BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロードバイクにピッタリ!コンパクトなライト「BBボロ・ヘッドライトDF-1.0W」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、デイライトとしての使用もおすすめの超軽量フロントライト「BBボロ・ヘッドライトDF-1.0W」を編集長・岩田がテスト!

超軽量&コンパクトなフロントライト

BBボロ
ヘッドライトDF-1.0W

価格:2145円
本体サイズ:全長52mm、全幅21mm、全高21mm(編集部実測)
照射時間:2時間(ハイビーム)、8時間(ロービーム)、16時間(フラッシング)
重量(本体):14.5g
カラー:ブラック、ホワイト
付属品:ブラケット、ゴムバンドなど

ハンドルともっと一体化できないもんか

こう見えてデイライト推進派だ。プライベートでも仕事でも、走るときには前後ライトを必ず装備・点灯する。とくにリアライトは後方からのクルマにアピールするため、かなりまぶしいヤツを使っている。死にたくないからだ。でもフロントは、都市部で左車線を走っている限り、日中はそんなに明るいものは必要ない気がする。十分な明るさがあるなら、コンパクトで軽いのがいい。で、コイツを発見。なんと重量14.5g。しかも親指サイズで目立たない。ちょっと尾根幹に走りに行くときなんかは、こういうのがいい。もちろん日が暮れるのが確実なときなんかは、もっと明るくて電池の持ちがいいやつを使う。あくまでデイライト用で軽いのがいい人は、こんな選択肢もあり、ということだ。

ジョイントはオリジナル。ひねるだけで外せる。本体がすごく軽いのでガムテでヘルメットに付ければマップライトとしても使えそう
充電はUSBダイレクト。約2~3時間の充電で、フラッシング16時間、パルスで10時間。十分でしょ!

イワタのひと言

ベルはノグ・Oiみたいにスタイリッシュなものが出てきたのに、ライトはまだ「とってつけた」装着姿のものだけ。革命的なライト、早く出てこい。

岩田のその他の記事は
こちらから

問:グローブライド
www.boro-cycle.jp

出典

SHARE

PROFILE

岩田

BiCYCLE CLUB / 編集長

岩田

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

No more pages to load