BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

東京五輪自転車ロードレース女子選手リスト|TOKYO2020 Olympic road race women’s

7月25日に開催されるオリンピック女子ロードレースは距離147km(パレードを除くと137km)、獲得標高2692mのコースで行われる。ルートは男子ほど厳しくないため、クライマーよりは1DAYレースに強い選手向きだ。

オリンピックの自転車競技の場合、国際自転車連合(UCI)のポイント獲得順に各国に出場枠が割り当てられており、女子ロードレースの場合、最大4人となっている。チームスポーツとして各チームが均等な人数で競う通常のUCIレースとは異なり、国によっては強い選手が1人だけで出場するなど、数的に不利な出場国もある。今回4枠が与えられるのはアメリカ、イタリア、オーストラリア、オランダ、ドイツの5カ国。このうちロンドン、リオと2大会連続金メダルを獲得しているオランダ勢は優勝候補が4人揃っており、今大会も圧倒的に優位だ。

ちなみに日本は出場2枠で、ワールドツアーレースをチーム ティブコ・シリコンバレーバンクで走る輿那嶺恵理(オアンダ・ジャパン)、ベテランの金子広美(イナーメ信濃山形)が出場する。

(左)金子広美、(右)與那嶺恵理
ロード日本代表選手の詳細はこちら↓
東京五輪ロードレース日本代表候補選手が決定!男子は新城と増田、女子は與那嶺、金子が選出

東京五輪ロードレース日本代表候補選手が決定!男子は新城と増田、女子は與那嶺、金子が選出

2020年11月04日

優勝候補オランダに対し、ほかの国がどう対抗するかが注目

ジロ・ドンネで優勝したアンナ・ファンデルブレッヘン(手前)、その奥には イタリアチャンピオンジャージのエリーザ・ロンゴボルギーニ、 PMG Sport/Tommaso Pelagalli/BettiniPhoto©2021

女子ロードレースの有力選手たちが出場した、直前のレース女子版ジロ・デ・イタリア(7月2日~12日開催、昨年まではジロ・ローザ、今年からジロ・ドンネと呼ばれる)の成績も参考になる。

オランダ勢を見ていくとリオ五輪覇者、そして世界チャンピオンのアンナ・ファンデルブレッヘン(チームSDワークス)は今回のジロでも総合優勝している。さらにロンドン五輪覇者のマリアンヌ・フォス(ユンボ・ヴィズマ)はジロのステージ通算30勝目を挙げているほか、若手のデミ・フォレリング(チームSDワークス)は総合3位となっている。この3人に対してベテランのアネミエク・ファンフルーテン(モビスターチーム)はトップ選手のなかで唯一ジロに出場していないが、この春にはロンド・ファン・フラーンデレンで優勝しており、あえて五輪に向けて調整してきたといえる。こうした好調なオランダに対して、他国選手たちがその牙城を崩せるかどうかに注目が集まる。

オランダの次に選手層が厚いのはイタリアで、エースはイタリアチャンピオンでリエージュ、フレーシュ・ワロンヌでも表彰台のエリーザ・ロンゴボルギーニ(トレック・セガフレード)。ソラヤ・パラディン(リブ・レーシング)も安定して上位に食い込んでおり、スプリントへ持ち込めばマルタ・バスティアネッリ(アレBTCリュブリャナ)で勝負ができる。

オリンピックイヤーに照準を合わせてくるアメリカは、クロエ・ダイガード(キャニオン・スラム・レーシング)が個の力では突出しており、オランダの牙城を崩せる力を持っているが、昨年の世界選手権で負傷しており、どこまで復調しているかがカギ。展開によっては今月ジロでステージ優勝した、上れるスプリンターのコリン・リベラ(チームDSM)にもチャンスがある。

スプリンターやタイムトライアルに強い選手が揃うドイツは、ドイツチャンピオンのリサ・ブレナウアー(セラティジットWNTプロサイクリング)がエース。フランドルでファンフルーテンに次ぐ2位の実力を発揮すれば表彰台も狙える。

オーストラリアは、上りで勝負ができるアマンダ・スプラット(チーム・バイクエクスチェンジ)が今月ジロでの落車の影響で厳しいため、今回の女子オリンピックコースのようなアップダウンのある1DAY レースに強く、今季UCIワールドツアー1勝、ほかにも1桁のリザルトが目立つグレース・ブラウン(チーム・バイクエクスチェンジ)がエースとして上位を狙うだろう。

