BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

CARRERA/PHIBRA DISC【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2022】

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」にノミネートされたCARRERA/PHIBRA DISC。
その概要と、選考委員岩田淳雄と管 洋介による試乗レビュー、さらにモデルの深掘りレポートをお届けする。

ダブルアーチ構造がもたらす曲線美で存在感を放つ

カレラのレーシングモデル・フィブラシリーズの最新モデル・フィブラディスク。初代モデルから数えて5代目にあたるこのモデルは、ディスクブレーキ専用設計となり、空力性能、剛性、快適性、パワー伝達性能など全面的に進化している。
アーチ型に湾曲したトップチューブからシートステーにかけての独特な造形はダブルアーチ構造といい、初代フィブラから継承される同シリーズのアイコン的なデザイン。高い快適性を誇り、長時間のライドでの疲労を低減させる。ディスクブレーキ化に伴い、最大30㎜幅のタイヤまで対応。ロードレースはもちろん、ヨーロッパのグランフォンドのような山岳の長距離コースを長時間走り続けるようなシチュエーションでも存分にポテンシャルを発揮する。
構造面でのトピックは、ヘッドを1.5インチと大径化させたことによるステアリング性の向上と、ケーブルのフル内装化による空力性能の向上。強い個性を放つオールラウンダーだ。

カレラ・フィブラ ディスク

価格:29万7000円(フレームセット)

DATA

●フレーム:T700SC、T800SC、3Kカーボン ●フォーク:カーボン ●コンポーネント:シマノ・アルテグラ ●ホイール:ヴィジョン・メトロン45SLディスク ●タイヤ:ハッチンソン・セクター 700×28C ●サイズ:XS、S、M、L、XL●試乗車実測重量(ペダルレス):7.17㎏
問:ポディウム
www.podium.co.jp

ミドルの価格帯で堂々ノミネートされた注目の一台
岩田淳雄

大きくアーチを描くトップチューブからシートステーにかけてのラインが特徴的な一台。フィブラというと個人的にはシャ乱Qのまことさんが乗っているヘンな形のバイク、というイメージが強いが、その初代モデルからはずいぶんイメージも変わり、個性は薄くなっている。全体的に角がなく丸い感じの乗り味で、安心して乗れる。クセのないニュートラルさが特徴で、どんな走りにも対応する懐の深さを感じさせる。説明によれば25Cタイヤがベストバランスで、グランフォンド的な走りに向くとのことだが、なるほどと思わせる走りだ。

人車一体のリズムを生み出すバランスのよさで優雅な走りが楽しめる
管 洋介

トルクキャッチは軽やか、心地よい踏み味にスッとついてくる車体は軽量かつ柔軟な高級感にあふれたテイストだ。BBウイップを生かしたダンシングはリズムを刻みやすく、シッティングでトルクフルに踏むのも感触がいい、人車一体となったライド感はこのバイクのだいご味だ。オーバル形状のフォークは横剛性と振動減衰性を確保し、ハブ軸をつかんだ立ちまわりは丸くしなやか、一日中ライディングしても疲れずにコントロールできるだろう。また振動減衰性に一役買う弓状のアーチを描くトップチューブは非常に印象的で所有満足度をさらに上げてくれる。

 

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022 TOPページはこちら

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load