BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BIANCHI・SPECIALISSIMA DISC【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

走れるスポーツバイクジャーナリスト・ハシケンによる100kmインプレッション連載。
気になる最新のトップモデル1台を徹底的に掘り下げて紹介。
今月は、ビアンキのフラッグシップレーサーとして君臨する新型スペシャリッシマの全貌を明らかにする。

”もうひとつの旗艦モデル”の時代が幕を開ける

1885年、エドアルド・ビアンキが北イタリアのミラノに創業した古参メーカーは、その時代を象徴するトップレーサーたちとともに数々の栄冠をつかんできた。ファウスト・コッピ、フェリーチェ・ジモンディ、マルコ・パンターニらその顔ぶれは、まさに自転車レース界の歴史そのもの。

そのイタリアンブランドを象徴する青空を意味するチェレステのブランドカラーは、ビアンキを崇高な存在へと押し上げてきた。

今から6年前、ビアンキ創業130周年の節目の年に誕生したニューモデル。それが、特別中の特別を意味するスペシャリッシマ。リムブレーキ仕様でフレーム重量780gの軽量バイクとしてビアンキの看板を背負ってきた。

そのスペシャリッシマと双璧をなす存在であるエアロロードのオルトレ。こちらは2014年からスポンサードを開始したチーム・ロット・NLユンボ、そして現在のユンボ・ヴィズマのメインバイクとして、2020シーズンまで7年間にわたってワールドツアーで数々の勝利をあげてきた。2 020年のブエルタ・ア・エスパーニャではプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)が連覇を達成したことは記憶に新しい。

この間、アップデートが行われていなかったスペシャリッシマだったが、ついに待望のフルモデルチェンジ。フレーム重量750gの軽量モデルを徹底インプレッションする。

 

TECHNOLOGY

フレーム重量750gの軽さを実現した新型スペシャリッシマ。
ディスクブレーキ化に伴い、エアロダイナミクス性能も向上。
磨きをかけてきたオールラウンドレーサーを作り出す最新テクノロジーに迫る。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load