BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

旨すぎて悶絶必至の最強餃子塾、開講であーる!【第二回 餡】

PAGE
2 / 4

ドバっと溢れる肉汁の秘密はジュレにあり!

さて、ひと口噛んだらブシュっと肉汁が飛び出す餃子が作りたいのである! あ、料理紳士の皆さん、まさか本当に肉の汁だけだと思っているわけではあるまいね。まず、アレは人為的に作られたスープであることを認識しなければたどり着けぬシロモノ。つまり、まずはその素ともなるジュレを作らなければならんのです!

_mg_0122

粉ゼラチンを5gを、時間をおいて十分にふやけるまでおいておく。

_mg_0123

粉ゼラチンが十分にふやけたら、250~300ccほどの水を沸かし、鶏ガラスープの素を大さじ3杯ほど溶かす。

_mg_0125

鶏ガラスープをゼラチンに混ぜ溶かす。固めるために2時間ほど冷蔵庫へ。この段階で塩ベースのジュレが完成。

_mg_0127

醤油ジュレにする場合は塩ベースのジュレに溜まり醤油を加える。

王道の味を狙うなら「豚餡」+「塩ジュレ」

餃子の基本はやっぱり豚肉。変わったことをやらずに、とにかくいつもの餃子を美味しくしてみたい、という人はコレを選択しておくのが無難ですヨ。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load