BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

東京五輪自転車競技日本人女子初のメダル! オムニアム梶原悠未が落車を乗り越えて銀

東京五輪・自転車競技トラック種目は伊豆ベロドロームを会場に行われている。8月8日に開催された女子オムニアムでは世界チャンピオンの梶原悠未(筑波大学大学院)が日本人女子自転車選手として初のメダルとなる銀メダルを獲得した。

4つのレースで争うオムニアム、最終レースで落車し、惜しくも逆転ならず

オムニアムはトラックレースの複合種目で、1日に4つのレースを走る。梶原悠未は第1レースとなるスクラッチで2位、続くテンポレースで5位、そして、第3レースのエリ三ネーション2位と順調にポイントを獲得し順位を上げていく。最終レースとなるポイントレースのスタート前に総合ポイント1位のジェニファー・バレンテ(アメリカ、110ポイント)に対して梶原は108ポイントで2ポイント差の2位でスタートした。

オムニアムでは最終レースまでの累積ポイントに、ポイントレースで得点したポイントを合算して最終順位を決まる。バレンテはポイントレースでも順調にポイントを重ねていった、いっぽう梶原はレース後半にほかの選手と接触により落車、しかしそのままレースに復帰し、走り切った。そして総合2位を維持して銀メダルを獲得した。なお。金メダルはバレンテが獲得している。

リザルト

1 ジェニファー・バレンテ アメリカ 124P
2 梶原悠未 日本 110P
3 クリステン・ウィルド オランダ 108P

梶原悠未(かじわらゆうみ)

生年月日: 1997 年 4 月 10 日
身 長: 155cm
出 身 地: 埼玉県
競技・種目 自転車競技・トラック

2019‐20 シーズンのトラックの世界シリーズ戦では第 3 戦の香港大会と第 4 戦のニュージーランド大会で優勝、そして 2020 年には、世界最高峰となるトラックの世界大会において女子オムニアム種目では日本史上初となる金メダルを獲得、2021年には香港で開催されたネイションズカップで優勝する。

 

東京五輪の詳細はこちらから↓

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

2020年07月18日

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load