全67選手ゼッケンナンバー付き出走リスト

※あくまでも大会発表の暫定リストです。順次更新予定ですが最終リストは大会公式発表を確認ください。

チーム ゼッケン 名前(日本語) 名前(アルファベット)
オランダ 1 アンナ・ファンデルブレッヘン van der BREGGEN Anna
オランダ 2 アネミエク・ファンフルーテン van VLEUTEN Annemiek
オランダ 3 デミ・フォレリング VOLLERING Demi
オランダ 4 マリアンヌ・フォス VOS Marianne
イタリア 5 マルタ・バスティアネッリ BASTIANELLI Marta
イタリア 6 マルタ・カヴァッリ CAVALLI Marta
イタリア 7 エリーザ・ロンゴボルギーニ LONGO BORGHINI Elisa
イタリア 8 ソラヤ・パラディン PALADIN Soraya
デンマーク 9 エマセシル・ノースガード JOERGENSEN Emma Cecilie
デンマーク 10 セシリーウトラップ・ルドヴィグ LUDWIG Cecilie Uttrup
ドイツ 11 リサ・ブレナウアー BRENNAUER Lisa
ドイツ 12 リアヌ・リッパート LIPPERT Liane
ドイツ 13 ハンナ・ルドウィグ LUDWIG Hannah
ドイツ 14 トリクシ・ヴォラック WORRACK Trixi
オーストラリア 15 グレース・ブラウン BROWN Grace
オーストラリア 16 ティファニー・クロムウェル CROMWELL Tiffany
オーストラリア 17 サラ・ジガンテ GIGANTE Sarah
オーストラリア 18 アマンダ・スプラット SPRATT Amanda
ベルギー 19 ヴァレリー・デメイ DEMEY Valerie
ベルギー 20 ロッタ・コペッキー KOPECKY Lotte
ベルギー 21 ジュリー・ファンデヴェルデ van de VELDE Julie
イギリス 22 エリザベス・ダイグナン DEIGNAN Elizabeth
イギリス 23 アンナ・シャクリー SHACKLEY Anna
ポーランド 24 マルタ・ラック LACH Marta
ポーランド 25 カタジナ・ニエウィアドマ NIEWIADOMA Katarzyna
ポーランド 26 アンナ・プリフタ PLICHTA Anna
アメリカ 27 クロエ・ダイガート DYGERT Chloe
アメリカ 28 コリン・リベラ RIVERA Coryn
アメリカ 29 リア・トーマス THOMAS Leah
アメリカ 30 ルス・ウィンダー WINDER Ruth
南アフリカ 31 アシュリー・モールマン MOOLMAN-PASIO Ashleigh
南アフリカ 32 カーラ・オバーホルツァー OBERHOLZER Carla
スペイン 33 マビ・ガルシア GARCIA CANELLAS Margarita Victo
スペイン 34 アネ・サンテステバン SANTESTEBAN GONZALEZ Ane
スイス 35 マーレン・ローセル REUSSER Marlen
フランス 36 ジュリエット・ラボー LABOUS Juliette
ノルウェー 37 カトリーヌ・アーレルッド AALERUD Katrine
ノルウェー 38 スティーヌ・ボーグリ BORGLI Stine
ロシア 39 タマラ・ドロノヴァ DRONOVA Tamara
スロベニア 40 エウジェニア・ブヤーク BUJAK Eugenia
ルクセンブルク 41 クリスティーヌ・マジュラス MAJERUS Christine
ウクライナ 42 ワレリヤ・コノネンコ KONONENKO Valeriya
カナダ 43 キャロルアン・カヌエル CANUEL Karol-Ann
カナダ 44 アリソン・ジャクソン JACKSON Alison
カナダ 45 リア・キルシュマン KIRCHMANN Leah
タイ 46 ジュタティップ・マニーパン MANEEPHAN Jutatip
リトアニア 47 ラサ・レレイヴィテ LELEIVYTE Rasa
オーストリア 48 アンナ・キーセンフォーファー KIESENHOFER Anna
コロンビア 49 パウラ・パティーニョ PATINO BEDOYA Paula Andrea
ベラルーシ 50 アレーナ・アミアリウシク AMIALIUSIK Alena
ナミビア 51 ヴェラ・ルーサー LOOSER Vera
チェコ 52 テレザ・ノイマノワ NEUMANOVA Tereza
パラグアイ 53 アグアマリナ・エスピノラ ESPINOLA SALINAS Agua Marina
イスラエル 54 オメール・シャピラ SHAPIRA Omer
メキシコ 55 リズベス・サラザール SALAZAR VAZQUEZ Lizbeth Yareli
キューバ 56 アレニス・シエラ SIERRA CANADILLA Arlenis
ウズベキスタン 57 オルガ・ザベリンスカヤ ZABELINSKAYA Olga
エチオピア 58 セラム・アムハ AMHA Selam
エリトリア 59 モサナ・デベサイ DEBESAY Mosana
コスタリカ 60 マリア・ホセ・バルガス VARGAS BARRIENTOS Maria Jose
中国 61 スン・ジャジュン SUN Jiajun
キプロス 62 アントリ・クリストフォロウ CHRISTOFOROU Antri
日本 63 金子広美 KANEKO Hiromi
日本 64 與那嶺恵理 YONAMINE Eri
チリ 65 カタリナ・ソト SOTO CAMPOS Catalina Anais
トリニダード・トバゴ 66 テニエル・キャンベル CAMPBELL Teniel
韓国 67 ナ・アルム NA Ahreum

 

 

TOKYO2020の詳細はこちらへ↓
TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

2020年07月18日

大会公式サイト
https://tokyo2020.org/ja/

 

バイシクルクラブ9月号
「男子ロードレース主要選手名鑑」

バイシクルクラブ9月号では4人の有識者飯島誠さん、栗村修さん、宮澤崇史さん、福光俊介さんの4人が勝者を大予想します。レース前に注目選手をしっかりチェックしてレースを楽しんでください。

 

バイシクルクラブ9月号
Amazonで購入

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load