BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オージーケーカブト・デイズ|チェック戦隊BCレンジャー

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集長のイワタが「オージーケーカブト・デイズ」をテスト!

アウトドアテイストのおしゃれヘルメット

オージーケーカブト
デイズ

サイズ:54 ~ 57cm未満
重量:325g(参考)
素材:本体/ナイロン100%、裏地/ポリエステル80%綿20%
仕様:自転車用・SG基準認証、リフレクター付き
本体カラー:ブラック、カーキ(写真)

サイドを上げた状態だが、もちろん下ろすこともできる。アゴひもがなければヘルメットとは思えないルックス

ロードバイクには似合わないけど、流行りのeMTBとかはアリかも

こういう、シティサイクル向けの帽子タイプヘルメットってのは、ほかのメーカーからも出ている。まあハッキリ言ってスポーツバイクには関係ないね、と思って触れずにいた。帽子タイプといってもやはり帽子より大きく、頭でっかちなバランスがなんとも……だったからだ。だがこのデイズをカタログで見て、これは流行りのeMTBでゆるくツーリングするときなどに、いいかもねと思った。実物を被ってみると、頭でっかちな感じがほとんどない(でしょ?)。フツーにカウボーイハットを被っている感じ。これはいいかも。でも走ると大きめのツバの部分が下側に折れて視界をさえぎってしまうのでは?と思う。だが後部についているヒモを引っ張ると、前と左右のツバが跳ね上げられ、バタつかない仕組み。さすがオージーケーカブトだ。

頭に当たる部分にはパッド付き。

カバーは3000円(税抜)で別売もあり、交換できる。ツバの周囲にはワイヤーが仕込まれていて、好みに応じて自由に形を作れる。

イワタレッドのコメント

自転車以外の活用範囲も広いのではないだろうか。アウトドアシーンはもちろんだが、歩行時に転びがちな高齢者にも、こういうのを薦めたい。

 

問:オージーケーカブト
www.ogkkabuto.co.jp

出典

SHARE

PROFILE

岩田

BiCYCLE CLUB / 編集長

岩田

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

No more pages to load