BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンカーショットが上達する! 基本の打ち方と攻略法で一発で脱出する

プロゴルファーや上級者は、「ラフから打つよりもバンカーショットのほうが簡単だ」と言うが、そのぐらい自信をもって打てるようになりたい。そこで、バンカーから一発で脱出させるための、スタンスや打ち方など基本からご紹介しよう。

バンカーショットの基本

バンカーの名手はピンの左側へ飛ばす

ターゲットに対してスクエアに構えるのがバンカーショットの基本だが、覚えておきたいのは、バンカーショットも通常のショットの延長線上にあるショットということ。つまり、ピンを狙っていきたいなら、バンカーショットであってもしっかりつかまったボールを打つ必要がある。だからピンよりもやや左に出球が飛ぶのは上手い人の共通点だ。

スクエアなアドレスが基本

バンカーショットのセオリーといえば「フェース面を開いて、オープンに立つ」といったものだが、よほどアゴが高かったり、ボールを高く上げなければならない状況以外はスタンスもフェースもスクエアでOK。フェースを開いてカットに打つのも間違いではないが、ある程度のパワーが必要なので、非力な人には向かないことも覚えておきたい。

スタンスは肩幅程度に開こう

基本スタンスは肩幅。バンカーショットも他のショットと同じように下半身の動きが重要になるため、あまり広げてしまうと足の動きが使えなくなってしまうのだ。しっかり全身を使って打つことがバンカーショットの極意と知ろう。

ノーコックで打つとエネルギーロスが少ない

バンカーショットはインパクトで砂の抵抗を受けやすいショットだ。できるだけエネルギーロスを避けるために、コックはできるだけ抑えて打とう。コックを抑えれば、砂が取れる量も一定になり、距離感をコントロールすることにもつながる。また、エネルギーロスが少ないということはしっかり飛距離が出せる。逆にいえば、コックを使う打ち方は飛ばしたくない時に使う打ち方ということになる。

バンカーショットの体重配分は左右5対5が基本

体重配分は左右5対5が基本になる。しっかり足場を固定させて、バランスを崩さない状態を作ることがバンカーショットを成功させる条件だ。球を高く上げたい気持ちがあると右足に体重がのりがちなので、その点には注意したい。体重配分に加えて意識したいのが重心だ。球を高く上げようとすると重心が上に行きやすいので、重心を下げてどっしりと構えることが必要だ。

基本的なバンカーショットなら体重配分は左右5対5。しっかり重心を落として下半身を安定させておこう。

ボールは体の真ん中にセットする

ボール位置は、スタンスとフェースの向きをスクエアにセットするなら両足の真ん中で良い。よく左足のかかと線上と言う表現をするが、それはオープンスタンスで構えている時にそう見えるだけで、自分から見た場合は体の正面のほぼセンターに来るのが正しい位置だ。また、スタンス幅は肩幅が基準になる。広げるほど下半身が安定するが、腰が回りにくくなるため、スムーズに体を回せるスタンス幅が好ましい。

両足のスタンスをスクエアにセットし、ボールはその真ん中にセットする。基本の形を作っておくことで砂が取れる量も一定になる。

軌道はストレートでOK

スクエアに構えて、軌道もまっすぐに引いてまっすぐ出すイメージ。砂の抵抗が強くなることを除けばほぼアプローチと同じ打ち方で問題ない。大事なのはダウンスイングで手元を右足の前に入れてこれるかどうか。手が体から離れると、トップしたり、ダフリすぎたりというミスにつながる。また、ターゲットに対してストレートに振ることで、エネルギーを前に働かせることができるので多少ダフリ過ぎても脱出はできる。

【左】ボールを上げようとするとヘッドが下から入りやすくなる。クラブが寝ると歯から当たるか、手前を大きくダフることになる。
【右】オープンスタンスに構えた時の弊害の一つは右肩が前に出やすくなること。軌道がカットになり過ぎてザックリになる可能性が高い。

フェースをシャットに使うとまっすぐ上げやすい

バンカーショットのヘッド軌道のイメージはストレートで良い。ただし、ヘッドだけをまっすぐに動かそうとすると体から手が離れてしまうので、あくまでも体の回転に沿って腕とクラブを動かそう。「ストレート」とは、手首を使って開閉させる必要はないという意味だ。ストレートに上げる時に少しフェースをシャット気味するとターゲットラインに対してまっすぐ上がりやすい。フェース面が常にボールを向いている感覚で振ろう。

