ロードバイクの車載テクニック!クルマに載せて走りに行こう!

クルマで都会を離れ、ロードバイクで走りやすい郊外に向かう。目的地を決めたら、車載して移動してしまうのが有効な手段のひとつだ。

工夫しだいで意外と積めるロードバイク車載術

屋根の上などにサイクルキャリアを取り付け、ロードバイクを運ぶクルマを最近は多く見かけるようになった。

しかし、シンプルな構造のロードバイクは、前後輪を外せば、キャリアなしでもカンタンに車内に積めてしまうのだ。毛布とホイールバッグがあれば、車内を汚さずにスッキリと収納できる。この方法なら、外に積むより燃費は悪くならないし、雨に濡れることもない。

【STYLE 1】後部座席を倒して、前輪のみ外して積む

ひとりで車載して移動するときに、便利な方法がこれ。後部座席を倒し、スペースを広く使うことで、後輪を外さなくても車載できる。ガチャガチャと車体にぶつかる音もせず、チェーントラブルもなく収納できるのが最大のメリット。

前輪はホイールバッグに入れて、駆動部のメカに触れないようバイクの上に載せておくのがスマートだ。

【STYLE 2】後部座席を倒さず、前後輪を外して積む

後ろに人が乗るときは、後部座席を倒さないでバイクを収納する必要がある。平置きではバイクが入らない場合は、バイクをひっくり返して縦積みする。

ただし、縦積みの場合はチェーンが暴れると、車内を汚す原因になる。キャリパーブレーキに引っかけるなどして、チェーンのたるみを予防しよう。

【STYLE 3】2台積むときはフレームを重ねて積む

2台以上積むときは、間にホイールをはさまずに、バイクどうしを互い違いにしてコンパクトにまとめよう。クランクの角度を水平にして、スペースを最小限にするのも有効な方法。

ホイールバッグが足りない場合、車輪どうしの干渉を少なくするため、バッグとホイールを交互に重ねる手も。ゆっくり確認しながらトランクを閉めれば完了だ。

【STYLE 4】後部座席にそのまま積む

ラゲッジルームには別の荷物を積みたい、という場合に有効な手段。後部座席はそのままの状態で積み込むため、基本は前後ホイールを外して入れる。注意したいのは車内の高さで、入らない場合はサドルを下げるか、外すと入れやすくなる。

サドル高が高いと、すんなり入らないことがあるので、ぶつける前によく確認すること。チェーンやギヤで傷つけないよう、輪行袋に入れるのがおすすめだ。

座席が汚れないように、毛布などを使ってしっかりとカバーしておこう。足元と座席にうまく入れれば、2台載せることもできる。シートベルトで固定すれば、安全性も確保しやすい。

フレームのキズだけでなく汚れに注意するのもポイント

ボトルの中身は捨てておこう

中身を入れたまま車載してしまうと、漏れて大惨事を招くことも。ボトルの中身は抜いて積むか、ボトルケージから外して車内に保管しよう。

ホイールバッグを活用しよう

車載時はもちろん、自宅での保管にも役立つホイールバッグ。何かと便利なアイテムなので、1セットはそろえておきたい。

バイシクルクラブ編集部のオリジナルホイールバッグはコチラから。

ホイールバッグ

ロードバイク用ホイールに対応した特製ホイールバッグ。頑丈な生地を採用し、クイックの収納袋やシャフト部分の補強も備えた本格仕様。

 

車載テクニックをマスターすれば、ロードバイクでの行動範囲がぐっと広がって楽しみも増すはず。クルマを持っている人は、ぜひ活用してみよう。

サイクルキャリアを使った車載テクニックはこちらから。

サイクルキャリアでロードバイクを満喫!スーリー&テルッツォの4つの活用スタイル

サイクルキャリアでロードバイクを満喫!スーリー&テルッツォの4つの活用スタイル

2019年06月24日

SHARE

PROFILE

トモヒロ

DIY系フレームビルダー

トモヒロ

自転車についてだけ遠距離パワー型という元『BiCYCLE CLUB』編集部の新参Webディレクター。クロモリが好きすぎて、妻と愛娘の自転車まで自作してしまう鉄バカ。

自転車についてだけ遠距離パワー型という元『BiCYCLE CLUB』編集部の新参Webディレクター。クロモリが好きすぎて、妻と愛娘の自転車まで自作してしまう鉄バカ。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load