BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スコットから新型エアロロードバイク! NEWフォイル登場

「SCOTT(スコット)」のエアロロードのFOIL(フォイル)がモデルチェンジが発表された。今回で、3代目となるフォイルは、空力性能、軽さという点で完成度の高い仕上がりをみせていたが、さらに進化を遂げるべく、ケーブル類をフル内蔵化、新しいコックピットを導入している。

ワイヤー類を内蔵し、新しくなったコックピット

ワイヤー類を全てフレーム内に収め、エアロダイナミクスに優れるフレームデザインがシンプルになっている

FOILのエアロダイナミクスは特許取得済みの F-01テクノロジーによって完成しており、フォイルはミッチェルトン・スコットチームの活躍など証明済みだ。今回、新たなフォークを再設計し、ケーブル類を全て内部に統合し、より高い空力特性を実現している。

新型フォイルは電動式、機械式両方のシフトワイヤーをフレームに内蔵でき、メンテナンス性も確保している。

フロントフォークは、ワイヤーを完全内蔵にし、空気抵抗の低減を追及しているほか、最大30Cサイズのタイヤまで対応するクリアランスも確保している。

フォークエンドには空力を考えフィンが取り付けられたデザインとなる

剛性を高めたBBまわり、PF86を採用

PF86ボトムブラケットを採用し、ダウンチューブとテーパーシートチューブを高い剛性でBBに接続した設計になっている。スコットの伝統的なカーボン成型テクノロジーの恩恵として、非常に高い剛性を確保する事を実現している。

フレームには通常のマウントとダイレクトマウント仕様の2種類のディレイラーハンガーが付属。ダイレクトハンガーを使用するコンポーネントの場合はより敏速なホイール交換が可能となる。

ホイール交換が簡単になっている。新しいドロップアウトデザインにより、くぼみ部分を利用しスムーズにホイールの着脱が可能。ハブはフレームの傾斜した部分をガイドとして使い、さらに押し上げることで、スムーズに収まる形状だ

快適な乗り味を実現するシートステイ、エアロ形状なヘッドチューブ

現在のFOILに採用される、薄いシートステーにはラフな路面でも高いクション性を発揮する設計になっている。さらに高い快適性を重視したアプローチの結果、マシュー・ヘイマンによるパリ・ルーベでの勝利でも実証されている。

FOILのヘッドチューブデザインは、特に横風が、つまりヨー角に優れた空力特性をもつエアロプロファイルとなっている。さらにヘッドとフォークの接合部分もエアロ形状となっている。

アディクトRCにも採用されている「シンクロス・コンボ クレストンiC SL」ハンドルバーをNEWフォイルでも採用。ワイヤーの内蔵に加え、人間工学に基づいたポジションを可能としている。

国内での販売価格、時期などは未定となっている。情報が入り次第お伝えする。

問:スコットジャパン
https://www.scott-japan.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load