BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

岡本がアメジストジャージを奪還、バトルマリンジャージは宮嵜の手に|秋のしもふさクリテリウム

9月10日(土)、千葉県成田市・下総運動公園で「秋のしもふさクリテリウム」が開催された。QリーグとNリーグ中学生女子NWは「レディースクラス」、Nリーグ中学生男子Nは「中学生クラス」を対象とし、それぞれのレースでポイントが付与された。
レースを終え、Qリーグ(高校生以上女子)リーダーは岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)、Nリーグ・N(中学生男子)リーダーは宮嵜博己(チームBMレーシング)、Nリーグ・NW(中学生女子)リーダーは大矢彩雲(ブラウブリッツェンU15)という結果に。以下、プレスリリースよりレースレポートをお届けする。

素晴らしい秋晴れのなか、白熱したバトルを繰り広げる

今大会主催である株式会社マトリックスのサイクルロードレース協会東日本が運営するレースは、発足当時から女子や中学生、キッズ向けクラスが設定。さらに単独レースとしても運営されており、対象選手たちが年間シリーズ戦を目標にして切磋琢磨し大会を盛り上げている。そんな大会とQNリーグはリーグ初年度から提携し、お互いに選手の育成と普及に協力している。5月にも「春のしもふさクリテリウム」が行なわれており、このレースは秋大会としての開催。1周回約1.5kmの常設コースであり、QリーグとNリーグ中学生女子NWは「レディースクラス」、Nリーグ中学生男子Nは「中学生クラス」と、それぞれの対象レースでリーグポイント獲得のため熱いレース展開が繰り広げられた。

当日は昼過ぎから風が強くなったが、秋晴れで絶好のコンディション。朝のクリニックには今シーズンもJBCFやJCLレースで連勝を重ねるチームMATRIX POWERTAG所属の狩野智也選手が指導し、多くの方々がレース攻略レクチャーを受けてレースに備えていた。

photo:QNリーグ事務局

クリニック特別講師はHamster Spinでおなじみの福田昌弘氏がつとめ、合間に行なわれるコース試走ごとでも随時クリニックを実施する形でレース直前の対策を講じられる体制となっていた。そして会場内にブース出展が多くにぎやかなのもこの大会の特徴。QNリーグのポイントリーダー賞でもおなじみの株式会社 隼の「アスリチューン・ブース」では、レース直前や直後のケアに製品開発者でもある三上慶将氏から直接アドバイスを受けられるのも魅力。この日も朝からさまざまなブースに多くの人が立ち寄る姿が見られた。

中学生クラスは稲葉恵人がスプリントを制し優勝

朝8時過ぎからスタートした120分エンデューロレースを終えて、最初のクラス別レースが、Nリーグ中学生男子Nが対象となる「中学生」。今回は36人がエントリーし、6周回=9㎞のレースは10時40分の定刻にスタートした。

photo:Takashi Saito

⼀⻫にきれいにスタートした集団から、序盤に飛び出したのはNリーグ登録の稲葉恵人。コントロールラインに戻ってからは再び集団に戻るも、その中でNリーグポイントリーダーの工藤健太(ブラウ・ブリッツェンU15)、ランキング上位に付く宮嵜博己(チームBMレーシング)や成瀬謙汰(ウィンディー筑波)、井上湧心、さらにはシリーズ前戦の対象レースで優勝した宇田川瀬那(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)たちが⻁視眈々とお互いをマークしながらレースは進む。

Nリーグリーダーの証「バトルマリンジャージ」を着る工藤(写真左:ブラウ・ブリッツェン)も選手の動きを細かくチェック。photo:Takashi Saito

そんなメイン集団のペースは周回ごとに上がっていき、その集団から1人、また1人とドロップアウトしていくなか、リーグのポイントランキング上位選手たちは見事に集団へ残り、最終決戦はゴールスプリントに持ち込まれた。

photo:Takashi Saito

スプリントは序盤から動きの良かった稲葉が先行し優勝、片手を高々と上げて天を指すゴールシーンで会場が沸き立った。そのすぐ後ろではスプリント合戦となり、4位に滑り込んだ宮嵜がリーグ2位で20ポイントを獲得。合計100ポイントでポイントリーダーの座に輝き、リーグ第3戦「第1回わたらせクリテリウム」以来となるバトルマリンジャージの獲得を果たした。