手首を返さずにインパクトに力を集中

プロや上級者の中でもバンカーショットが上手い人はインパクトで「パーン」と乾いた良い音がする。これはインパクトでエネルギーが逃げていない証拠だ。ポイントは体の正面でしっかりインパクトすること。そのためには手首の余計な動きを抑えて、ソールから砂に着地させていこう。

ピンまで距離がある場合のバンカーショット

左ワキを締めたまま振り抜く

ピンまで距離があって、しっかり飛ばしたい時は左ワキを絶対に緩めないこと。左ワキを締めたままフォローまで振り切ろう。大きく振ろうとすると腕が体から離れやすくなるので注意が必要だ。腕が体から離れると、仮に上手くコンタクトできたとしても当たり負けをしたり、地面に跳ねられたりする可能性がある。しっかりインパクトして振り切るために、左ワキの締まりはマストだ。
左ワキは意識していないと開きやすくなる。極端に締めてちょうど良い。インパクトで当たり負けしなくなる。

体の回転と同調させながらフェースをターンさせていこう

飛距離を出したいシチュエーションでは少しフェースを返しながらフォローまで振っていきたい。この時、上の項目で説明したように左ワキが開かないのが前提で、フェースをターンさせていこう。手首だけでこねる返し方ではなく、体の回転と同調させながら返していくのがポイントで、ヘッドのトゥ側をターゲット方向に向けていくようなイメージで振ると自然にターンしてくれる。

左手をストロンググリップで握ると、インパクトからフォローにかけてフェースをターンさせやすくなる。

手首だけを返すと引っ掛けになるので注意。体の回転と腕の動きをシンクロさせながら振り抜いていく。

飛ばしたい時はフォローでフェース面を下に向ける

飛ばしたい時は左腕が体から離れないように振ると説明したが、その際に左腕をたたんでフォローでフェース面が地面を向くように振ると、左ワキが開きにくくなる。注意点としては手先の動きだけでこの動きを行わないこと。体の回転と腕の動きをリンクさせながら行う必要がある。体を止めて手先でやるとトップして大オーバーなんて可能性もあるので注意しよう。

フェース面をフォローで地面を向けるように振る。体の回転を止めずに左ワキを締めながらスイングするのがコツだ。

ピンまで距離が短い場合のバンカーショット

飛ばしたくない時はフォローでフェースを空に向ける

フォローでフェース面が空を向くように振り抜くと飛距離を落とすことができる。バンスをしっかり使えるので砂を爆発させやすく、高さも出せる。体の正面からヘッドが外れないように振るのがポイントで、ヘッドを走らせないこと。胸、腕、手元、クラブの関係性を終始変えないように振れば、体の正面に常にクラブをキープできる。インパクトで右肩が下がりすぎないように注意しよう。

体の回転に対してヘッドが体を追い越さなければフェースは返らない。返さずに振ればどれだけ強く振っても飛び過ぎることはない。

コックをキープすると飛距離を抑えられる

ピン位置が近かったり、奥からの下りだったり、飛距離を抑えたい時はコックを多めに入れると良い。入射角が鋭角になり砂が取れる量が増えるので、強く入れても飛びにくくなる。言い換えるとエネルギーロスの大きい打ち方で、ある程度思い切って打ち込んでいく必要がある。力を加減して緩めてしまうと、バンカーから脱出できなくなってしまうので注意しよう。

テークバックで早めにコックを入れたらそのコックをキープしたままインパクトする。コックがほどけるとただのダフリになる。

インパクトで手が前に出過ぎないように注意。手が前に出るほど深くヘッドが刺さるので、バンカーからの脱出が難しくなる。

左腕に余裕をもたせてフォローを出す

ボールを飛ばしたい時は左腕が体から離れないようにスイングするが、逆に飛ばしたくない時は左腕に少し余裕をもたせておく。フェース面の向きが変わらないようにターゲット方向にまっすぐ出していくことで、飛距離を抑えることができる。高さを出そうとすると右肩が下がったり、右足に体重が残ったりするので、高さを出す意識は捨てよう。むしろ低く打つ意識をもっておいたほうが、悪い体の動きを抑えられる。

