BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

バンカーショットを徹底攻略!一発で脱出できる打ち方とコツ

バンカーショットは練習場ではなかなか練習ができないため、実際にゴルフ場で初めて経験するゴルファーも多い。そのため初心者はまずバンカーに入れないようにするのが大切になってくるが、言うは易し行うは難し、だ。砂の上で構え、砂の上にあるボールを打つなんて特別な技術が必要だと先入観を持ってしまうのも当然だろう。

ところが、プロゴルファーや上級者は「ラフから打つよりもバンカーショットのほうが簡単だ」と言う。バンカーから1回で出すだけなら、難しく考えることなく通常のショットを同じ姿勢で構えてスイングをすればいいのだが、やはりバンカーならではのちょっとしたコツやテクニックが必要になる。そこで、バンカー脱出の基本からトラブル別の対処法を詳しく解説していこう。

バンカーショットの基本

足場が不安定な砂の上でのショットも、大切なのは他のショットと同じく下半身の動きと全身を使って打つこと。そのため、アドレス(姿勢)はスタンスもフェースもスクエアが基本だ。では、まずバンカーショットの基本からご紹介しよう。

バンカーはスクエアなアドレスが基本

バンカーショットのセオリーといえば「フェース面を開いて、オープンに立つ」といったものだが、よほどアゴが高かったり、ボールを高く上げなければならない状況以外はスタンスもフェースもスクエアでOK。フェースを開いてカットに打つのも間違いではないが、ある程度のパワーが必要なので、非力な人には向かないことも覚えておきたい。

また、基本スタンスは肩幅。バンカーショットも他のショットと同じように下半身の動きが重要になるため、あまり広げてしまうと足の動きが使えなくなってしまうのだ。しっかり全身を使って打つことがバンカーショットの極意と知ろう。

バンカーショットの体重配分は左右5対5が基本

体重配分は左右5対5が基本になる。しっかり足場を固定させて、バランスを崩さない状態を作ることがバンカーショットを成功させる条件だ。球を高く上げたい気持ちがあると右足に体重がのりがちなので、その点には注意したい。体重配分に加えて意識したいのが重心だ。球を高く上げようとすると重心が上に行きやすいので、重心を下げてどっしりと構えることが必要だ。

手首を返さずにインパクトに力を集中

プロや上級者の中でもバンカーショットが上手い人はインパクトで「パーン」と乾いた良い音がする。これはインパクトでエネルギーが逃げていない証拠だ。ポイントは体の正面でしっかりインパクトすること。そのためには手首の余計な動きを抑えて、ソールから砂に着地させていこう。

軌道はストレートでOK

スクエアに構えて、軌道もまっすぐに引いてまっすぐ出すイメージ。砂の抵抗が強くなることを除けばほぼアプローチと同じ打ち方で問題ない。大事なのはダウンスイングで手元を右足の前に入れてこれるかどうか。手が体から離れると、トップしたり、ダフリすぎたりというミスにつながる。また、ターゲットに対してストレートに振ることで、エネルギーを前に働かせることができるので多少ダフリ過ぎても脱出はできる。

▼もっとバンカーショットの基本を見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|バンカーショットの基本

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|バンカーショットの基本

2020年06月15日

バンカーショットで飛距離を伸ばすテクニック

次にピンまでの距離がある際のバンカーショットの打ち方をご紹介。遠くまで飛ばそうと大きく振ってしまうとインパクトが上手くいかないことも。インパクトを安定させるためには、左脇をしっかり締めることと、フォローの際のフェース面がポイントだ。

左ワキを締めたまま振り抜く

ピンまで距離があって、しっかり飛ばしたい時は左ワキを絶対に緩めないこと。左ワキを締めたままフォローまで振り切ろう。大きく振ろうとすると腕が体から離れやすくなるので注意が必要だ。腕が体から離れると、仮に上手くコンタクトできたとしても当たり負けをしたり、地面に跳ねられたりする可能性がある。しっかりインパクトして振り切るために、左ワキの締まりはマストだ。

フォローでフェース面を下に向ける

左腕が体から離れないように振りぬくには、左腕をたたんでフォローでフェース面が地面を向くように振ると、左ワキが開きにくくなる。注意点としては手先の動きだけでこの動きを行わないこと。体の回転と腕の動きをリンクさせながら行う必要がある。体を止めて手先でやるとトップして大オーバーなんて可能性もあるので注意しよう。

▼もっとバンカーショットで飛距離を伸ばすテクニックを見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|飛距離を伸ばすテクニック

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|飛距離を伸ばすテクニック

2020年06月17日

バンカーショットで飛距離を抑えるテクニック

今度は逆に距離を抑えたい時のテクニックをご紹介。距離を伸ばしたい時とは逆に左脇には余裕を持たせ、フォローでフェースを空に向けるのがポイントだ。さらに、グリップの握り方によっても飛び過ぎを防げるので、ちょっとした応用テクニックも試してみよう。

