BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ロードバイク2022年のNO.1はANCHOR/RP9【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2022】

年に一度、その年を代表する優れたロードバイクを決定する「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」が今年も開催された。同コンテストは2021年1月~2022年1月までに発売・選出されたロードバイク10台を、9人の自転車ジャーナリストが実際に試乗してNO.1ロードバイクを選出するというもの。
そして今回、日本ブランドとして初めてアンカー・RP9が「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー 2022」を受賞した。

日本最大級の自転車アワード「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」

バイシクル・オブ・ザ・イヤーは日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催し、その年のロードバイクNo.1を決めるアワード。実行委員会は、自転車ジャーナリストや自転車メディアの代表者などの選考委員で構成され、スポーツバイクユーザーがよりスポーツバイクを楽しむための話題づくりを目的として、毎年本アワードを開催してきた。乗り味、話題性、デザインなどその年を象徴するバイクを選ぶアワードだ。

『バイシクルクラブ』の2021年1月号から2022年1月号までに掲載されたロードバイク(2022年モデル)を中心に、フルモデルチェンジしたモデル、ブランニューモデルを中心にリストアップし、日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー選考委員の投票により10モデルをノミネート。2021年11月下旬に全車種を集めて行われた選考試乗会を経て、No.1が決定した。

9人のジャーナリストが各ブランドのプレゼン、試乗を経て評価

バイシクル・オブ・ザ・イヤーの選考は1日目に各ブランドのプレゼンテーションがOVE(東京・青山)で行われ、2日目に試乗会を下総運動公園(千葉・成田)で開催した。ベスト10にノミネートされた各ブランドの説明を聞き、バイクの特性を理解したうえで試乗することで、複合的にバイクを評価している。

こうしたプロセスを経て今回見事「NO.1ロードバイク」の栄光を勝ち取ったのは、ジャパンブランドのANCHOR(アンカー)RP9。日本ブランドが生み出した至高のバイクが、忖度なしに審査委員たちの心を動かした。

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022の審査委員たち。左から安井行生(La Route)、岩田淳雄(選考委員長)、ハシケン、吉本 司、管 洋介、浅野真則、難波賢二、田村明寛(FRAME)、山口博久(BICYCLE CLUB)

アンカー・RP9が受賞した背景とは?

例年と同じかそれ以上に選考委員を悩ませた今回のバイシクル・オブ・ザ・イヤー2022。そんななか選ばれたロードバイクは日本ブランド、アンカー・RP9だった。

いままで 5回開催されてきたバイシクル・オブ・ザ・イヤーの歴史のなかで、 日本ブランドがベスト10にノミネートされたのも初めてのこと。そしてアンカー・ RP9は海外ブランドとの激戦を制して、日本ブランドとして初めて受賞することとなった。
その評価として大きかったのは、速さだけではない走りの質の高さだ。
「軽快な反応性を生む硬さをもちながら、脚への優しさも感じるバランスのよさ」(ハシケン)、「脚当たりのよさと世界トップレベルの性能をここまでバランスさせたフレームは少ない」(安井行生)、というように審査員たちのコメントにそれが表れている。
このRP9について忘れてはいけないのが、そのバックボーンが東京2020のトラックバイク開発にあったこと。五輪という世界的スポーツイベント、さらに母国日本開催、しかも競輪発祥の地である国として「世界レベルのトラックバイク製作」が、日本代表とアンカーに課せられ、そのなかで生まれたシステムや技術が「フラッグシップとなるロードバイク RP9の製作」に惜しげもなく注ぎ込まれている。

そういう意味で RP9は、単に「優秀なロードバイク」であるだけでなく、日本の自転車競技界あるいはスポーツ界という大きな枠組みのなかでも、後世に名を残すエポックメイキングなバイクとして名を残したといえる。そしてそれを表すかのように、こうしてバイシクル・オブ・ザ・イヤー2022の栄冠に輝いたというわけだ。

各審査委員による採点

ヨネックス・カーボネックスHRディスク ピナレロ・ドグマF オルベア・オルカエアロ メリダ・スクルトゥーラ チーム ルック・795ブレードRSディスク チャプター2・トア サーヴェロ・R5 カレラ・フィブラディスク ビアンキ・スペシャリッシマディスク アンカー・RP9
1 2 1 3 1 1 1
ハシケン 1 1 2 1 2 3
浅野 1 1 1 1 1 2 3
難波 2 1 2 1 1 2 1
田村 1 3 1 1 1 3
安井 1 2 1 3 3
吉本 1 1 1 2 3 2
山口 2 2 1 1 1 1 1 1
岩田 3 1 3 1 1 1

採点方法

選考に際して、9人の選考委員の持ち点は各10ポイント。それをいくつのモデルに分配しても構わないが、1モデルへの配点は最高3ポイントまで。各モデルの得点を集計し、最高得点を得たモデルを「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」と決定。

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load