BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

充電式湯たんぽおすすめ15選 選び方や注意点まで紹介!

スーパーやコンビニなどで買える湯たんぽとは異なり、繰り返し使用できるのが「充電式湯たんぽ」。電気で使うタイプで、お湯を入れ替える必要がないので手間のかからない魅力があります。

しかし、充電式湯たんぽにも種類が豊富にあるため、選ぶときに悩んでしまう方もいるのではないのでしょうか?長く快適に使うためにも、自分に適した充電式湯たんぽを選ばなければなりません。

そこで今回は、充電式湯たんぽの選び方やおすすめ商品などを紹介します。また使用する際の注意点も解説しているので、購入に悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

充電式湯たんぽとは

コンセントやUSB端子などを使い、電気の力で温めるのが「充電式湯たんぽ」。一般的な湯たんぽのようにお湯を入れ替えないので、手軽に使えるメリットがあります。自宅ではもちろん、中にはコンパクトな商品もあるのでキャンプや登山などのアウトドアシーンでも使用できるでしょう。

また省エネ機能付きの製品もあり、電気代を節約できるので経済的に優しいのも魅力です。充電式湯たんぽは手ごろな価格で買えるうえ、寿命が長いのでコスパのよさを求めている方にもおすすめできます。

おすすめ充電式湯たんぽの選び方

ここでは、充電式湯たんぽの選び方を紹介します。種類によってはサイズや機能の有無などが異なるので、選び方を把握してから購入に踏み切るとよいでしょう。

持ち運びやすいサイズで選ぶ

まず、持ち運びやすいサイズかを確認しておくとよいでしょう。自宅で使うのなら大きめサイズでも問題ありませんが、持ち運ぶのなら小さいサイズの製品を選ばなければなりません。

旅行や冬キャンプなど外出先へ持ち運ぶのなら、バッグに収納したり、使うときに邪魔になったりしない製品を選ぶのがおすすめ。中には手のひらサイズの製品も多く販売しているので、持ち運びやすさを重視している方は探してみるとよいでしょう。手のひらサイズであればポケットにも入れられるので、使い勝手は抜群です。

生活に合わせた充電方法で選ぶ

充電式湯たんぽを選ぶ際、生活スタイルに合わせた充電方法で選ぶのも大切です。充電方法には、おもに以下の2つがあります。

  • コンセントタイプ
  • USBタイプ

生活スタイルによって使い勝手が異なるので、長く使うためにも充電方法を把握しておくとよいでしょう。

コンセントタイプ

自宅でしか使わないのであれば、コンセントタイプを選ぶとよいでしょう。コンセントタイプは一定の温度で長時間保温できますが、電気代がかかるのがネック…。ただし、製品によっては省エネ機能が備わっている製品もあるので、電気代が気になる方は探してみるとよいでしょう。

また中にはコンセントで充電しておき、コードレスで使用できる製品もあります。コードが邪魔に感じる方は、コードレスを選ぶのもいいですね。

USBタイプ

PC周りや車の中で使用したいのなら、USBタイプを選ぶとよいでしょう。自宅だけでなく、外出先でも使用する可能性のある方はUSBタイプを選んで問題ありません。

またUSBタイプは、モバイルバッテリーとしても代用できる製品も販売されています。保温だけでなく、スマホの充電にも役立つので使い勝手のよさを求めている方におすすめです。

使用シーンに充電時間や蓄熱時間で選ぶ

充電式湯たんぽは、商品によって充電時間や蓄熱時間などが異なります。使用シーンに応じて、適切な充電時間や蓄熱時間を選ぶのも大切です。

就寝やデスクワークなどで長時間使いたいのであれば、8〜10時間と蓄熱時間が長い製品を選ぶのがおすすめです。蓄熱時間が長いほうが温まりやすくなるので、寒い室内でも快適に過ごすことができます。充電するのに時間がかかる製品もありますが、その分蓄熱時間が長いので長時間使いたい方にはよいでしょう。

一方、3~4時間ほどしか使わないのであれば、蓄熱時間が短い製品を選んでも問題ありません。製品によっては、最短10分ほどで充電が完了する製品もあるため、すぐに使用したい方にはおすすめです。

安全機能がついているものを選ぶ

充電式湯たんぽを毎日安心して使うために、安全機能が付いているものを選ぶのも大切です。とくに長く使いたい方は、安全機能が付いているかをしっかり確認しておきましょう。

