BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フリーパワー・FG1【チェック戦隊BCレンジャー】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集部・ニシヤマが「フリーパワー・FG1」をテスト!

テレビでも取り上げられるアレを試してみた!

フリーパワー
FG1

価格:1万5000円(税抜/持込み自転車取り付け工賃込)
素材:アルミ(クランク)、スチール(チェーンリング)、シリコン
歯数:32、36、42、48T
シリコン硬度:ソフト、ミディアム、ハード
重量:1160g(48T実測)

ソフトな踏み心地でヒザにはよいかと

電池のいらないアシストギヤというキャッチフレーズで、自転車の話題になるとテレビでもよく取り上げられるフリーパワー。チェーンホイール中央部に装着されたシリコンがペダリング力で圧縮され、その反発力でギヤを回す。クランクのみの販売はないが、独自にパーツ単体で借りられたので装着してみた。こぎ出しはグニョっといった感じ。ハードタイプのシリコンが装着されているが、十分体感できる柔らかさ。これがパワーを吸収し、ペダリング下死点で推進力を発揮する。踏むときにクッション化するので、ギヤ比のわりにはソフトに感じられる。これが一般の人だと「軽い」と感じるのだが、ロードバイクに乗っている自分からすると、違和感がありありなワケで……。

 

ニシヤマイエロー

結論はロードバイク向きではないです。加齢でもっと足腰が弱くなってきたときにこのギヤが効くかも。車体が重く、変速幅のない一般車で、踏むのみのペダリングなら有効かも。

 

問:オリンピック
www.olympic-corp.co.jp

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ニシヤマ

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load