BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

オーバル&ノーマルでダブルなのにワンバイ【西山自転車商会】

編集部員は表の顔 じつは旧車好きのレストアラー
全国各地で古いパーツを漁る自転車マニアの日記

フロントシングルのワンバイは、自分のペースでしか走らない人にはシンプルでメリットが多いそうだ。逆に他人のペースに合わせなきゃならない、また相手を抜かなきゃいけない人は、フロントダブルが欲しいという。

仲間もなく、レースもしない自分はワンバイ向きだ。なので愛車のワンバイ化を考えているが、問題はいまフロントダブルがついていることだ。

フロントメカを外す必要がある、また左シフターも不要となり、左のブレーキレバーがいるとか、後付けでワンバイ化しようとすると不都合が多い。

そこでダブルのままワンバイにするオーバル&ノーマルを思いついた。同じ歯数でオーバルチェーンリングと普通のチェーンリングをクランクに装着。そうすれば、フロントギヤは外さず最小限の改造ですむ。

変速をするためでなく、オーバルとノーマルを変えるためにフロントギヤがダブルになっている。今日はノーマルの日と決めたら、フロントギヤは動かさない。だからワンバイだ。

自分はオーシンメトリックとバイオペースのダブルとした。逆の発想のオーバルギア、味くらべセット。攻めたいときはオーシンメトリック、休みたいときはバイオペース。

しかもクランクは、いま流行りつつあるショートクランクの160mmだ。実走レポートは涼しくなったら。

ペダリング感が違うほぼ同じギヤ比のダブル

楕円が違うクランクセット。しかもショートクランクでペダリングしやすい
160mmでPCD110の5アームクランクは、小径車キャリーミーの純正クランクだ

2種類の楕円ギヤを味わう

オーシンメトリックとバイオペース。装着位置で並べてみると楕円の方向が違う
ワンバイ化に不可欠なワイドなスプロケ。フロント38T×リア11-44Tで激坂対応
スラント角の大きいサンエクシードのメカ。エンドアダプターをかませて装着

 

西山自転車商会の記事はコチラから。

「西山自転車商会」 一覧

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ニシヤマ

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load