BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタを突如棄権し、謝罪騒動を起こしたロペスがアスタナ・プレミアテックへ出戻り

今年のブエルタ・ア・エスパーニャを第20ステージで棄権したミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)がモビスターチームからアスタナ・プレミアテックへの移籍、2年契約することが、同チームから10月15日に発表された。これにより、2022年シーズン、ロペスはアスタナ・プレミアテックのメンバーとしてレースを走ることが決定した。移籍の噂は流れていたが、ここ半月ほど正式発表はなく、ようやく決着がついた形だ。

ロペスといえば、ブエルタ・ア・エスパーニャで第20ステージで、総合3位という好位置につけながら突如リタイヤし、ひと騒動起こしたことで一躍時の人になった。ここでは現地スペインから對馬由佳理さんがお届けする。

ブエルタ・ア・エスパーニャでの棄権とモビスターとの摩擦

事件の2日前、第18ステージで優勝したロペス Luis Angel Gomez / Photo Gomez Sport

今年のブエルタ・エスパーニャ第20ステージで、ゴール前20kmでレースを突然棄権したロペス。そのきっかけは、このステージの140km地点で、メイン集団からアダム・イエーツ(イネオス・グレナディアーズ、当時総合6位)が飛び出した瞬間から始まった。この動きにリーダージャージを着ていたプリモッシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)やエンリク・マス(モビスターチーム、当時総合2位)、ジャック・ヘイグ(バーレン・ヴィクトリアス、当時総合4位)などが反応して、第3集団を形成したのである。

一方、このイエーツの動きに反応できなかったのがロペス(当時総合3位)とエガン・ベルナル(当時総合5位)の2人であった。

ロペスはチームメイトのホセ・ホアキン・ロハスのアシストを受けながら、ログリッジの集団とのタイム差を止めようとするが、ゴールまで30kmの時点でマイヨ・ロホ集団とロペスの集団とのタイム差は4分にまで拡大していた。

この時、先行していたマスの表彰台を確実なものにしたいモビスターが、ロペスにペースを落として追走をやめるよう支持するが、ブエルタの表彰台を目標としていたロペスはこの指示に憤慨しレースをストップ。そして監督やチームメイトの説得にも関わらず、最終的にレースを棄権したとされている。

ロペスは自身のこの行為に関して、同日夜にもビスタのSNSアカウントを通して、3週間彼を支えたスタッフやチームメイト、スポンサーやファンに対して謝罪の意思をあらわした。しかし、その後、今年のブエルタで総合2位となったマスを祝うチームの夕食の席にも姿を見せなかったというロペスに対し、モビスターはブエルタ終了直後から「(ロペスが)このチームを離れることも彼の持っている選択肢の一つ」と表明する

一方のロペスも自分の家族のアドバイスもあり、モビスターを離れ、2015年から2020年まで契約していたアスタナ・プレミアテックへの移籍を決めたとされる。

2019年のブエルタ・エスパーニャ第19ステージでは、モビスターのレース展開を強く批判したこともあったロペス。それだけに今季の彼のモビスターへの加入は大きな驚きを持って多くの人に受け止められた。しかし、今回の出来事で、再度ロペスとモビスターの関係は悪化したものと思われ、結果的にアスタナ・プレミアテックへ出戻ることになった。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load