BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

CINELLI・スーパースター【ニューモデルインプレッション】

イタリアの美が生きる前衛的レーサー!

イタリアンレーサーの礎を築いた名門、チネリ。2016年にデビューしたスーパースターは、グラフィックを刷新して新登場する。「ステージに立ってライトを浴びるスーパースター」をイメージして開発されたこのモデルは、リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルを展開する軽量ハイエンドレーサーだ。
特徴的なトップチューブは、前輪に衝撃を受けてもヘッド角が一定に保たれ、高速コーナーやダウンヒルで優れた安定感を提供する。チェーンステーは、ハードな路面でもチェーンが干渉しないように配慮された形状だ。基本的にシンプルな造形でまとめられているが、カーボンのレイヤーを正しくコントロールすることに注力し、性能を極限まで高めている。
いっぽうで、最近流行のワイドタイヤ( 28Cまで)にも対応し、グラベルライドも意識した作りだ。これだけの高性能でフレーム価格21万円という、驚きのコストパフォーマンスも魅力。また、電動コンポ対応なのもポイントだ。
いまではプロよりもアマチュアレーサーが多いというチネリ。しかし、その根底に流れるレースブランドとしての経験値が、他のブランドとは一線を画す走りの違いを生み出すのだ。リアルなファンライダーに贈られるべき極上の体験が、この1台に詰まっている。

振動によって暴れるチェーンに干渉しないよう、くの字に折れたチェーンステー形状

ボリュームのあるBBまわり。極太のダウンチューブとスクエア断面のチェーンステーをつなぐ。ペダリングをしっかりと受け止めつつ、硬すぎない絶妙なバランスを実現

ヘッドチューブ手前で曲がる特徴的なトップチューブ。MTBで培った技術を採用し、高速ライド時にも確実なライン取りができるこだわりの設計だ

INFO
CINELLI・スーパースター
44万8000円(完成車/税抜)、21万円(フレームセット/税抜)
■フレーム:コロンバス・カーボンモノコック ■フォーク:コロンバス・フーツラ1 1/8″-1 1/2″モノコック ■コンポーネント:シマノ・アルテグラR8000ミックス ■ホイール:ヴィジョン・チーム30 ■サイズ:XS、S、M、L、XL ■カラー:ブラックダイアモンド ■重量:920g(フレーム単体/ M)

 

IMPRESSION
ポップな見た目ながら侮れない実力派

特徴的なトップチューブ前側のベンドは、路面からの突き上げによる振動を減衰し、走行環境を選ばず安定感のあるハンドリングを味わえる。そして、大きくスローピングしたフレーム形状とボリュームのあるヘッドまわりは、バイクを振ったときのキレがよくシャープな印象で、丘を見るたびに駆け上がりたくなるほどダイナミックなライディングを楽しめた。
ペダリングフィールは2時あたりでハッキリと踏み込めるも硬すぎず、5時あたりからのヌケが軽い。テンポを掴みやすく、高いパワー伝達性による鋭い加速感が際立つ設計だ。エルゴノミックなネオモルフェハンドルバーは造形美もさることながら機能的で、あらゆるポジションでハンドルタッチを絶妙にフォローしてくれる。完成車全体をとおし、美しいデザインと高性能を両立した至高のロードバイクだ。

 

IMPRESSION RIDER
管 洋介
ロード競技歴22年、世界中で活動してきたベテラン選手。本誌ではフォトグラファー兼インプレッションライダーを務める。2017年よりアヴェントゥーラ・サイクリングチームの代表でもある

4

問:ポディウム www.podium.co.jp 

 

ニューモデルインプレッションの記事はコチラから。

「ニューモデルインプレッション」一覧

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load