BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

絶望からJプロに上り詰めた異才の社会人レーサー 秋山悟郎【La PROTAGONISTA】

2019年群馬CSCで行われたJプロツアー交流戦では
7位に食い込むなど、2014年のJプロツアー参戦以来年を追うごとに
プロのスピードに順応している姿が注目を浴びはじめた。
29歳でロードバイクに出合った遅咲きのJプロツアーレーサー秋山悟郎に
プロタゴニスタはフォーカスした。

■■■ PERSONAL DATA ■■■
生年月日/1977年10月30日 身長・体重/168cm・57kg
血液型/A型

稲城フィッツクラスアクト 秋山悟郎

【HISTORY】
2009     NFCC プジョーカリオン
2010     フジサイクリングタイム
2011-2014  グルッポアクアタマ
2015-2018  アクアタマユーロワークス
2019     フィッツグルーン
2020     稲城フィッツクラスアクト

約150人が密集するJプロツアーのプロトン。そこでは車輪を奪い合うポジション争いが生まれ、主導権を握ろうと緩急のスキをついて飛び出すアタック合戦は熾烈を極める。

レースは中盤、数名のエスケープを容認していたトップチームが頃合いを測りチェイスを開始すると、時速50kmを超えた一列棒状の展開が延々と続いていく。最後の勝負に向かうレースは、仲間をも見捨てていくほどの壮絶な戦いだ。

プロトンはたちまちふるいにかけられ、残ったのはエース格と主要チームのアシストたち。そして粘り切った若手選手たちの横で歯を食いしばる一人の選手に声援が飛ぶ。

彼の名は秋山悟郎。40歳を越えてJプロツアーを戦うフルタイムワーカーだ。

屈辱的だったロードバイクデビュー

2009年7月の全日本実業団石川ロードレースERクラス。先行する1人を坂道で単独で追いかけ、険しい表情のまま2番手でゴールに飛び込む秋山を見た。この日からさかのぼること2年前、彼は初めてロードバイクを手にした。

イタリアブランドのアパレル業界に身を置き、仕事で不規則な生活を強いられた20代。30歳手前での転職を機に、慣れない週末の休日を過ごすこととなった。「時間をつぶす道具が欲しいと思い、目についたのがロードバイク。都内の有名なショップを訪ね、バイクパーツの美しさに見とれているうちに買っていました」

性能など知るよしもなく購入を決めた一台のスチールバイク。そのときツール・ド・草津のエントリーをすでにすませていた。「草津温泉に入ってイベントライドを走れるなんて最高じゃないか!とエントリーしたのが、すべての始まりでした」

気軽に挑んだレースは、山のキツさにあえぎ苦しみ、14kmのヒルクライムに2時間半、全クラスでビリから4番め。それは想像を絶する地獄の苦しみだった。「女性や子どもにも次々と抜かれ、気づけば山の中腹でハンガーノック……。初めて使ったビンディングペダルもろくに外せず、雪の壁に何度も突っ込みながらフラフラでゴールしました」

屈辱的なデビューの数日後、沸々と湧く悔しさが彼の闘争心に火をつけた。ヒルクライム攻略をキーワードにパワータップとメーターを購入、ヒルクライムマニアのメニューを参考に自転車トレーニングに取り組んだ。

翌年は知り合った日仏サイクリングクラブに入会、偶然にもこのクラブが実業団登録したことで秋山の道が開けていく。「このころ出会った岩倉航太郎選手が仕事前に40kmも朝練しているという話を聞き、週末でなくても乗る時間が作れるんだと気付かされました」

こうして始まった自転車トレーニングは強い好奇心と嗅覚で幅を広げていき、いつしか時間があれば自転車に没頭する日々に。実業団レースへの挑戦は2009年。初戦から完走を果たし、シリーズのヒルクライム戦ではしらびそで10位、富士で12位と成果をあげた。「ヒルクライムはがんばっても10位かな……と感じていたところ、石川ロードでは準優勝。そこからロードレースの駆け引きのおもしろさに夢中になりました」

ツール・ド・おきなわ130kmでも4位の成績を残し、彼の名前はしだいにレース界で知られるようになっていった。

スプリント能力の開花とJプロツアーへの昇格

2011年、社会人レーサーの試合巧者がそろったアクアタマに加入すると、よりいっそうレースさばきに磨きがかかった。「ベテランと強い若手が集結したチーム。レースの流れ、集団のスキを突く走行センスに大きな学びがあり、自分の特徴だった一撃の高い出力を、ゴールまで温存できる走りを身につけました」

2013年、すでに秋山はエリートクラスのスプリントで恐れられる存在となっていた。

1400wから生まれる爆発的なスピードで宮田、美浜クリテリウムで後続を一気に引き離しみごと優勝。クライマー若松達人などメンバーの活躍もあって、チームはエリート年間ランキングトップとなり、翌年のJプロツアーへの昇格を実現する。「チーム一丸となって得た大きな勝利。社会人レーサーとしての誇りを持ってJプロツアーに上ることができました」

プロへの礼儀を貫くスタンス

このころから秋山は、Jプロツアーに挑戦する社会人として、ひとつの信念を持ってレースに向き合うようになる。「Jプロツアーの最前線で戦う選手たちは、みんな自転車一本で食べている。いくら社会人で強くても僕らは趣味の極み。プロ選手の進路をじゃましてまで出すぎてはいけないと思っているんです。アシストしてフラフラで後方に落ちて来たプロ選手たちを見ると、たった1戦でもそれが彼らの人生をかけたレースなんだと……」

この数年、秋山はすべてのレースで最後尾からスタートを切っている。ポジション争いの優位性から考えても最後尾にいるメリットは明らかに薄い。「これは僕なりのプロ選手への敬意。リスクはありますが後ろからスタートして完走できないようではJプロツアーに参加する資格などないと思うんです」

みずからを律してレースに挑む。年齢が40歳を越え絶対的な出力が落ちてきても意に介していない。「かつて1400w出たパワーも今では1100w。それでも高速化するレースで完走率は年々高くなっています」

レースの経験値によって力の出しどころを知り、昨年は群馬大会で7位に食い込む実力も見せた。そしてそれにつれ練習内容も大きく変わっていた。「社会人でJプロツアーに対応しようとまともにメニューを組むと、結局は疲れてしまいますから……。僕はあるときから通勤と週1回の仲間との朝練、そして週末のライドを楽しむようになりました。そうしたら、かえっていい結果になりました」

自宅から横浜の会社まで往復90kmの道のりを週に3回、週末2日で300kmをこなして体力に自信をつけ、現在Jプロツアーをコンスタントに走り切れる注目の社会人レーサーとなった。「なんとかレースに食らいついて、勝負所でプロが仕掛ける強烈なスピードに耐え切って残ったとき、『あぁ、今生きているなぁ』って感じるんです。ツール・ド・草津で絶望した感覚とはまるで逆ですね(笑)」

30代からのロードレース挑戦、最高の舞台へ上り詰めて来たからこそ見出したスタンス。時にプロ選手以上のセンスを発揮しレースを戦う秋山悟郎の走りは見逃せない。

類まれなる順応力でプロのスピードに対応する秋山。彼の走りから学ぶ若手も多い

REPORTER

管洋介

海外レースで戦績を積み、現在はJエリートツアーチーム、アヴェントゥーラサイクリングを主宰する、プロライダー&フォトグラファー。本誌インプレライダーとしても活躍
AVENTURA Cycling

 

La PROTAGONISTAの記事はコチラから。

「La PROTAGONISTA」一覧

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load