過熱防止機能

過熱防止機能は、湯たんぽの温度が高くなると自動で温度を調整してくれるので、火災や故障などを防ぐ役目があります。

中には一定の温度になると、ブザーや点滅などで知らせてくれる製品もあるので、安全性を重視している方におすすめです。

自動オフ機能

湯たんぽの温度が一定になったとき、または充電が完了したときに自動で停止するのが自動オフ機能です。火災を防ぐだけでなく、電気代の節約にも役立つので安全面を求めている方はぜひ探してみるとよいでしょう。

充電式湯たんぽを使う際の注意点

充電式湯たんぽは手軽に使えて便利ですが、扱う際に注意しなければならない点があります。安全かつ快適に使うために、注意点を把握しておきましょう。

平らな場所で使用する

充電式湯たんぽを使用する際、平らな場所に置くようにしましょう。充電式湯たんぽは電化製品なので、傾いた状態にしておくと故障の原因になってしまいます。

また充電する際も、故障や火災などを防ぐために平らな場所へ置くようにしてください。

カバーを付けたまま充電しない

使用するときはカバーを付けても問題ありませんが、充電時はカバーを外すようにしましょう。カバーを付けたまま充電すると、本体が熱くなりすぎてしまい火災や故障などの原因になってしまいます。

安全機能付きの製品でも、カバーを付けたまま充電するのは危険なので、扱う際は十分に注意してください。

充電しながら使用しない

充電式湯たんぽは、充電しながら使用すると熱をもってしまう可能性があります。安全性を考慮するため、充電しながらの使用は避けましょう。中には10分以内で充電が完了する製品もあるので、すぐに使いたい方は探してみるといいですね。

充電式湯たんぽおすすめ15選

ここからは、充電式湯たんぽのおすすめ商品を紹介します。蓄熱時間の長い商品、おしゃれな商品などを豊富に紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

(Three Up) スリーアップ エコ湯たんぽ

スリーアップ(Three Up)
¥3,990 (2024/05/18 13:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

シンプルなデザインが魅力の充電式湯たんぽ。コードレスで使えるので、自宅だけでなく、外出先で使用したいときにおすすめです。温度調節機能が付いており、弱・強から選べます。最大8時間使えるので、布団の中に入れてアンカ代わりにしてもよいでしょう。

  • メーカー参考価格:6,980円
  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:約8時間

公式サイトでみる

moz(モズ) 充電式湯たんぽ

SCANDINAVIAN FOREST (スカンジナビアンフォレスト) 湯たんぽ 充電式 素早く充電

北欧デザインが魅力の充電式湯たんぽ。最大8時間使えるので、就寝時やテレワーク時などにおすすめです。カバーが付いており、なめらかな肌触りなのも魅力のひとつ。3,000円台で購入でき、急速充電もできて機能的に優れているのでコスパ抜群です。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:約6時間
  • 充電時間:20分

Pankaman(パンカマン) 電気湯たんぽ

可愛いネコのデザインで、身も心も温まる充電式湯たんぽになります。充電時間はわずか20分で、最大4時間も使用できるため、キャンプや旅行へ行くときにおすすめです。肌触りのよいカバーが付いており、水洗いもできるので快適に使用できます。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:3~4時間
  • 充電時間:20分

Rilobi(リロビ) 蓄熱式湯たんぽ

充電時間はわずか8分で、最大5時間も連続使用できます。カバーは洗濯できるため、汗や汚れなどがついたときもすぐに洗えるので便利です。肌触りに優れたカバーを採用しているので、就寝時に使用してもいいですね。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:4~5時間
  • 充電時間:約8〜15分

Zoyobave(ゾヨバベ) 充電式湯たんぽ

省エネ機能・過熱防止機能付きなので、機能性に優れているものを求めている方におすすめ。充電時間は約3分で完了でき、最大10時間も使えるので就寝時やテレワークなどにぴったりです。機能性に優れているにもかかわらず、3,000円台で購入できるのでコスパも重視している方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:8~10時間
  • 充電時間:3分

