BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

エキーポ・ケルン・ファルマが陽性で棄権、ケナムが独走|ボルタ・ア・カタルーニャ5st

100回目の大会となった今年のボルタ・ア・カタルーニャ、その第5ステージが3月26日現地、ラ・ポブラ・デ・セグールからマンレサの201kmで開催され、2日間連続で逃げたレナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグロエ)が優勝した。この日のステージの様子をスペイン在住の對馬由佳理がお送りする。

エキーポ・ケルン・ファルマがレースを棄権

第5ステージのレースを棄権したエキーポ・ケルンファルマ。写真は第3ステージのもの。 撮影:對馬由佳理

今年からプロツアー・チームとなったスペインのエキーポ・ケルン・ファルマ。このボルタ・ア・カタルーニャでも積極的に逃げ集団に選手を送るなど、積極的な走りが目立つチームでしたが、チーム内で新型コロナウイルス検査の陽性反応があったため、この日のステージをチームごと棄権することになりました。

このチームの判断について、ホアンホ・オロス監督は「率直に言って、非常に難しい判断だったけど、レースを棄権する決断をしました。健康は何よりそしていつでも最大限の優先事項ですから」とコメントしました。

幸いチーム内に重症者はいないとのことで、早いレース復帰が待たれます。

40人以上の選手が逃げ集団を形成

この日のスタートではレース中盤で40人の逃げ集団が形成されました。その中に連日の大逃げを見せるレナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグロエ)やカルロス・ベローナ(モービースター)、リゴベルト・ウラン(EF NIPPO)やミケル・ビズカラ(エウスカルテル・エウスカディ)、フェルナンド・バルセロ(コフィディス)、ダニ―・マルティン(イスラエル・スタートアップネイションズ)という実力派メンバーが揃ったため、大人数でも意思統一の取れた逃げ集団が、メイン集団とのタイム差を順調に広げます。

この日のレースの最終局面で逃げ集団の先頭に立ったカルロス・ベローナには、悔しいステージとなった。 撮影: 對馬由佳理

ゴールまで40kmの地点でレミー・カバーニャが逃げ集団から抜け出した時には、先頭集団とメイン集団のタイム差は約4分30秒。先頭集団の逃げ切りの可能性が高くなってきます。

最後の峠のカン・マサナを登り終わると、ゴールまでの約20kmはひたすら下りが続きます。その下りでカルロス・ベローナ(モービースター)が飛び出すも、5人ほどに絞られた第一集団に捕まります。

そして、この5人の第一集団から飛び出したレナード・ケムナがこの日のステージを優勝しました。

この日スタートしたのは146選手。そのうち26人がステージ優勝したレナード・ケムナから20分近く遅れるという、ハードなステージとなりました。

レナード・ケムナのレース後コメント

「今日も逃げることができたけど、どこで最後にアタックするかなんて、レース前は全然考えていなかったんだ。最後の上りでチームが無線で『メイン集団が今日は逃げを捕まえるために動いていない』と聞いたとき、少し元気が出た。でも、足の調子がいいわけじゃなかったから少し心配だった。最後にアタックをして独走体制になった瞬間に「今日は勝てるかも」って初めて思えたよ。」

アダム・イエーツのレース後コメント

「今日は、チームがすごく働いてくれた。まだ難しいステージが続くし、明日のステージもハードなので、総合優勝できるという確信はまだないね。一日一日確実にレースをしていくよ。」

ヴォルタ・ア・カタルーニャ 第5ステージ(166.5km)リザルト

1  レナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグロエ、ドイツ)      4: 29′ 13”
2  ルーベン・ゲレイロ(EFエデュケーション・NIPPO、ポルトガル)    +39”
3  ミケル・ビスカラ(エウスカルテル・エウスカディ、スペイン)           +42”

総合順位

1 アダム・イェーツ(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)14:14’15”
2 リッチー・ポート(イネオス・グレナディアーズ、ニュージーランド) +45”
3 ゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアーズ、イギリス) +49”

各賞ライダー

個人総合時間賞

アダム・イェーツ(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)

ポイント賞

エスデバン・チャベス(チーム バイクエクスチェンジ、コロンビア)

山岳賞

エスデバン・チャベス(チーム バイクエクスチェンジ、コロンビア)

ヤング賞

ジョアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ、ポルトガル)

 

レースの公式サイト
https://www.voltacatalunya.cat/

 

著者紹介
對馬由佳理
スペイン在住。当地で10年以上ファンとして自転車レースを追いかけた後、ジャーナリストへ転向。スペインで開催される男子のレースはもちろん、女子のレースやパラサイクリングも取材経験あり。
Twitter: @TsushimaYukari
Instagram:yukaritsushima1

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load