BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BOMA(ボーマ)・サイ2|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回はフレーム形状を一新し、剛性や振動吸収性、軽さを追求したオールラウンドモデル「BOMA・SAIⅡ(ボーマ・サイ2)」をベテランライダーの管 洋介がテスト!

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

彩りあるバイクライフを実現するカーボンオールラウンダー

JCL大田原ロードレースで優勝した阿曽圭佑はじめヴィクトワール広島が使用するボーマ、多様化するニーズに応え数多くのロードバイクをラインナップする。2022年は初代モデルをブラッシュアップしたサイ2が新たに登場する。
サイ(彩)の名のとおり、鮮やかなカラーリングに加え、剛性や振動吸収性、さらに軽さまでも兼ね備えた実力派のロードバイクとして人気を博したモデルの第2世代は、フレーム形状を一新。初代の性能を受け継ぎながらさらなる性能向上を果たした。
初代のスタンダードなフレーム形状から、よりシートまわりのフレキシビリティを生かせるようシートステーを下部にオフセットする形状へと進化したサイ2。リムブレーキとディスクブレーキの両モデルをそろえることであらゆるニーズへと対応する。
所有欲を満たすスタイリングとロードバイクに求められる性能を高度に兼ね備えながら、さらに特筆すべきはその価格だ。20万円を切る価格は買い求めやすいだけでなく、ワンランク上のコンポーネントや軽量ホイールなど、より高性能なパーツをアッセンブルすることが可能だ。
サイ2はエントリーモデルを卒業するすべてのサイクリストに、彩りある価値観を与えるバイクといえる。

彩(サイ)のネーミングにふさわしく、光の当たり方で変化するカラーリングを採用する
レスポンスのいいペダリングのために十分なボリュームをもたせたハンガー部。BBの規格は前作のスレッドタイプからプレスフィットへと変更された
反応性に優れたストレートフォークを採用して、優れたハンドリング性能を実現した
シートステーをトップチューブより下部にオフセットしたことで、シートポストの柔軟性を確保し乗り心地を高めた。シートポストのクランプも露出しない方式に変更し、空気抵抗を軽減しスマートなスタイリングに貢献する

ボーマ
サイ2

19万8000円(リムブレーキフレームセット)、20万9000円(ディスクブレーキフレームセット)

SPEC

■フレーム:T1000/T800カーボン ■フォーク:カーボン ■コンポーネント:シマノ・アルテグラ ■ハンドル:ボーマ・GH02 ■ステム:ボーマ・ST02 ■シートポスト:ボーマ・SP-09B ■ホイール:ボーマ・TH-W35TL ■タイヤ:IRC・フォーミュラプロTL 700×25C ■カラー:RMグレー、ほか4色 ■サイズ:XS、S、SM、M、L、XL、XXL ■試乗車重量実測値:7.0kg(SM/ペダルレス)

加速性能と巡航性能を両立し、あらゆるシーンで快適に走れる万能バイク

管 洋介がインプレッション

フロントフォークの切れ味はすこぶるよくステアリングがスムーズだ。接地トーンにも角がなく、滑らかに足がトントンと前に進んでいくフィーリングで、加速でトルクを加えるとバイクが躍るようにペダリングリズムを作ってくれる。BBのウイップを感じるが、チェーンステーの長さからか、グッと掛けたトルクがスピードの伸びで押される印象だ。ウイップを生かすなら少しギヤを軽めに設定するとボーマ特有のリズムを楽しめる。小柄で軽量な日本人にあったテイストといえよう。少しクセのある性格ともいえるが、バイクと語り合いながら息が合ったときのスピードは、他のバイクには味わえない爽快さがある。軽量で立ちまわりが軽く巡航性能にも優れているため、レースバイクとして十分な性能をもつほか、振動吸収性の高さを生かせば単独のロングライドも楽しめる。

インプレッションライダー
管 洋介

競技歴25年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。最新のカーボンロードからスチールバイクまで、長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168cm。

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

管 洋介のその他の記事は
こちらから

 

問:ASKトレーディング
www.boma.jp

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load