THOMPSON・BRADE【ニューモデルインプレッション】

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は、石畳の連続する区間を走破できる高剛性にディスクブレーキを組み合わせた、THOMPSON・BRADEだ。

ディスクブレーキに最適化したエアロロード

ロードバイクの本場であり、クラシックレースに代表される過酷な環境も有するベルギーで生まれ育った老舗ブランドがトンプソンだ。
自社で設計とデザインを行い、塗装や組み立ても管理することで、優れたバイクを生み出している。

2019年のニューモデルがディスクブレーキ専用として開発されたブレード。
カーボンレイアップをディスクブレーキに最適化し、空力面に優れた形状も与えられた、トンプソンのレーシングバイクの新たな指標となるエアロロードだ。
トンプソンの大きな特徴といえば、石畳の連続する区間を走破できる高剛性だ。
この基本性能は受け継ぎながらも、ディスクブレーキ専用だからこそなし得た造形が与えられた。
ブレーキを取り付ける必要のないシートステーを横方向に扁平して成型したことで、路面からの衝撃をチューブのしなりによって吸収する。

トンプソンのアイデンティティともいえる剛性については、ヘッドからダウンチューブ、チェーンステーまでを大径とすることで確保し、ペダリングパワーの伝達性能を高めた。
これにより、今までの特徴を残しつつ、走行性能をさらに上のステージへと引き上げている。
塗装も自社で行うことでカラーオーダーにも対応。洗練されたヨーロッパブランドらしい走りと、自己の主張を両立できるバイクへと仕上げられている。

ディスクブレーキの制動力を最大限に生かすために、前後ともスルーアクスルを採用した 

ボリュームを抑えたフレーム上部に対して、ダウンチューブやチェーンステーなどはハイボリュームにして動力伝達性能を高めた 

シートステーは、横方向に扁平加工するとともにトップチューブの集合部より下にオフセットし、柔軟性を最大限に発揮する 

ダウンチューブは空力性能に優れたカムテール形状を採用

 

INFO
トンプソン・ブレード 
50万円(アルテグラ完成車/税抜)、40万円(フレームセット/税抜)※その他複数完成車展開あり
■フレーム:モノコックHMカーボン3K ■フォーク:フルカーボン ■コンポーネント:シマノ・アルテグラ ■ハンドル:TRC・エヴォ ■ステム:TRC・エヴォ ■シートポスト:オリジナル ■サドル:フィジーク・アリオネ ■ホイール:DTスイス・PR1600スプライン ディスク ■タイヤ:シュワルベ・ワン ■サイズ:XS、S、M、L、XL ■カラー:キャンディーレッド×マットブラック(要2万円アップチャージ)、ブラック×チタニウム×シャイニーマットコンビ ■試乗車重量:7.9㎏(S)

 

 

IMPRESSION

トンプソンらしい剛性に振動吸収性をプラスした乗り味

ボリューミーなフロントまわりと、対照的にスマートなリアバックが印象的なバイクだ。これまでのトンプソンといえば、高剛性を最大の特徴としてきたバイクだったが、ブレードにおいては快適性の高い乗り味が特徴といえる。
走行時にも突き上げ感がなくしっとりとした印象。フロントまわりも同じ感覚で、剛性バランスがしっかりととれている。これらはディスクブレーキ化の恩恵といえるだろう。ペダリング中の横方向への逃げも少なくパリッとした軽いフィーリング。クライミング時はこのフィーリングでダンシングが行いやすい。快適性を高めた印象が強いバイクではあるが、このあたりのペダリングに対する性能を見てみると高剛性であり、トンプソンらしさを感じられる。
ハンドリングはニュートラルで、フォークとフレームがいい意味で別々の動きをしている感覚だ。ライン修正や、とっさの動きの時にも軽いハンドリングで機敏な対応がしやすく感じた。軽くてフラフラするというよりも、動きたいときに機敏に動けるというものだ。まっすぐストレートを走っているときには、ふらつきを感じることはない。
フレームの見た目では、前が硬くリアはソフトだろうと想像したが、乗ってみて感じられたのはトータルバランスの秀逸さだ。あらゆる面において運動性能の高いエアロロードといえる。この性能を生かして、レースからロングライド、ツーリングなど、乗り手次第で可能性を広げられるバイクだ。

IMPRESSION RIDER
鈴木雷太
MTBクロスカントリーでは2回の全日本タイトルを獲得しシドニー五輪にも出場した元プロライダー。ロードバイクの経験も豊富で、さまざまな目線からバイクをインプレッションしている。身長168㎝

2

問:ハマショウ https://thompson.jp
TEXT:猪俣健一/鈴木雷太 PHOTO:猪俣健一
(出展:『BiCYCLE CLUB 2019年4月号』 ニューモデルインプレッション)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load