左腕に余裕をもたせてフォローを出す

ボールを飛ばしたい時は左腕が体から離れないようにスイングするが、逆に飛ばしたくない時は左腕に少し余裕をもたせておく。フェース面の向きが変わらないようにターゲット方向にまっすぐ出していくことで、飛距離を抑えることができる。高さを出そうとすると右肩が下がったり、右足に体重が残ったりするので、高さを出す意識は捨てよう。むしろ低く打つ意識をもっておいたほうが、悪い体の動きを抑えられる。

飛ばしたくない時はフォローでフェースを空に向ける

フォローでフェース面が空を向くように振り抜くと飛距離を落とすことができる。バンスをしっかり使えるので砂を爆発させやすく、高さも出せる。体の正面からヘッドが外れないように振るのがポイントで、ヘッドを走らせないこと。胸、腕、手元、クラブの関係性を終始変えないように振れば、体の正面に常にクラブをキープできる。インパクトで右肩が下がりすぎないように注意しよう。

左手はウィークグリップで握ると飛びすぎを防げる

飛ばす距離を抑えたい時は、フェースの開閉をできるだけ抑えたい。そこで左手のグリップをウィークに握っておこう。ストロンググリップだとフェースが返りやすくなるので、飛び過ぎてしまう可能性があるからだ。ウィークに握って、その状態を変えないままフォローまで持っていく。フェース面の向きを変えずに、体全体の動きでボールを砂ごと運ぶようなイメージだ。この時、手が体から離れないように意識しよう。

▼もっとバンカーショットで飛距離を抑えるテクニックを見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|飛距離を抑えるテクニック

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|飛距離を抑えるテクニック

2020年06月20日

バンカーショットで高さを出したい時のテクニック

次に、バンカーからの脱出の際に高さを出したいときのテクニックをご紹介。ポイントは左足への体重の掛け方で、下から上の軌道ではなく上から下への軌道を描くことが必要になってくる。

アドレス時の左足体重をキープして振る

高さを出したい時ほどすくう打ち方になりやすいが、絶対に高さを出したいなら少し左足に体重をかけてそのままの状態で振ろう。ヘッドも高く上げる必要はなく、低い位置へ振り抜いていくこと。高さを出すには下から上の軌道ではなく上から下の軌道が必要になるため、左足体重のまま振るのがオススメだ。バンカーショットではいかに砂にヘッドを上手く入れられるかがテーマ。下に下に力を加えていこう。

左足下がりのバンカーショットのテクニック

バンカー内でも、球の入り方によっては左足下がりのライが残ってしまうことがある。左足下がりは球の高さを出しにくいので、いかにアゴをクリアするかがポイントになる。こうした状況ではピンに寄せることよりも、まずは脱出してグリーンにのせることを優先しよう。

バンカーの傾斜に沿ってクラブを振り抜く

左足下がりのアプローチと同じように基本的には傾斜なりに振っていく。この時、フェースにのった砂を最後までこぼさないイメージを持つと傾斜なりに振りやすくなる。傾斜に逆らって打ち込もうとするとボールが前に飛ぶ力が弱くなるので、脱出という最低目標も果たせなくなってしまう。砂をこぼさないようにして、手先だけで振ろうとせずに体全体でターゲット方向にクラブを出していこう。

高さを出したいからといって打ち込んでも、左足下がりからは球が上がらない。フェースを目一杯開いた状態にして、高さはクラブに任せよう。いかに傾斜に沿ってクラブを振り抜けるかが重要で、ヘッドの重さを感じながらフォローを出すと傾斜なりに振りやすくなる。要は下へ下へ力を働かせる必要があり、重力を利用することでそれを実現できる。グリップはガチガチに握らず、ヘッドの重さを感じられる程度が良い。

インパクトまで右ヒザの角度をキープし、フォローで左足を一歩出して歩き出してみよう

左足下がりのライは自然と左足に体重がのるが、その際に右足はヒザを折った体勢になる。この右ヒザの角度をキープすることでダウンスイングでの入射角が安定することを覚えておこう。傾斜地はバランスが崩れやすいので、左足1本で体を支えるのは難しい。そこで右足のヒザを意識して、その形が変わらないスピードで振るのだ。ヒザの角度が崩れるほど振らないことが重要になる。

そして、フォローで一歩右足を前に出す打ち方は、左足下がりで最もオススメしたい。打ち終わった後に歩き出すようなイメージをもってスイングすると、ボールを上げようとする動きが入りにくく、下に力を働かせやすくなる。また、ターゲット方向へエネルギーを伝えやすくなるため、ボールを前に飛ばしやすくなる。多少、ヘッドの入り方が悪くてもこの打ち方なら脱出させることはできる。

▼もっと左足下がりのバンカーショットのテクニックを見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|左足下がりの場合