左腕に少し余裕をもたせよう。

ウィークに握ると飛びすぎを防げる

飛ばす距離を抑えたい時は、フェースの開閉をできるだけ抑えたい。そこで左手のグリップをウィークに握っておこう。ストロンググリップだとフェースが返りやすくなるので、飛び過ぎてしまう可能性があるからだ。ウィークに握って、その状態を変えないままフォローまで持っていく。フェース面の向きを変えずに、体全体の動きでボールを砂ごと運ぶようなイメージだ。この時、手が体から離れないように意識しよう。

左手はウィークグリップでしっかりと握っておく。あとは体を回しながらクラブを上げて下ろすだけで飛距離は抑えられる。

飛ばしたくない時はフェースを開くのもあり

バンカーショットの基本は、フェースを開かなくて良いと説明したが、ピンが近い場合など飛距離を出したくない時にはフェースを開くという選択肢もある。フェースを開く時の注意点としては、アドレス姿勢をとってフェースを開いてからグリップを握りなおすこと。このセットアップさえきっちり完成させておけば、あとはスクエアに構えた時と同じように振るだけだ。

頭に入れておきたいのはフェースを開いて飛ばない構えにしているのだから、スイングの強弱でインパクトを調整しないことだ。

左足下がりの場合のバンカーショット

左足下がりのライではコックを積極的に使う

バンカー内でも、球の入り方によっては左足下がりのライが残ってしまうことがある。左足下がりは球の高さを出しにくいので、いかにアゴをクリアするかがポイントになる。こうした状況ではピンに寄せることよりも、まずは脱出してグリーンにのせることを優先しよう。左足下がりは後ろ側の斜面が邪魔になるので、テークバックでコックを入れてヘッドを高い位置に素早く上げる。やや鋭角な軌道をイメージしておこう。

ボールの後ろ側の斜面にヘッドが当たらないように鋭角にクラブを上げる。この時、右足を少し後ろ側に引いておく。

ノーコックで上げようとすると後ろ側の斜面が邪魔になる。左足下がりでは軌道は鈍角ではなく鋭角をイメージしよう。

フェース面の砂を最後までこぼさない意識をもつ

左足下がりのアプローチと同じように基本的には傾斜なりに振っていく。この時、フェースにのった砂を最後までこぼさないイメージを持つと傾斜なりに振りやすくなる。傾斜に逆らって打ち込もうとするとボールが前に飛ぶ力が弱くなるので、脱出という最低目標も果たせなくなってしまう。砂をこぼさないようにして、手先だけで振ろうとせずに体全体でターゲット方向にクラブを出していこう。

練習場などで試す機会があれば実際に砂をフェース面にのせて、ヘッドを動かしてみると体の使い方を理解できる。

クラブの重さを利用すると傾斜なりにヘッドを出せる

高さを出したいからといって打ち込んでも、左足下がりからは球が上がらない。フェースを目一杯開いた状態にして、高さはクラブに任せよう。いかに傾斜に沿ってクラブを振り抜けるかが重要で、ヘッドの重さを感じながらフォローを出すと傾斜なりに振りやすくなる。要は下へ下へ力を働かせる必要があり、重力を利用することでそれを実現できる。グリップはガチガチに握らず、ヘッドの重さを感じられる程度が良い。

プロがフォローで左手1 本でクラブを持っているシーンを見かけるが、あれはクラブの重さを利用してフォローを出しているからだ。

インパクトまで右ヒザの角度をキープ

左足下がりのライは自然と左足に体重がのるが、その際に右足はヒザを折った体勢になる。この右ヒザの角度をキープすることでダウンスイングでの入射角が安定することを覚えておこう。傾斜地はバランスが崩れやすいので、左足1本で体を支えるのは難しい。そこで右足のヒザを意識して、その形が変わらないスピードで振るのだ。ヒザの角度が崩れるほど振らないことが重要になる。

フォローで左足を一歩出して歩き出してみよう

左足下がりで最もオススメしたい打ち方がフォローで一歩右足を前に出す打ち方。打ち終わった後に歩き出すようなイメージをもってスイングすると、ボールを上げようとする動きが入りにくく、下に力を働かせやすくなる。また、ターゲット方向へエネルギーを伝えやすくなるため、ボールを前に飛ばしやすくなる。多少、ヘッドの入り方が悪くてもこの打ち方なら脱出させることはできる。

