BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

弓削島大満喫ライド! ゆめしま海道でとっておきの島あそび体験を

愛媛県上島町は瀬戸内海に浮かぶ25の島が集まってできた町。サイクリストの聖地「しまなみ海道」のすぐ隣に位置し、その中の3つの島を2つの橋で結ぶ「ゆめしま海道」は、信号ゼロ、トンネルゼロのストレスフリーなサイクリングを楽しめる穴場スポットです。

今回、上島町在住の女子二人が紹介するのは、以前ご紹介した弓削島をさらに満喫できる、とっておきの島あそび体験です。自転車で走り抜けるだけでは体感できない、島の良さをより深く感じていただけるメニューが盛りだくさん!

※新型コロナウィルス感染拡大防止中は感染対策をしてマナーを守って行動しよう

島の自然を感じるアクティビティ巡り

まずは、せとうち交流館でeバイクをレンタル。そのまま北へ向かい、小さな鳥居がかわいらしい久司浦地区の大森神社へ。

防波堤アート「天(そら)の花」でひと休み。2020年にアーティストにより再塗装され、色鮮やかによみがえっています!

瀬戸内近海で獲れた新鮮な魚とご対面

久司浦漁港で漁から帰ってきた漁船を発見。漁師さんにお話を伺ってみると、弓削島の漁協へ水揚げし、ご家庭で消費する分だけ持って帰ってきたとのことです。

こんな大きな鯛をいつも食べられるなんて!

島在住の私たちでも、こんな活きのいい大きな鯛を間近で見ることはあまりありません。おっかなびっくりしながら、触らせてもらいました(笑)。

朝日で目覚めるキャンプサイト、エコフィールド松原

次は島の南側へ。弓削大橋に向かう坂道を上らずに、東に進んでいくと目の前に開けたビーチが見えてきます。

ビーチの目の前の松林には、2020年7月にオープンした「エコフィールド松原ファミリーキャンプサイト」が。1区画が大きく、ファミリーでもゆったり自然を満喫できるのが特徴で、ハイシーズンは予約でいっぱいになる人気のキャンプサイトです。

お友だちがキャンプをしていたので、テントへおじゃましました!

テントの中で作っていたのはなんとパエリア!アウトドアご飯、おいしそう!

料理中の彼女としばらく女子トークを楽しみました。

目の前に広がる海を見ながら、潮風を感じて食べる食事と珈琲は格別です!

ちなみに、このキャンプサイトの魅力はなんといっても朝。東側に面した目の前の海から太陽が昇り、ぼんやりと空が淡く色づく様子がとってもきれいなんです。

昇る朝日を待ちながら飲む珈琲は至福の一杯ですね。

  • 離島エコツーリズム・エコフィールド松原ファミリーキャンプサイト
    【シーズン】4月から10月まで
    【チェックイン】13:00 【チェックアウト】11:00
    【料金】1区画 5,000円/泊 最長5泊6日
    【予約方法】2日前の17時までにWEBサイトから仮予約をしてください。
    ※2~7名のファミリー限定のキャンプサイト。
    https://kamijima.info/ecotour/family-camp/

大自然の中でSUP体験!

エコフィールド松原ファミリーキャンプサイトの前に広がるビーチは、2021年7月からSUPでも遊べます! この日は天気もよかったので、お友だちと一緒に体験することに!

ガイド付き体験なので、初心者でも大丈夫。

ボードに慣れるまで、しっかりレクチャーしてくれ、安定して立てるようになったら海上ツアーがスタート!

青い空、広い海、島々が織りなすグラデーション。そして行き交う大きな船。瀬戸内らしい景色が広がる中、風と波を感じながら進みます。

ゆめしま海道さいこー!

