BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

レーシング種目U23で丹野夏波が日本人女子初優勝!|BMXスーパークロスワールドカップ

10月23日、24日から2日間トルコ・サカリアでBMXレーシング種目ワールドカップシリーズ第5戦、第6戦が行われた。第6戦のUnder23カテゴリーでは、丹野夏波が日本人初優勝。中井飛馬は前日に続き2位、表彰台を獲得した。以下、プレスリリースより。

第6戦は雨のレースに。滑りやすい路面状況下でクラッシュが相次ぐ

晴天のベストコースコンディションで開催された前日の第5戦から大きく変わり、終日雨天のなか第6戦が開催された。滑りやすい路面状況下でクラッシュが相次いだが、日本チームは計4名が決勝へ進出。U23カテゴリーでは、第3−4戦の中井飛馬(日本体育大学)に続き、女子でも丹野夏波(早稲田大学)が優勝を飾った。

Under23男子

第5戦で2位に入っている中井飛馬は、準決勝を全体の3位で通過し決勝へ進出。前日同様に決勝ではスタートから先頭争いを繰り広げ、2番手からトップに立つチャンスを狙うも、先頭を行くスイスのエーバハードもミスのない走りで逃げ切り優勝。中井は惜しくも2日連続の2位となった。
同クラスの増田優一(大阪体育大学)は準決勝まで勝ち進むも、あと1人およばず全体の10位で第6戦を終えた。ワールドカップシリーズ6大会を終えて、現在中井はシリーズランキング1位をキープしている。

中井飛馬コメント

決勝では前日同様の展開となり、抜かすタイミングを見ていましたが、堅いブロックに対応できず悔しいレースとなりました。しかし、悪天候のなかでも勝ち進むプロセスを得られことは、今回U23クラスに参加する目的の一番の要素だったので、前日も含めてポジティブにとらえています。次週の第7−8戦では、現在リードしているシリーズタイトルを勝ち取るプレッシャーのなかでもしっかりまとめられることを目標に挑みたいと思っています。

Under23男子リザルト

優勝:AeberhardLoris(スイス)
2位:中井飛馬(日本体育大学)
3位:ColsenetMateo(フランス)
9位:増田優一(大阪体育大学)

Under23女子

日本から参戦している全5名が準決勝まで勝ち進み、前日決勝へ進出した丹野夏波(早稲田大学)と籔田寿衣(大阪体育大学)に続いて、ジュニア日本チャンピオンの西村寧々花(GanTrigger)が勝ち上がり、計3名が決勝へ進出した。決勝は丹野と籔田が好スタートを決め、先頭争いで第1コーナーに進入。丹野は外側から抜け出し先頭で第1コーナーを立ち上がった。籔田は他の選手と接触し転倒、そこへ西村を含む3名がからむ形となった。レースは丹野の独走状態となり、日本人女子初となる優勝を獲得した。クラッシュから復帰した籔田と西村は、それぞれ4位と5位となった。

籔田寿衣
丹野夏波

丹野夏波コメント

前日の決勝ではラインミスもあり勝ちきれなかったので、今日の決勝では攻める気持ちでトップを狙っていきました。後続の転倒にも助けられましたが、ジュニア以降国際大会では初の優勝となりうれしいです。昨年の東京オリンピック選考終了後から、気持ちの切り替えに苦戦しBMXに打ち込めない日々が続いていましたが、今大会を目標に再挑戦して結果を出せたので、次週の第7−8戦も含めて自信をもって次に進みたいと思います。サポート頂いた皆さんに感謝しています。応援ありがとうございました。

Under23女子リザルト

優勝:丹野夏波(早稲田大学)
2位:BurfordThalya(スイス)
3位:BrindjoncLea(フランス)
4位:籔田寿衣(大阪体育大学)
5位:西村寧々花(GanTrigger)
9位:酒井亜樹(桃山学院教育大学)
11位:野村凪沙(AceRaceAustralia)

エリート女子

前日の第5戦ではあと一歩で決勝進出となった畠山紗英(日本体育大学)は、第6戦でも決勝へ進出。
準決勝では6位から追い上げる展開となり、第2コーナーで相手選手の内側ラインを狙うも、車体同士が接触してしまい失速。決勝進出は逃し、12位となった。

畠山紗英コメント

午前中に行われた公式練習ではスタートも良い感触でレースに臨めました。しかし、準決勝では後方からの展開となってしまい、少し焦りから仕掛けるポイントも早まり思いどおりの走りができませんでした。同会場で残り2戦残っているので、今大会からフィードバックを生かせる形で次戦に挑みます。

エリート女子リザルト

優勝:SmuldersLaura(オランダ)
2位:StancilFelicia(アメリカ))
3位:ClaessensZoe(スイス)
12位:畠山紗英(日本体育大学)

 

2021UCIBMXスーパークロスワールドカップ第5-6戦

大会日程 第5戦 2021年10月23日(土)、第6戦 2021年10月24日(日)
大会会場 トルコ・サカリア Aycicegi Bisiklet Vadisi

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load