BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【バイシクルオブザイヤー2020】TREK・DOMANE SLR9

今年も始まった「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」!
栄えある栄冠はどのバイクに!? 選考委員会による10台のインプレッションをレポートする。

速さと快適さを両立したトレック史上最強のマルチパーパスバイク

最速のエンデュランスロードとして、エアロのマドン、軽量のエモンダとともにトレックの3本柱を構成するドマーネ。前後に装備する独自の振動吸収機構、アイソスピードにより速さと快適性を両立させている。第3世代となるドマーネSLR最大の特徴となるのが、大幅に高められた空力性能だ。同社のマドンのテクノロジーを受け継ぐエアロチュービングは、ドマーネに新たな魅力を加えた。同時にリアのアイソスピードについても、マドンと同様で、振動吸収性が前作より高まったトップチューブ配置型を採用。また、よりさまざまな路面や用途に対応するため、タイヤクリアランスは最大38Cに拡大された。興味深いのがダウンチューブ内にパンク修理キットを収納できるストレージを設けたこと。通常サドルバッグに収納するものが移動したことで、サドルにテールライトを取り付けることが可能になり、低重心化にも貢献している。レースはもちろん優れた拡張性によりツーリングにも使用できるドマーネSLR。トレック史上最強のマルチパーパスバイクだ。

トレック・ドマーネSLR9

Spec.
●112万6000円(完成車/税抜)
●フレーム:700シリーズOCLVカーボン
●フォーク:ドマーネSLRカーボン
●コンポーネント:シマノ・デュラエースDI2
●ホイール:ボントレガー・アイオロスXXX 4 カーボン
●タイヤ:ボントレガー・R4クラシックス
●サイズ:47、50、52、54、56、58、60
●実測重量(ペダルレス):7.86kg(52)[プロジェクトワン仕様]

トレックらしいユーティリティの革新もポイント

【IMPRESSION RIDER】難波賢二
テクノロジーを駆使して超快適なのに走りは真面目。初代ドマーネから変わらないポイントだが、エアロも組み込んで、ある意味丸形シートマストを採用した最初のマドン的なバイクとなっている。とにかく超がつくほどに快適。レーシングバイクとしてこれが正解なのかどうかはわからないが、パリ〜ルーベ以外ではあまり使わない予定とも聞くし、もちろん自分はツールに出るわけでもないので、快適で速くて気持ちいいに越したことはない。ユーティリティ革新もトレックらしいと言える。

この一台があればレースからグラベルまで楽しめる

【IMPRESSION RIDER】田村明寛
ナンバーワンを決めるのに迷いはなかった。試乗し始めてすぐに、僕の悩みは持ち点の10点をいかに配分するかから、残りの7点をどう配分するかに変わった。ドマーネをここまで評価する理由は、この自転車があれば毎日が楽しくなる、と確信できたからだ。タイヤは38Cも余裕をもって装着できるため、一台あればレースからグラベルライドまで楽しめる。速いバイクであることは言うまでもなく、独自の機構アイソスピードで振動吸収性もかなりレベルが高い。

問:トレック・ジャパン
www.trekbikes.com

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load