーを降り、まず最初に足を運んだのが、徒歩約4分の場所に建つ「佐渡アウトドアベース」。お店の前には、レンタサイクル用の自転車が並べられ、サイクリストがタイヤの空気を入れるために立ち寄る姿も。アウトドアチェアのほか、ブランコやハンモックのある店内には、アウトドアグッズを手にする親子や、カフェでお茶をしながらツアーの相談をする外国の方など、多様な遊び方のできる佐渡島ならではの光景が広がっていた。

新潟のアウトドアショップ「WEST」の佐渡サテライト店があり、キャンプ道具やトレッキングウエアのほか、釣り道具、オリジナルTシャツやトートバッグなどもラインナップ。ガス缶やあると便利なアウトドア小物などの調達はここで!

キャンプ道具がレンタルできるのも魅力のひとつ。リファさんは、地元食材でBBQを楽しむため、コンパクトな焚き火台をレンタル(1日1,000円)。そのほか、テントやテーブル、クーラーボックスのほか、トレッキング用のバックパックやシューズ、レインウエア上下などもあり(数に限りがあるため、事前予約がおすすめ)。

店内のカフェでは、佐渡で焙煎されたコーヒーや佐渡産リンゴジュースのほか、1日5食限定「まってでっけぇハンバーガー」(2,000円)もぜひいただきたいメニュー。「まって」とは方言で「すごく」の意味で、その名前のとおり、160gのパティ3枚がピクルス&マヨネーズとサンド。たっぷりと遊んだあとなら、ペロリと食べられるはず!

「スタッフの方がとても話しかけやすい雰囲気を作ってくれていて、施設のことをていねいに教えてくれたり、佐渡島のおすすめの季節の話なども気さくにしてくれました。トレッキングシューズのレンタルがあると、初心者の友人を誘って山歩きに行くこともできるので、ありがたい!この場所を知っているだけで、とても安心ですね」(リファさん)。

佐渡アウトドアベース
新潟県佐渡市両津夷271-1
TEL.0259-58-8081
営業時間9:00~18:00
定休日:火曜
https://gotosado.com/outdoorbase/

水平線と沈む夕日を目の前に泊まる「二ツ亀キャンプ場」

両津港から車で海沿いの道を走ること約50分。二匹の亀がうずくまっているような姿からその名が付いたという「二ツ亀」。この場所の海水の透明度は、佐渡随一ともいわれているそう。そんな二ツ亀を正面に眺める高台に、二ツ亀キャンプ場があり、ここでのBBQを楽しみにしてきたリファさん。テントサイトは、気持ちのよい芝生が広がっていて、どこにテントを張っても、広い海を一望できる最高のロケーション。

 

▲キャンプ場から急坂の階段を下りていくと、二ツ亀を正面にする海水浴場へと続く。

地元のスーパーで調達してきた食材がこちら。旬の魚(タイ)は1尾300円!(スーパーで下処理をお願いしました)。そのほか、貝や佐渡産のアスパラ、キノコ類、藻塩、パッケージがかわいい佐渡牛乳を。

アウトドアベースでレンタルした焚き火台と、購入した炭を使って、BBQスタート。網の上の食材を焼きながら、終始笑顔のリファさん。素材の味を存分に楽しむため、味付けは塩と少しのしょう油で。じっくりと焼いて、旨みが増しこんがり焼き目が付いたら、いただきます!

水平線に向かって、ゆっくりと沈む太陽を眺めていると、空の色が、青、黄色、オレンジ、赤と、少しずつ変化が。こんな時間をすごせるのも、アウトドアならではのぜいたくであり、目の前が海というロケーションの佐渡島らしさ。テントを張って眠れば、時間が経つにつれて変化する気温を肌で感じることができ、テントの外に出れば、無数の星の輝きに驚かされもする。

「とにかく景色がサイコーすぎます!二ツ亀の形もかわいい。すぐ下には、プライベートビーチ感のある海水浴場もあって、夏にも来てみたいですね。夕日もきれいで、いつまでも眺めていられるなと。この日は風も穏やかで、とてもすごしやすかった。私以外にテントを張っていたのが、バイク乗りのおじさまと、ソロキャンプのおじさま。この絶景をそれぞれが独り占めしている、その光景もよかったですね」(リファさん)。

二ツ亀キャンプ場
新潟県佐渡氏鷲崎
TEL.0259-26-2311(SADO二ツ亀ビューホテル)
営業期間:5月~10月
利用料金:大人900円、小学生550円
https://www.visitsado.com/spot/detail0270/

リファさんの撮影するyoutube動画もお楽しみください!

Rihwa
北海道・札幌出身。シンガーソングライター。17歳で単身カナダに留学。ボーカルクラスで歌うことの楽しさと音楽の与えるパワーを知り、楽曲制作をスタート。2012年にメジャーデビュー。アルバム『The Legacy EP』が発売中。2016年頃から登山を始め、仙丈ヶ岳や鳳凰三山、富士山などに登頂。現在は関東近郊の低山ハイクやキャンプも楽しむ。https://www.rihwa.net/

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load