BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

効率性とパワー伝達に優れた「Sワークス アーレス ロードシューズ」登場! 1%の速さが勝敗を分ける|SPECIALIZED

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」から、新製品が登場。スペシャライズド史上もっとも効率性とパワー伝達に優れたパフォーマンスシューズ「S-WORKS ARES ROAD SHOES(Sワークス アーレス ロードシューズ)」がラインナップに加わった。

中足部の固定を三方向に分割し、より広範囲に圧力を分散させる最新のクロージャ―システムや、より多くのパワーを引き出し、怪我のリスクを減らしつつ快適な履き心地を実現するBody Geometryデザインを採用。圧力マッピングの研究から接触面積が従来のクロージャーより20%多いことが立証されるなど、これまでに開発したどのシューズよりも1%速いシューズが誕生した。
ちなみにこの1%速さを300メートルのスプリントで表現すると、写真判定に持ち込まれる僅差とバイク1台分の差をつける程の違いになるという。

以下、プレスリリースより。

誰よりも速くゴールするために

ライバルとフィニッシュラインや街の境界線まで勝負をする時など、S-Works Ares(アーレス)シューズはスペシャライズド史上もっとも効率性とパワー伝達に優れたパフォーマンスシューズとして開発されました。数十年にもわたるBody Geometryの研究で得た成果を、世界最高のアスリートたちとのイノベーションと組み合わせ、これまでに開発したどのシューズよりも1%速いまったく新しいレースシューズを生みだしました。1%の速さ、フィニッシュラインではそれだけが重要なのです。

新機構のクロージャー

比類なきパワー伝達性能と一日じゅう続く快適さを究極のバランスで追及した結果、まったく新しいクロージャー(特許出願中)が誕生しました。S-Works Aresは中足部の固定を三方向に分割し、より広範囲に圧力を分散させることで、シューズ内で足がねじれることはありません。足をがっちりホールドしパワーがアップするので、より速く走れるようになるのです。

BODY GEOMETRY

Body Geometryデザインのシューズは、地球上のどのシューズよりもワールドツアーのレースで多くの勝利を挙げています。股関節、膝、足のアライメントを整えることで、より多くのパワーを引き出し、怪我のリスクを減らしつつ快適な履き心地を実現します。その結果、距離10km走行時にパワーが7ワット増加、時間にして14秒の短縮になります。わずか1秒で勝敗が分かれるスポーツでは、この差は莫大だと言えるでしょう。

その鍵を握る特徴の1つめは、内反ウェッジ。足をシューズ外側へ1.5mm傾かせて前足部を安定させ、足首、膝、股関節のアライメントを整えます。
2つめはアーチのつぶれを防ぐシステム。アウトソールに組み込まれた特許取得のアーチサポートに加え、個々のアーチの高さに合わせたインソールを3種類から選択し組み合わせます。さらなるパーソナライズをご要望の場合は、カスタムフットベッドがそれを実現します。
3つめは中足骨ボタン。前足部の骨を広げて足の敏感な神経や動脈を守り、熱感や痺れの発生を抑えます。これらすべての特徴が世界最速のシューズを誕生させてきましたが、開発チームはまだ改善できる部位があると信じていたため、そこで手を止めませんでした。
これほどまでの追求が、史上最速のBody Geometry シューズであるS-Works Aresの実現を可能にしたのです。

スペシャライズド史上もっとも快適な
高性能シューズに足を通そう

爆発的なスピードは、ライバルたちにとっては苦痛でしかないはず。新しいクロージャーにDyneema® で強化したタン無しのソックス構造を組み合わせ、腱にかかる圧迫を軽減。至高の快適さが得られるため、上りでアタックを仕掛け、長距離を独走し、あるいは全開でフィニッシュラインを目指してもがいているその瞬間も、あなたは1%のアドバンテージを足元に備えているのです。

「Aresに足を通すと、まるで暖炉の前でルームシューズを履いているかのように快適なんだ」

JULIAN ALAPHILIPPE,
DECEUNINCK – QUICK-STEP

科学が実証する1%の速さ

最大出力の研究からS-Works Aresがパワー伝達性能を向上させることが、そして圧力マッピングの研究から接触面積が従来のクロージャーより20%多いことが立証されました。これらが積み重なり、スペシャライズドがこれまでに開発したどのシューズよりも1%速いシューズが誕生。1%の速さを300メートルのスプリントで表現すると、写真判定に持ち込まれる僅差とバイク1台分の差をつける程の違いになります。

※上記の画像は、従来のデュアルクロージャーを搭載したシューズと特許出願中のクロージャーを搭載したS-Works Aresを履き、同一のライダーが同じパワーを出した際のもの。S-Works Aresは足との接触面積が20%広いことがわかります。