クローズスタンスにすると前傾角度を最後までキープできる

ボールを上げようとすると必ず起こるのが、インパクトで体が浮く動き。いかに前傾角度をキープしたまま、ヘッドをボールの下に入れられるかが重要だ。そのために右足を少し後ろ側に引いて、ダウンスイングでクラブの通り道を確保しておこう。クラブが入ってくる場所があれば、あとはターゲット方向に振り抜くだけ。インパクトで詰まる動きがミスの原因になることを覚えておこう。

左足下がりで球を上げにくい状況でも、右足を少し後ろに引いておいたほうがクラブをストレートに動かしやすい。

クラブを下ろすスペースがないと、インパクトで詰まる動きになりやすい。そうすると手元が浮いてミスが出る。

打ち終わった後も胸を下に向ける意識をもつ

バンカーショットでミスが出る理由の一つがヘッドアップだ。脱出できるかどうか不安を抱えながらスイングすると、ついつい打った方向を早く見てしまいがち。特に左足下がりは少しでも体や顔が上がるとミスに直結するだけに、しっかり前傾角度をキープし続けることが必要になる。そのためには、打ち終わった後も胸を下に向けておくつもりでスイングすると良い。

球の行方が気になるとヘッドアップしたり、手元が浮いたりといったミスにつながり、バンカーから脱出できなくなるので注意しよう。

目玉から確実に脱出する方法

脱出優先ならフェースをかぶせても良い

目玉の状態のボールを飛ばすために必要なことはボールの下にいかにヘッドを入れられるかがポイントになる。そのため、とにかく脱出させたいならフェースをかぶせたほうが、砂の中にヘッドを入れやすい。ただし、フェースをかぶせると高さを出すことができないことと、出球が強くなることは覚えておきたい。目玉の度合いによって判断して使い分けよう。

フェースをかぶせると砂に中にヘッドを打ち込みやすくなる。高さが出せず、出球が強くなりやすいことは覚えておこう。

目玉でも柔らかく出したいならフェースは開く

よく目玉からはフェースをかぶせる打ち方が推奨されるが、目玉からでも柔らかい球を打ちたい時はフェースを開いて構えよう。バウンスが邪魔になって砂の中にヘッドが入りにくくなるように思うかもしれないが、ちょっとした打ち方の工夫でヘッドをしっかりと打ち込むことができる。この時、砂の抵抗に負けないようにグリップはある程度しっかり握っておこう。

目玉からフェースを開いた状態で打つと、距離こそ出せないものの、砂ごと打ち出すので意外にもふわりと柔らかい球が打てる。

コックをキープしたままインパクトする

ボールの真下にヘッドを打ち込むためのポイントは、コックを絶対にほどかないことだ。いわゆるハンドファーストの状態でインパクトすることを意識しよう。トンカチで釘を打つのと同じで、手首の角度がキープされているほうが強く叩ける。ただし、ボールに対して強く打ち込む意識が強いと、腕だけの力で打ち込もうとしてコックがほどけてしまう。それでは脱出できないので注意しよう。

トンカチで釘を打つ時にスナップを利かせるのと同じように、手首の角度をキープしてハンドファーストでインパクトしよう。

超コックでヘッドを高い位置に上げる

フェースを開いて目玉状態のボールを打つためのちょっとした工夫というのが、ヘッドの重さを利用する打ち方だ。ヘッドの重さを利用するためには、テークバックでヘッドを高い位置へ持ち上げる必要がある。そのためには、コックを早めに入れるのがポイント。目玉状態のボールはかなり大きく振っても飛び過ぎることはないので、勇気を持って大きく振りかぶろう。

コックは左手の親指方向へ上げていくイメージ。自分の中でかなり積極的に手首を折っていく感覚でクラブを高く上げる。

左肩をダウンスイングで下げてヘッドが下にいく力を大きくする

目玉から脱出させる時にポイントになるのが、ヘッドを砂の中にしっかり打ち込むことと、ボールにできるだけ前に飛ぶ力を加えることだ。そこで実践してもらいたいのが、ダウンスイングで左肩を下げる動き。通常、左肩を下げる動きはNGと思われがちだが、実は下に力を加えるには最適なのだ。左足に目一杯体重をのせながら、思い切ってダウンスイングで左肩を下げてみよう。

バンカーはダフってもOK!

