BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

終盤に混乱の第3ステージ スプリント勝負はフルーネウェーヘンが制す|ツール・ド・フランス

開幕地デンマークを進行中のツール・ド・フランス2022は、現地7月3日に第3ステージを実施。平坦路を進んだ1日は、“予定どおり”のスプリントフィニッシュ。勝負はディラン・フルーネウェーヘン(チーム バイクエクスチェンジ・ジェイコ、オランダ)が制して、ツール通算5勝目を挙げた。個人総合首位のマイヨジョーヌを着るワウト・ファンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ、ベルギー)は、3日連続のステージ2位。フィニッシュで6秒のボーナスタイムを獲得し、総合リードを広げている。

ポローニュでのクラッシュや出場停止を乗り越えて3年ぶりのツール勝利

初の北欧開催としてプロトンが巡ってきたデンマーク。大会3日目がその最後となる。同国においては唯一ヨーロッパ大陸とつながる地域であるユトレヒト半島に舞台を移し、バイレからセナボーまでの182kmのコースが設定された。北から南へと針路をとるルートは、おおむねフラット。レースを変化させるような上りはなく、セオリーどおりいけばスプリンターが主役になると予想された。

©︎ A.S.O./Charly Lopez

マイヨジョーヌのファンアールトらを先頭にレースがスタート。少しばかりのニュートラル区間を経てリアルスタートを迎えると、前日に続いてマグナス・コルト(EFエデュケーション・イージーポスト、デンマーク)がファーストアタック。これがそのまま容認されることとなり、コルトのひとり逃げが始まった。

©︎ A.S.O./Pauline Ballet

前日に山岳賞のマイヨアポワを手にしていたコルトは、このステージでもすべての山岳ポイントを1位通過。いずれも4級で獲得ポイントは1点だが、地元デンマークでこれ以上ないほど意欲満点の走り。独走している間は沿道からの声援に笑顔を見せたり、ときおり手を振ったり、山岳ポイントに向かってスプリントをしてみせるなど充実のパフォーマンス。この日最後となる3つ目の4級山岳をトップ通過した瞬間には、ガッツポーズで体いっぱいに喜びを表現。たった一人で逃げ続け、アクティブさで魅せた走りは、もちろんこのステージの敢闘賞となった。

©︎ A.S.O./Charly Lopez

コルトとは3分前後のタイム差で進んだメイン集団は、90.5km地点に設けられた中間スプリントポイントに向かってエンジンがかかり始めた。コルトの通過から1分45秒差で到達し、クリストフ・ラポルト(フランス)の発射でファンアールトが先着。全体の2位通過として、17点を獲得。ポイント賞争いでトップを行くが、この段階でライバルとの得点差を広げることに成功。ファンアールトの後は、前日勝利のファビオ・ヤコブセン(クイックステップ・アルファヴィニル、オランダ)、ラポルト、ペテル・サガン(トタルエナジーズ、スロバキア)と続いている。

©︎ A.S.O./Charly Lopez

以降、スプリントを狙うチームが数人ずつアシストを出しあって集団をコントロール。この日の目的を果たしたコルトがフィニッシュまで52kmを残したところで集団へと戻ったことから、その後は一団でフィニッシュ地のセナボーを目指した。

各チームが隊列をなして集団内のポジショニングを図る中、フィニッシュまで10kmを残したところで、クラッシュが発生。これで半数近い選手が後方に取り残されてしまう。

後ろの選手たちを待つことなく突き進む集団は、激しいポジション争いもさることながら、テクニカルなコーナーやラウンドアバウトのたびにバランスを崩す選手が現れ、隊列が乱れていく。なんとか危険を回避した選手たちで最終局面を迎え、クイックステップ・アルファヴィニルが前線を固めて残り1kmのフラムルージュを通過。

最終コーナーを抜けて残りは800m。ミケル・モルコフ(クイックステップ・アルファヴィニル、デンマーク)の牽引が続き、そこに続いたユンボ・ヴィスマ勢が満を持してスプリントに持ち込もうと試みるが、発射台のラポルトの進行方向がモルコフと重なり、ファンアールトが予定より早めの加速を余儀なくされる。

なんとか先頭を守りたいファンアールトは、自身から右のフェンス側を閉めてサガンやカレブ・ユアン(ロット・スーダル、オーストラリア)の上がりを防ぐ。しかし、逆サイドから伸びてきたのはフルーネウェーヘン。最後は並ぶようにしてフィニッシュラインへ飛び込んだが、タイヤ一本分の差でフルーネウェーヘンに軍配が上がった。

©︎ A.S.O./Charly Lopez

勝利を知ったフルーネウェーヘンは喜びのあまりバイクを降りて泣き崩れてしまった。ツールのステージ優勝は2019年以来となる5勝目。このところはUCIプロツアーや1クラスでの勝利こそあったものの、UCIワールドツアーに限定すると2019年のUAEツアー以来。2020年のツール・ド・ポローニュでは、ヤコブセンとの接触からフィニッシュで大事故を引き起こし、9カ月間の出場停止を経験。今季からはチーム バイクエクスチェンジ・ジェイコへ移って、心機一転オージーチームのエーススプリンターに。前日はヤコブセン、この日はフルーネウェーヘンと、ポローニュでの当事者2人がそれぞれに復活をアピールする明るいツール序盤戦になった。

マイヨジョーヌのファンアールトは、これで3日連続のステージ2位。“セカンドコレクター”状態になっているが、堅実にボーナスタイムはゲット。この日もフィニッシュで6秒を得て、総合リードを広げることに成功。ジャージのキープを果たしている。

