BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BOMA・ALLUMER DISC【ニューモデルインプレッション】

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は20万円という価格ながら高級感のある仕上げが特徴のマルチカーボンロード、BOMA・ALLUMER DISCを鈴木雷太がチェック! 気になるその乗り心地は?

グラベルも走れるマルチカーボンロード

カーボン商社をバックグラウンドとして、コストパフォーマンスに優れた高性能なロードバイクをリリースするボーマ。さまざまなニーズに対応したラインナップの豊富さも同社の特徴であり、ニーズにピンポイントで合わせたバイクを取りそろえている。
2020年モデルの新作として登場したのが、このアルマーディスクだ。超軽量でありながら高剛性のフレームでディスクブレーキ専用モデルとなる。アルマーは、ミドルレンジのレースバイクとして進化してきたモデルであり、現在ではアルマーアルファとしてリムブレーキモデルもラインナップする。ディスクブレーキを搭載した新作は、すべてにおいて新設計を盛り込んでいる。
20万円という価格ながら高級感のある仕上げが特徴のアルマーディスク。湾曲した細身のトップチューブからシートステーの採用で、十分な振動吸収性を確保したことにより、レースだけでなくグラベルをも走破できる性能が与えられている。
レースなど、ある1点に特化するのもユーザーのピンポイントなニーズだが、汎用性の高いバイクを求める声も同様に多い。ロードバイクとしてのペダリングにリニアに反応する一面をもちながら、乗り心地のよさも追求した総合性能の高さは、ミドルレンジのバイクを求める多くのユーザーに受け入れられるものだといえる。

滑らかにシェイプされたヘッドまわりが理想的なハンドリング特性を生み出す
幅広のプレスフィットBBを採用し、ペダリングのパワーを余すことなく後輪へと伝える
ブレーキマウント部をスマートに配置したストレートフォークを採用。積層や形状など目的に合わせて完全にコントロール
振動吸収性をつかさどるシートステーは、トップチューブとともに細身に成型。幅広のグラベル向けタイヤにも対応する

 

ボーマ・アルマーディスク

19万円(フレームセット/税抜)
■フレーム:T700/UDカーボン ■フォーク:カーボン ■コンポーネント:シマノ・アルテグラ ■ハンドル:ボーマ・HB-05 ■ステム:ボーマ・ST-02 ■シートポスト:ボーマ・SP-07 ■サドル:タイオガ・スパイダーツインテール2 ■ホイール:ボーマ・TH-W35TL ■タイヤ:パナレーサー・レースAエボTLC 25C ■サイズ:S、M、L ■カラー:ブルー系シフト ■試乗車重量:7.3㎏(M /ペダルレス)

 

振動吸収性に優れた乗り味で軽さも感じるマルチバイク

2トーンのメタリックカラーと流麗なシルエットのフレームは、ミドルレンジとは思えないほどの美しさを持つ。そのルックスと同調するように高い振動吸収性をもつ乗り味で、静寂性が高くシルキーな印象だ。路面の粗いアスファルトでもしなやかさが発揮され、身体に振動が伝わらない。その静寂性をもって、快適度が高くなることが感じられる。さらにスピードを上げて走ってみても、快適性はより高まる傾向であり、疲労感を残さない味付けが前面に出てくる。
振動吸収性に優れるだけでなく、しっかりとロードバイクに求められる芯があって、若干しなりが強いもののダンシングもしやすい。クライミング時には実際以上の軽さを感じているような感覚もあり、積極的にダンシングを入れて上っていく乗り方がハマるバイクだ。その反面、ハイスピードでは若干ハンドリングが軽過ぎるかなといった感じもある。またパワー系のペダリングで走っていくと、好みによっては物足りなさを感じるライダーもいるだろう。
ただしこの部分はバイクの個性であり、ターゲットとなるユーザーには、不安なく乗れる相棒となる。高出力を発揮したいライダーは、アルマーディスクではなく、純レーシングバイクをオススメしたい。
全体的に快適度の高いバイクであり、ロングライドに最高のバイク。クライミングのよさからグランフォンドなどにもお勧めしたい一台だといえる。

IMPRESSION RIDER/鈴木雷太

MTBクロスカントリーでは2回の全日本タイトルを獲得しシドニー五輪にも出場した元プロライダー。ロードバイクの経験も豊富で、さまざまな目線からバイクをインプレッションしている。身長168㎝

 

問:ASKトレーディング www.boma.jp

 

ニューモデルインプレッションの記事はコチラから。

「ニューモデルインプレッション」一覧

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load