ダウンスイングで右肩が下がってしまうと、ボールのかなり手前にヘッドが落ちるので脱出が難しくなる。

右ヒザを送る動きでクラブを下ろすと打ち急がなくなる

目玉状態のボールを目の前にすると、人間の心理として「強く打ち込まないと」という意識が強まって上半身に力が入ってしまう。そうなると、腕の力だけでクラブを下ろしてしまいがち。いわゆる手打ちだ。目玉のような特殊な状況ではある意味で上半身手動でも打てないことはないが、打ち急いでしまうと打点がずれるので、砂を打ち込まずにボールを叩いてしまって、ボールがさらに潜ってしまうこともある。切り返しからクラブを下ろす時に、右ヒザを左に少し送る動きをきっかけにすると打ち急がなくなる。

左ヒジを緩めておくと逆に力を入れられる

クラブの重さを利用して砂を爆発させるには、クラブの重さを感じながらインパクトする必要がある。「手首の角度をキープしたままインパクトするように」と前述したが、そのためには、切り返しからインパクトにかけて左ヒジをピンと張らずに緩めておくと良い。これだけのことでヘッドが砂にかなり入りやすくなり、ヘッドが遅れて下りてくる=ハンドファーストでインパクトできる。

左ヒジを緩めておくとヘッドが遅れて下りてくるので、上から打ち込みやすい。力を下に加えやすくなる。

上半身に力が入ると腕にも力が入ってピンと伸ばした状態になりがち。腕が伸びた状態だと力は発揮できない。

バンカーの硬さ別の対処法

プロゴルファーや上級者は、「ラフから打つよりもバンカーショットのほうが簡単だ」と言うが、そのぐらい自信をもって打てるようになりたい。そこで今回は砂の硬さによって変わってくるバンカーショットの打ち方をご紹介しよう。

砂が硬いバンカーは軌道のイメージをV字にする

砂が硬いバンカーはプロや上級者にとってはそれほど難しくないといわれる。理由は砂を取る量が一定になるからだ。一方、アベレージアマチュアにとっては硬い砂のバンカーはヘッドが弾かれるような感じがして嫌な印象を持つ人がほとんど。そこでバンカーの砂が硬い時に意識したいのがV 字軌道だ。コックを使ってやや鋭角にクラブを上げたら、コックをほどかずにインパクトし、さらにヘッドを高い位置に振り上げよう。

スイング中は手首を横にこねる動きではなく、縦にコックを使うイメージをもってV 字軌道で振ると、砂が硬くても地面にヘッドが弾かれることがなくなる。

砂が柔らかいバンカーは右腕をインパクトで伸ばすように使う

砂が柔らかいバンカーショットはヘッドが砂に潜り過ぎるのを避けたい。そのためには、右腕を長く使うのが効果的だ。切り返しからダウンスイングにかけて、右腕を意図的に伸ばしていくのだ。ポイントはトップの段階では腕を伸ばさないこと。切り返してダウンスイングに入り、体を回転しながら伸ばしていく。するとインパクトエリアが長くなって、多少手前から入り過ぎてもボールを前に飛ばすことができる。

切り返しからダウンスイングにかけて、体をしっかりと回しながら右腕を意図的に伸ばしていくとインパクトエリアが長くなる。砂が柔らかい時に効果的なテクニックだ。

砂をできるだけ浮く取るためにノーコックで振る

プロでも難しいというのが柔らかい砂のバンカーショット。理由はヘッドが砂の中に入りすぎる可能性があるからで、どれだけ飛んでどれだけ転がるかが計算しにくくなる。砂はできるだけ薄く取りたいので、コックは入れずにノーコックで入射角とヘッドを抜いていく角度を鈍角にしておこう。砂が柔らかくても砂の取れる量が一定になれば、距離感は安定する。あとはスイング中に体の上下動が起こらないようにしよう。

テークバックでできた手首の角度をキープしたままダウンスイングする。コックを入れるほど入射角は鋭角になってしまう。

フォローでも手首をこねることをせずに体のターンでヘッドを出していく。手首を使うと入射角がバラバラになりやすい。

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load