BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ヒルクライムバイク!SPECIALIZEDエートス✖TREKエモンダ|高岡亮寛&筧五郎SPトーク・後編

市民レーサーのなかで、その名を知らない人はいない高岡亮寛さん(RX BIKE)と56さんこと筧五郎さん(56cycle)のスペシャルトークが実現。ヒルクライムをテーマに、ふたりの愛車やヒルクライムに求める性能について語る。高岡さんはスペシャライズドのエスワークス・エートス、56さんはトレックのエモンダSLR。ともに、今注目のヒルクライム向けの軽量モデルだ。前編に続き、後編では空力性能をテーマに、それぞれのバイクの特長を紐解いていく。

エモンダとエートス、それぞれの空力性能

56
新型エモンダは、カーボングレードに最新のOCLV800を採用しているけれど、けっしてガチガチに硬すぎることなく、昔のリムブレーキのモデルのときのフィーリングに近いバイクの扱いやすさがあって気に入っているよ。そして、ダウンチューブはじめ各チューブ形状をD型断面に変えることで整流効果を高めているよね。そして、旧型よりも平坦が確実に速くなっていることを実感できる。しかも、軽さをキープしながら空力性能を高めているので、ヒルクライムシーンでも速い。

新素材製法OCLV800を新たに採用し軽さと空力を追求

高岡
誰かが「エアロがすべて」と言っていたように、今のロードバイクにおいてエアロ性能はとても重要。最近のバイクは体感としても、数値としても空力性能の優劣があり、ロードレーサーの必須項目になってきている。

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load