BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

コーヒーカクテルで新しいコーヒーのスタイルに出会う 東中野『COFFEE BAR GALLAGE』

東中野にある雑居ビルの2階。その扉を開くとムーディーで落ち着いた空間が目の前に広がる。バーカウンターと机が数席配置された店内、上質なコーヒーの香りに迎えられて足を踏み入れると、何とも言えない心地良さに誰もが虜になるだろう。

main1200

そんな『COFFEE BAR GALLAGE(コーヒーバー ガレッジ)』のメニューには3種のコーヒーカクテルがある。コーヒーとお酒の双方を愛するからこそ辿り着いた絶妙なカップリングは、試行錯誤を繰り返して生み出したもの。

MICHEL(ミシェル)『コーヒー×カシス×ウォッカ』

1 フルーティーな風味の水出しコーヒーをソーダストリームに。濃厚なカシス(ド・ディジョン)と、ブドウ100%のウォッカ(シロック)、レモンピールの爽やかさで軽さも足していく。一番果実味を感じるカクテル。

「クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン」をAmazon.co.jpで見る

「シロック」をAmazon.co.jpで見る

KINGSMAN(キングスマン)『コーヒー×ジントニック』

2 ジントニックとエスプレッソのカクテル。豆はエチオピアのスペシャルティコーヒー。深煎りではないので、エスプレッソ自体に果実のような風味がある。エスプレッソなので、爽やかな中にコクもしっかりある。

DJANGO(ジャンゴ)『コーヒー×バーボン×ミルク』

3 バーボン×ミルクのカウボーイをベースに、11gの濃いエスプレッソショットをフロート。ミルクの泡にのせたオレンジピールが香り、オランジェットのような風味に。濃厚で舌触りの良い、ほのかな甘みのカクテル。

 

COFFEE BAR GALLAGEは仕事帰りに一人でふらっと訪れるお客さんも多いそう。コーヒーの新たなスタイルに出合うことができる一杯を、ぜひ味わってみては。

 

【DATA】
COFFEE BAR GALLAGE
住所/東京都中野区東中野3-8-5 遠田ビル201
営業時間/14:00~23:00
定休日/月曜
http://gallage.jp/

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load