BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

世界選手権へ向けて開催されたニセコクラシック、150㎞男子優勝は小林亮

6月14日(金)~6月16日(日)、北海道ニセコ山系でニセコクラシック2024がUCI(国際自転車連合)グランフォンドワールドシリーズの一環として開催された。メインイベントの150kmロードレースが6月16日(日)の早朝にスタート、約350人の選手がニセコグラン・ヒラフから走り始め、小林亮(soleil de lest、35歳〜39歳)がこの150kmで総合トップに輝いた。

安全管理のため全面封鎖でおこなわれた2024年大会

150kmのコースは、獲得標高2,479m。ニセコグラン・ヒラフからスタート、俱知安町、共和町、蘭越町、ニセコ町を通過し、再びニセコグラン・ヒラフに戻ってくる美しい自然景観の中で行われた。

また、昨年のツール・ド・北海道での痛ましい事故を受け、より高い安全対策が求められるなか、今年の大会では道路を片面ではなく全面封鎖での開催となった。

150kmは午前6時にウェーブ方式でスタート、6km地点からリアルスタートとなり、決戦の火ぶたは切られた。選手たちは共和町老古美でのスプリントポイントへと向かっていった。

序盤、リオ五輪代表選手の内間康平(TEAM UCHIMA、35歳〜39歳)などが積極的にアタックを仕掛けるがなかなか決定的な逃げは決まらない。そして、KOM(King of the Mountain)のあるパノラマラインの上りでは田村和音(コルノグランデ/AbutokuCC、19歳〜34歳)が抜け出し、そのままパノラマラインの最高地点付近の神仙沼ではKOMを獲得した。

その後、共和町の日本海へ向かう長い下りでは高岡亮寛(Roppongi Express、45歳〜49歳)、小出樹(イナーメ信濃山形、19歳〜34歳)、瀧聖人(TRYCLE.ing、19歳〜34歳)が抜け出し、後続に25秒差をつけたほか、そのあと日の出関門付近で2023年乗鞍王者の加藤大貴(COW GUMMA、男子35歳〜39歳)が抜け出すなど積極的な動きを見せるが最終的に吸収されレースは振り出しに戻った。

数々の逃げが繰り広げられた150km、昨年に続きスプリント勝負に

最後は雷鳴が響く中、先頭集団は15人ほどの集団に絞られ、そのままゴールを目指す。

ラスト1kmほどで地元北海道の高校生高橋駿斗(北海道帯広南商業高等学校、高校生)がけん制する集団から抜け出し、一時は逃げ切って2年連続で地元北海道の高校生が総合優勝かと思われたが、最終的にメイン集団に吸収された。

そして、最後のニセコ・グラン・ヒラフ前の坂のスプリント勝負へ持ち越された。ここで小林亮(soleil de lest、35歳〜39歳)が切れのよいロングスプリントをしかけ後続に5秒差をつけて見事に総合優勝、総合2位には安立和貴(だち會、35歳〜39歳)、3位には島野翔太(恒志堂、19歳〜34歳)が続いた。

2026年にはニセコクラシックが世界選手権に

無事開催された11回目のニセコクラシックだが、UCIグランフォンドワールドシリーズとしてUCIグランフォンド世界選手権の予選となっている。各カテゴリーの上位25%に入ると世界選手権への切符を手に入れられる貴重な大会だ。2024年は8月28日~9月1日にデンマークでの開催となる。

なお、2026年にはその世界選手権がニセコで開催されることが決まっている。世界中から選手がニセコに集まることでさらなる盛り上がりが期待される。

150㎞総合優勝の小林 亮さんのコメント

レースでは年代別クラスを意識していていました。 一方で今年から、総合の表彰台できたので、そちらも狙えたらなと思っていました。 レース中に1名逃げがあり、集団との差が1分で難しそうだなと思ったが、下りで大集団が吸収。そこからレースが振り出しに戻りました。レース終盤、総合2位の方が、早がけのような形で前に出ていた。(同じゼッケンの色が見えていた)同年代クラスだったためその人だけはとらえたかったため、かけたところそのまま抜け出して、優勝しました。

仲村 陽子さん(女子150km総合優勝)

今回のニセコクラシックはコース変更があることは知っていましたが、試走することができなかったので、少し心配でした。当日レースを走るなかで昨年よりも上りが少なかったような気がしました。再来年ニセコで開催される世界選手権では優勝したいです!

中鶴 友樹さん(80㎞、男子50-54歳 優勝)

今年から80km・150㎞ともにコースが変更になり、レース勝負する場所が大きく変更になりました。昨年は前半から逃げたが、今年は前半からは逃げず、どう勝負しようか周りを見ながら動きました。8月の世界選手権に出場するため、今回のニセコクラシック優勝することができよかったです。

80、150㎞の総合優勝者にはツール・ド・おきなわの出場権を授与

今回、150km 男子、女子、80km 男子、女子、両レース総合優勝者には11月に開催される「ツール・ド・おきなわ 2024」エントリー権が授与された。

リザルト

男子150km

  1. 小林 亮(soleil de lest、兵庫県)3:46:13
  2. 安立 和貴(だち會、新潟県)3:46:18
  3. 島野 翔太(恒志堂、北海道)3:46:18

女子150km

  1. 仲村 陽子(FIETS、沖縄県)4:33:17
  2. 遠藤 杏奈(HighAmbition女子サイクリングアカデミー、静岡県)4:42:22
  3. FUNG Wynnie Wing Yee(Raft、東京都)5:08:08

男子80km

  1. 石崎 智貴(Team Kermis Cross、奈良県)2:03:03
  2. 松崎 暁広(Soleil de l’est、兵庫県)2:03:06
  3. 田山 昇吾(湾岸サイクリング・ユナイテッド、東京都)2:03:18

女子80km

  1. 米田 和美(MOPS、北海道)2:16:46
  2. 石川 七海(MOPS、千葉県)2:21:36
  3. 古谷 桜子(内房レーシングクラブ、千葉県)2:21:41

リザルトはこちら

https://nisekoclassic.com/news/results

公式サイト:ニセコクラシック
https://nisekoclassic.com

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load