RANVOO(ランブー) 電気湯たんぽ

温度調節が3段階でき、最大60℃まで調整できるので自宅・外出先など、さまざまな環境でも使用可能。充電はわずか3時間で完了して、コードレスでも使用できるので手軽に持ち運びできます。1万円台と高価ですが、1年保証が付いているので初心者の方も安心して使用できるでしょう。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:4~7時間
  • 充電時間:約3時間

SPICE OF LIFE(スパイスオブライフ) あったかUSBウォーマー

2段階温度調節・自動オフ機能付きで、安全性に優れています。可愛い柄のカバーが付いており、肌触りもいいのでおすすめです。カバーは取り外しが可能で、手洗いできるので清潔に使用できます。また1時間の使用で電気代は0.14円なので、経済的に優しいのも魅力です。

  • 充電タイプ:USB

Hiro Corporation(ヒロコーポレーション) 蓄熱式湯たんぽ

ヒロコーポレーション(Hiro Corporation)
¥2,250 (2024/05/18 13:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

デザインが可愛い動物の柄になっており、心も体も温まります。最大6時間まで使用できるため、デスクワークや就寝時などでも快適です。過熱防止機能が付いているので、安全性を重視している方も安心して使用できるでしょう。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:2~6時間
  • 充電時間:7~15分

TONGMO(トンモ) エコ湯たんぽ

肌触りのよいカバーを採用しており、洗濯ができるので清潔に使用できます。最短約12分で充電が完了するので、すぐに使いたいときに便利です。本品はコードレスで使用できるため、就寝やデスクワークなどでも線が邪魔になる心配がありません。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:6~8時間
  • 充電時間:約12分

chuda(チュダ) モバイル機能付き湯たんぽ

湯たんぽだけでなく、モバイルバッテリーにもできるので便利です。コンパクトかつ軽量なので、どこへでも持ち運びが可能。手を温めるのはもちろん、肩などの関節を温めてもよいでしょう。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:約5時間

Juliyas(ジュリアス) 電気湯たんぽ

大きめサイズの充電式湯たんぽ。洗濯可能なカバーが付いており、いつでも清潔に使用できます。最大12時間も使用できるため、布団に入れてアンカ代わりにしてもよいでしょう。また充電が完了すると、自動で電源が切れる仕組みになっているので安心です。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:布団内使用時/10~12時間、室内使用時/4~8時間
  • 充電時間:約15分

ほんやら堂 充電式湯たんぽ

可愛いクマのデザインが魅力の充電式湯たんぽ。フル充電までの時間は約20分なので、すぐに使いたいときに便利です。室温や使用状況によって異なりますが、最大4時間まで保温が続きます。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:3~4時間
  • 充電時間:約20分

Yamisan(ヤミサン) 充電式湯たんぽ

Yamisan
¥1,599 (2024/05/18 13:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

約10分で急速充電ができ、最大8時間まで温かさが続きます。デスクワークはもちろん、布団の中に入れてアンカ代わりにしてもいいですね。当商品は過熱防止機能が付いており、充電が満タンになると自動でオフになるので、安心して使用できます。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:6~8時間
  • 充電時間:約10分

Wndy’s Dream(ウィンディズドリーム) 電気湯たんぽ

安全性・防爆性に優れており、人はもちろんペットの保温にも利用できます。充電はわずか8~12分で完了して、最大6時間も連続使用が可能。さらにカバーに入れて使用すれば、最大10時間まで保温できます。デスクワークや就寝時など、さまざまなシーンで使用できるので便利です。

  • 充電タイプ:コンセント
  • 蓄熱時間:カバーなし/3~6時間、カバーあり/8~10時間
  • 充電時間:8~12分

Leegosun(リーゴスン) 電熱ハンドマフ

1つのボタンで3段階温度を調整できる、操作性に優れた充電式湯たんぽ。ふんわりと柔らかいカバーが付いており、洗濯ができるのでいつでも清潔に使用できます。軽量かつコンパクトな製品なので、自宅だけでなくアウトドアでも利用してもよいでしょう。

  • 充電タイプ:USB
  • 蓄熱時間:4~5時間

おすすめ充電式湯たんぽで寒い日のキャンプを温かく!

充電式湯たんぽは、大きさや保温時間によって使い勝手が異なります。自宅だけでなく、キャンプや登山などのアウトドアでも使用したい方は、持ち運びやすい商品を探してみるとよいでしょう。今回の記事を参考にして、長く快適に使える充電式湯たんぽを手に入れてみましょう。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load