世界最速のアウトソール
より硬く、より軽く、がっちりホールド

S-Works Aresは、世界選手権で優勝した、剛性指数が15.0のFACT Powerline ™ カーボンアウトソールを採用します。世界最軽量で最高剛性のアウトソールをS-Works Aresの特許取得中のクロージャーと組み合わせることで、ペダルを踏み込んだ力がそのまま加速につながります。

サム・ベネットとスペシャライズド・チーム
速さについてのラブストーリー

約50年にわたり、スペシャライズドは世界最高のライダーたちが抱える問題を解決してきました。快適性を犠牲にせずに確かなホールド力を発揮させるための方法を紐解くべく、スペシャライズドのフットウェアチームはプロトンの中で最速の一人であり、ツール・ド・フランスでその証であるマイヨ・ヴェールジャージを獲得したサム・ベネットと緊密な協力関係を築いてきました。彼もまた、S-Works Aresの開発に貢献した一人です。

「多角的な質問からイノベーションは生まれる」

ROB COOK ,DESIGN DIRECTOR

「昨年のツール・ド・フランスでは、僕より先に他のスプリンターがS-Works Aresを履くのではないかと気を揉んでいた。開発に携わり、その差を知っていたからね」

SAM BENNETT , DECEUNINCK – QUICK-STEP

速さがウリのS-WORKS SHOES

「S-Works 7」、「S-Works Vent」、「S-Works EXOS」と同じく、「S-Works Ares」もBody Geometryデザインをベースに作られています。このシューズのパワーと快適さは、偶然に生まれたものではなく、科学的に実証されています。あなたもこの速さをぜひご体感ください。

S-WORKS ARES ROAD SHOES/Sワークス アーレス ロードシューズ

価格:46,000円(税抜)
カラー:ブラック、ホワイト、レッド、チームホワイト
サイズ:39~44
(40sizeから43sizeまでは0.5刻み。ブラックとホワイトのみ36、37、38、44.5、45sizeを展開)
※ホワイトとチームホワイトは今後の入荷となります。

ブラック

チームホワイト

特徴

・快適さをさらに高め、怪我のリスクを減らし、力をより効率的に発揮するための秘訣は、人間工学に基づきデザインされ、科学で実証したBody Geometryの特徴にあります。つまり、縦足弓のアーチサポート、内反ウェッジ、中足骨ボタン付きのパーソナライズされたインソールです。これら3つの特徴が調和して、股関節、足、膝のアライメントを整えると同時に 、膝のブレを抑え、つま先までの血流を妨げません。
• 特許出願中のクロージャーデザインは、最大パワーでダンシングしても足がズレず、横方向へのねじれを防ぎます。
• Dyneema® は合成繊維とTPUを重ねた素材で、伸縮性を持たない部位を作ることが可能。結果、究極の一体感と快適性を生み出します。
• スペシャライズドの中でもっとも高剛性で軽量のFACT Powerline™カーボンソールが、パワー伝達を最大限に高めます:剛性指数 15。
• 独立した2個のBOA® Li2フィットシステムで、すばやい微調整が可能。Boa®の製品寿命内保証付き。
• PadLock™ ヒールはかかとを包み込み、加速性能を高めることが実証済み。
• 内部にスクリューを組み込み、安全性を高めた、滑らない交換式ヒールラグ。
• Form Fitのラストはつま先に余裕を持たせ、究極の一体感と快適さを実現。
• チタン合金製クリートナットは、クリートを後方へ5mm動かすことができ、一般的な3穴のロードクリートに適合します。

自転車競技トラック日本代表 梶原悠未選手コメント

S-WORKS ARESを履いてみてまず初めに感じたのは、従来のシューズとは大きく違うシューズ履き口のソックス構造でした。メッシュ生地で通気性の良いタンは、足関節の可動域を妨げずに足の甲にフィットしてくれる感覚がありました。また、ダイアルを締めても、シューホールが自然と足の甲の高さや形に合わせて包み込むように締まるため、シューレスが足の甲にあたるような締め付け感がありませんでした。
スプリントのように強く踏み込むと、アウトソールが力をダイレクトにペダルに伝えてくれるような感覚があるのに加え、ヒール外側が硬く形作られつつも内側のクッションにより踵に優しくフィットし、引き足の際もズレやしなりを感じることなく、力強く引くことが可能になりました。
アウトソールのアーチサポートは土踏まず部分が硬く設計されており、ペダリングの外反を防いでくれるように感じました。

Aresの魅力がわかる動画もチェックしよう!

STORY PAGE : https://www.specialized.com/stories/sworksares
INNOVATION PAGE : https://www.specialized.com/aresinnovation

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load