BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

イタリアデザインのスマホホルダー、振動にも強い「チェリー・スワイプバイク」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は一体成型されたシリコンバンドで簡単に着脱できるスマホホルダー「チェリー・スワイプバイク」を編集部のヤマグチがテスト!

チェリー
スワイプバイク

価格:2970円
サイズ:約135mm×35mm×70mm
重量:約84g
対応モデル:幅78mm×高さ162mm以内のスマートフォン

裏面に、ハンドルに固定するためのバンドがある。サイズ調整幅はかなり広い

着脱が簡単でインドアでも便利

サイクルロゲイニングなど、スマホアプリを使った自転車遊びが増え、出番の多いのがハンドルバーに取り付けるタイプのスマホホルダー。ただ、個人的には常時つけているわけではないので、簡単に取り外しでき、かつ台座がバイク側に残るのは面倒。ということで、選んだのがイタリアの携帯電話用アクセサリーブランドとして知られるチェリーのスワイプバイク。シリコン製でしっかり固定でき、いつも使っているスマホケースのままホールドできるのも便利だ。さらにインドアトレーニングの際にズイフトのコンパニオンアプリなどを使うのにも便利だ。

通常はハンドルに縦型に取り付けて使用する
一体成型されたシリコンバンドでハンドルに固定するので安定感は高い。さらにシリコン製なので振動もしっかり吸収してくれる
室内でアプリを使うならステムに取り付け、画面を横にして使うと便利だ。ルービーなどもこのまま楽しめる。ちなみに別の商品としてステムに取り付ける「スワイプステム」もある

 

ヤマグチのひとこと

ハンドルにスマホを取り付けていて、アイフォーンを峠で落として壊したり、イタリアの峠ではポケットに入れておいたスマホをなくしたこともあるレース好きの編集者。

山口のその他の記事は
こちらから

問:フォーカルポイント
www.focal.co.jp

出典

SHARE

PROFILE

山口

Bicycle Club / 編集長

山口

バイシクルクラブ編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。47歳を迎えた現在ではレースだけではなく、サイクリングを楽しむためために必要な走行環境やサイクルツーリズムなどの環境整備などにも取り組んでいる。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。47歳を迎えた現在ではレースだけではなく、サイクリングを楽しむためために必要な走行環境やサイクルツーリズムなどの環境整備などにも取り組んでいる。

山口の記事一覧

No more pages to load

x