終盤のクラッシュが影響し、総合系ライダーの一部がトップから遅れる格好に。リゴベルト・ウラン(EFエデュケーション・イージーポスト、コロンビア)、ダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・ヴィクトリアス、イタリア)、ジャック・ヘイグ(バーレーン・ヴィクトリアス、オーストラリア)、ギヨーム・マルタン(コフィディス、フランス)、ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ、フランス)といったメンバーが39秒失っている。同時に個人総合順位も4位につけていたフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアーズ、イタリア)がランクを大きく落としている。

開幕から3日間のデンマークステージを終えて、翌4日は移動日。本来の舞台であるフランスへの大移動が待っている。レース再開は7月5日。北海沿岸のダンケルクからカレーまでの171.5kmに設定される。

▼2020年のツール・ド・ポローニュでのヤコブセンとの接触についてはこちら
ヨーロッパで再開した自転車レースで落車が増える! その背景にコロナの影響

ヨーロッパで再開した自転車レースで落車が増える! その背景にコロナの影響

2020年08月07日

ステージ優勝 ディラン・フルーネウェーヘン コメント

©︎ A.S.O./Charly Lopez

「残り9kmで足止めになったけど、チームが私を集団前方へと戻してくれた。アームングルンダール・ヤンセンが私をベストポジションまで引き上げてくれた。彼は本当に強かった。彼とはユンボ・ヴィスマ時代からのチームメートで、私のために全力を尽くしてくれた。風が強かったので脚にきていたが、スプリントするには十分に力が残っていた。

ワウト・ファンアールトはいつも私に冗談を言うので、今日みたいなフィニッシュでも自分が勝ったと主張し続けていた。でも実際は私が勝っていて、スポーツディレクターがチームカーから無線で伝えてくれた。そのあとには父の姿を見つけることもできた。父は3週間にわたって私を助けてくれるが、普段は直接顔を合わせることはない。ただ今日は私の前に現れて、勝利の喜びを共有できた。

私が出場停止の間、家族の存在が支えだった。新しいチーム(チーム バイクエクスチェンジ・ジェイコ)は私を信頼してくれて、勝つためにトレインを組んでくれた。ツール・ド・フランスでの勝利は今日に限らず、すべて特別なものだ」

個人総合首位 ワウト・ファンアールト コメント

©︎ A.S.O./Charly Lopez

「マイヨジョーヌで走ることができ、素晴らしい1日になった。デンマークの人々の温かい歓迎に心から感謝している。そして、このイエロージャージをフランスに持っていけることを誇りに思っている。今日のスプリントについては、チャンスを逃してしまい悔しい。最後のコーナーが思っていたよりシャープだったが、クリストフ(ラポルト)と私はイン側をついて、スピードを落とすことなくスプリントへと向かうことができた。しかし、クリストフのサポートを生かしきれずにスプリントを開始してしまった。もう少しタイミングを待つべきだったし、失敗に終わってしまった。ここまでのスプリントはすべて同様なので、これから勝てるようトライしていきたい。

これからステージの難易度が上がるが、私にとってはプラスに働くだろう。特にパヴェステージ(第5ステージ)が楽しみ。まだまだツール・ド・フランスは始まったばかりだよ」

ツール・ド・フランス2022 第3ステージ結果

ステージ結果

1 ディラン・フルーネウェーヘン(チーム バイクエクスチェンジ・ジェイコ、オランダ) 4:11’33”
2 ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ、ベルギー)ST
3 ヤスパー・フィリプセン(アルペシン・ドゥクーニンク、ベルギー)
4 ペテル・サガン(トタルエナジーズ、スロバキア)
5 ファビオ・ヤコブセン(クイックステップ・アルファヴィニル、オランダ)
6 クリストフ・ラポルト(ユンボ・ヴィスマ、フランス)
7 アルベルト・ダイネーゼ(チーム ディーエスエム、イタリア)
8 ユーゴ・オフステテール(チーム アルケア・サムシック、フランス)
9 カレブ・ユアン(ロット・スーダル、オーストラリア)
10 ダニー・ファンポッペル(ボーラ・ハンスグローエ、オランダ)

個人総合時間賞(マイヨジョーヌ)

1 ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ、ベルギー) 9:01’17”
2 イヴ・ランパールト(クイックステップ・アルファヴィニル、ベルギー)+0’07”
3 タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ、スロベニア)+0’14”
4 マッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード、デンマーク)+0’18”
5 マチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス、オランダ)+0’20”
6 ヨナス・ヴィンゲゴー(ユンボ・ヴィスマ)+0’22”
7 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィスマ、スロベニア)+0’23”
8 アダム・イェーツ(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)+0’30”
9 シュテファン・キュング(グルパマ・エフデジ、スイス)ST
10 トーマス・ピドコック(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)+0’31”

ポイント賞(マイヨヴェール)

ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ、ベルギー)

山岳賞(マイヨアポワ)

マグナス・コルト(EFエデュケーション・イージーポスト、デンマーク)

ヤングライダー賞(マイヨブラン)

タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ、スロベニア)

チーム総合時間賞

ユンボ・ヴィスマ 27:04’48”

 

▼ツール・ド・フランス2022のチーム&コース情報はこちらへ

ツール・ド・フランス2022の出場チーム・選手リストとコースプレビュー

ツール・ド・フランス2022の出場チーム・選手リストとコースプレビュー

2022年07月01日

SHARE

PROFILE

福光俊介

福光俊介

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

No more pages to load