  • 離島エコツーリズム・SUP体験
    【シーズン】7月から10月までの土・日・祝のみ
    【コース】午前9:00~11:30、午後13:00~15:30、サンセット16:00前後~日没
    【料金】大人(中学生以上)6,000円、小学生3,000円
    【予約方法】3日前までにWEBサイトから仮予約をしてください。
    https://kamijima.info/ecotour/sup/

料理が自慢の古民家宿で1日の疲れを癒す

キャンプサイトのシャワーで塩を流したら、西日がきらきらと反射する海を横目に弓削島の西側へ。最後に向かうのは、築約100年の古民家をリノベーションし、2019年10月にオープンした「古民家 弓削の宿」です。

オーナーご夫婦が自らリノベーションした古民家宿は、細かいところまで気が行き届いています。訪れた人に安らいでほしいというご夫婦の気持ちが伝わってきます。

こちらは二階のお部屋。年季を感じる畳や窓の木製桟、調度品に風情があります。

サイクリストも大歓迎!

自慢はなんといっても料理

夕食には島の漁師さんから仕入れた魚をふんだんに使った自慢の料理が、食べきれないほど並びます。季節によって変わりますが、この日は鯛とタコの刺身、鯛の塩焼き、鯛のアラ煮、鯛フライ、鯛めし、鯛のお吸い物 ……と鯛づくし!

どれもおいしそう! 何から食べようか迷っちゃうなぁ。

仕入れ先の漁師さんは、さっき久司浦漁港でお会いした漁船の船長さんだということが判明!
日中にその漁師さんと会ったことをオーナーさんと話しながら新鮮な魚を堪能しました。

1日1組限定の露天風呂

こちらの弓削の宿では、2021年7月から1日1組限定で露天風呂が利用可能。この露天風呂もオーナーご夫婦が一から作り上げたもので、木々のさざめきや鳥のさえずりに耳を傾けながら、露天風呂で癒されます。

瀬戸内かみじまトリップではオーナーご夫婦が島へ移住してから「古民家 弓削の宿」が誕生するまでのストーリーを詳しく紹介しています。ぜひご覧ください!

  • 古民家 弓削の宿
    愛媛県越智郡上島町弓削下弓削384-1
    【チェックイン】15:00 【チェックアウト】10:00
    【休日】不定休
    【予約方法】TEL.080-6442-3298 又は WEBサイトお問合せフォーム へ
    https://yugenoyado.com

 

eバイクを使ったサイクリングだけじゃなく、ゆったり自然を満喫できるキャンプサイトや、瀬戸内らしい景色を海の上から満喫できるSUP体験など、弓削島ではさまざまなアクティビティが楽しめます。古民家 弓削の宿を拠点に、数日かけて島を探索してみるのも楽しいですよ!

散策には便利なレンタサイクルがおすすめ!

自転車で巡るのにちょうどよい上島町。クロスバイクをはじめ電動アシスト自転車やeバイクなどの各サイズをご用意。キッズクロスや電動アシスト自転車用チャイルドシートもあるので、ファミリーサイクリングもおすすめです! 瀬戸内の景色を眺めながら、移動時間も楽しみましょう!

 

▼愛媛県上島町のその他の記事はこちら

信号ゼロの愛媛県上島町でストレスフリーなサイクリング

信号ゼロの愛媛県上島町でストレスフリーなサイクリング

SPONSORED


離島で気ままに女子旅!ゆめしま海道サイクリング

離島で気ままに女子旅!ゆめしま海道サイクリング

SPONSORED


ゆめしま海道でクルージングライド! eバイクをヨットに載せ、島から島へ

ゆめしま海道でクルージングライド! eバイクをヨットに載せ、島から島へ

SPONSORED


弓削島大満喫ライド! ゆめしま海道でとっておきの島あそび体験を

弓削島大満喫ライド! ゆめしま海道でとっておきの島あそび体験を

SPONSORED

 

愛媛県上島町観光ウェブサイト「瀬戸内かみじまトリップ」
https://www.kamijima.info/

瀬戸内かみじまトリップTwitter
https://twitter.com/kamijima_ehime

瀬戸内かみじまトリップInstagram
https://www.instagram.com/setouchi_kamijima/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load