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|左足下がりの場合

2020年06月24日

目玉の対処法

バンカーショットの中でも、砂に埋もれて目玉状態になっているボールを打つ際は慎重に対処したい。まずは一発で脱出するための基本的なテクニックをご紹介しよう。

脱出優先ならフェースをかぶせても良い

目玉の状態のボールを飛ばすために必要なことはボールの下にいかにヘッドを入れられるかがポイントになる。そのため、とにかく脱出させたいならフェースをかぶせたほうが、砂の中にヘッドを入れやすい。ただし、フェースをかぶせると高さを出すことができないことと、出球が強くなることは覚えておきたい。目玉の度合いによって判断して使い分けよう。

左肩をダウンスイングで下げてヘッドが下にいく力を大きくする

目玉から脱出させる時にポイントになるのが、ヘッドを砂の中にしっかり打ち込むことと、ボールにできるだけ前に飛ぶ力を加えることだ。そこで実践してもらいたいのが、ダウンスイングで左肩を下げる動き。通常、左肩を下げる動きはNGと思われがちだが、実は下に力を加えるには最適なのだ。左足に目一杯体重をのせながら、思い切ってダウンスイングで左肩を下げてみよう。

右ヒザを送る動きでクラブを下ろすと打ち急がなくなる

目玉状態のボールを目の前にすると、人間の心理として「強く打ち込まないと」という意識が強まって上半身に力が入ってしまう。そうなると、腕の力だけでクラブを下ろしてしまいがち。いわゆる手打ちだ。目玉のような特殊な状況ではある意味で上半身手動でも打てないことはないが、打ち急いでしまうと打点がずれるので、砂を打ち込まずにボールを叩いてしまって、ボールがさらに潜ってしまうこともある。切り返しからクラブを下ろす時に、右ヒザを左に少し送る動きをきっかけにすると打ち急がなくなる。

▼もっと目玉の対処法を見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|目玉の対処法

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|目玉の対処法

2020年06月29日

バンカーの硬さ別の対処方法

バンカーによっては、硬く締まっているところもあれば、柔らかいとこもある。硬いバンカーは比較的簡単だが、柔らかいバンカーはプロでも難しいという。そこで、砂の状態別の対処法をご紹介しよう。

砂が硬いバンカーは軌道のイメージをV字にする

砂が硬いバンカーはプロや上級者にとってはそれほど難しくないといわれる。理由は砂を取る量が一定になるからだ。一方、アベレージアマチュアにとっては硬い砂のバンカーはヘッドが弾かれるような感じがして嫌な印象を持つ人がほとんど。そこでバンカーの砂が硬い時に意識したいのがV 字軌道だ。コックを使ってやや鋭角にクラブを上げたら、コックをほどかずにインパクトし、さらにヘッドを高い位置に振り上げよう。

砂が柔らかいバンカーは右腕をインパクトで伸ばすように使う

砂が柔らかいバンカーショットはヘッドが砂に潜り過ぎるのを避けたい。そのためには、右腕を長く使うのが効果的だ。切り返しからダウンスイングにかけて、右腕を意図的に伸ばしていくのだ。ポイントはトップの段階では腕を伸ばさないこと。切り返してダウンスイングに入り、体を回転しながら伸ばしていく。するとインパクトエリアが長くなって、多少手前から入り過ぎてもボールを前に飛ばすことができる。

▼もっと砂の硬さ別の対処法を見てみる

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|砂の硬さ別の対処法

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|砂の硬さ別の対処法

2020年06月27日

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

あれ!?と思ったら確認しよう! ゴルフ用語集

今回ご紹介したアプローチの記事の中に出てきたゴルフ用語集。知っている人は確認用に、ぼんやり知っていた人はこの機会に、もう一度正しくゴルフ用語を復習してみよう。

アドレス

ボールを打つ前に構えること。スタンスの位置を決め、クラブをソールした時に、アドレスしたとみなされる。

インパクト

クラブのヘッドがボールに当たる瞬間のこと。

ウィークグリップ

左手の甲が目標方向を向くように握ったグリップ。左手のナックルが一つぐらいしか見えない握り方。

オープンスタンス

飛球線と平行に立って、右利きの場合だと、右足が前に出るスタンスのこと。

コック

バックスイングで手首を折り曲げること。コックを上手く使うことで、ヘッドスピードが上がり、パワーが増す。コックを使わないことをノーコック、リリースすることをアンコックという。

すくい打ち

ボールを上げようとして、クラブヘッドを下から上にすくう打ち方。この打ち方ではボールは上がらない。

スクエア

クラブフェースが飛球線に対して直角になること。目標に対して正しく構える際の表現でも使われる。

スタンス

アドレスした時の足の位置。ドライバーからアイアン、ウェッジと短いものに移行するほど、スタンス幅は狭くなっていく。

ダウンスイング

スイングでトップの状態からクラブを振り下ろす動作。

ノーコック

バックスイングで手首のコックを使わない打ち方。ボールの方向性は良くなるが、その分飛距離は落ちる。

フェース

クラブの打球面。

フォロースルー

スイングの中で、後半のインパクトからフィニッシュまでの動作。

▼練習に役立つ!ゴルフ用語集はこちら

レッスンにも役立つ!初心者のためのゴルフ用語集

レッスンにも役立つ!初心者のためのゴルフ用語集

2019年05月05日

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load