Nリーグ中学生男子Nリーダーを再び獲得し笑顔が弾ける宮嵜(チームBMレーシング) photo:Takashi Saito

ポイントリーダー授与式を前にして宮嵜は「終始、バトルマリンジャージを狙いながら走っていました。ゴールスプリントでは優勝した稲葉選手が先行し、その後ろが詰まってしまいましたが何とか前方へ抜け出して、欲しかったリーダージャージが手に入って良かったです。次の大磯クリテでも頑張ります!」とうれしそうにコメントした。

レース優勝を果たした稲葉(写真左)と、そのコメントを聞きながらリーダーの座を失った苦い表情の工藤(写真中央)は次戦でのリベンジを誓った photo:Takashi Saito

⼀方、レースで優勝を決めた稲葉は「最初から積極的に動いたのがうまくいった。最後の周で少しだけペースが緩んだ瞬間、上りが得意なのでラストの上り坂のところで自分に優位に動けたと思います。この後の大磯クリテ、あと上りの多いツール・ド・はなわでリーダーを狙っていきます」と意気込みを語ってくれた。

レディースクラスは接戦の末、筒井 楓が優勝

この後、キッズの年齢別クラスレースを挟んで、QリーグとNリーグ中学生女子NWが対象の「レディース」が12時06分からスタート。こちらは5周回=7.5kmで競われ、エントリーは11人。

photo:Takashi Saito

スタートから積極的な動きとなり、最初の1周回を終えてコントロールラインに戻った時点で、メインの集団は5名に絞られる。その中には、この時点でQリーグリーダーの岡本香織(Team ⼀匹狼)、その岡本をランキングポイントわずか5ポイント差で追う岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)、昨年のQリーグ総合リーダー廣瀬博子(サイタマサイクルプロジェクト)、リーグ初年度に中学生女子で大活躍した筒井 楓(SPORTSKID ZYYX)が含まれる。

photo:Takashi Saito

後半もメイン集団の5人は先頭を目まぐるしく変えながら動き、最終周回のゴール少し手前で筒井と岡本が抜け出し2人のスプリントに。結果、僅差で筒井が先行して優勝。岡本は2位となったが、リーグポイント28Pを獲得し第5戦「第2回わたらせクリテリウム」以来、再びアメジストジャージを手に入れることができた。

photo:Takashi Saito

ポイントリーダー授与式で岡本は「筒井選手は速かったので積極的に動いてみましたが、ゴールスプリントで仕掛けたのが(自分のタイミングが)遅かったです。次の大磯クリテこそ優勝を狙っていきたいと思います!」と力強いコメントをくれた。

photo:Takashi Saito

さらに、そんな岡本をランキングポイントわずか3ポイント差で追う根本は「若い選手の走りが良くて、付いていきながら最後のスプリントに追いつきたかったが届かなかった。次戦は勝ちます!」とリーダーに返り咲いた岡本の健闘を称えた。

Qリーグ、Nリーグともにリーダーはもちろん、ポイントランキング2位以降の選手の活躍にもご注目いただき、今後のリーグ戦を楽しんでいただきたい photo:Takashi Saito

前戦の「第3回わたらせクリテリウム」に続いて、今大会のレース結果においても両リーグともに2位以降のポイント差が拮抗し、今後のシリーズ戦がますます楽しみになった。

須藤むつみ(スドウムツミ)プロフィール

ミュージシャンを目指すなかで自転車と出会い、のちに実業団チーム所属選手となりレース活動を本格化。1997年1月、オランダで開催されたシクロクロス女子ワールドカップ「CYCLO-CROSS HEERLEN」に参戦、完走。1999年、第6回全日本シクロクロス選手権大会・優勝。2003年に現役を引退後、NPO法人および女子レースチームを設立。その後、2014年から自身のチーム所属として選手活動に復帰。
現在は女子エリート選手として、国内外のシクロクロスレース活動をおこないながら、「MC牛」としてもレースMCや大会運営活動を通して、シクロクロスを中心とした自転車レース普及を実施。2020年からは女子とジュニアのための自転車リーグ「Qリーグ・Nリーグ」を発足した。

PHOTO:Takashi Saito

Qリーグ・Nリーグ公式サイト
http://www.jbrain.or.jp/q-n-league

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x