BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

日本シャフト(N.S.PRO)最新ゴルフシャフト|ゴルフギアブランド図鑑

日本シャフト(N.S.PRO)ってどんなブランド?

世界中のゴルファーのニーズを満たす
ブランド哲学である「REALIZING GOLFERS’ DREAMS」のもと、ツアープロだけでなく世界中のゴルファーのニーズを満たすゴルフシャフト開発を進める。ブランドの名を広く知らしめた『N.S.PRO950』に始まり、『MODUS³』、『Regio』、『Zelos』と、ヒットシリーズを次々と生み出している。

高い技術力で画期的な製品を生み出す

スチールシャフトの開発・製造において、他の追随を許さないほど技術力が高いとされている日本シャフト。すべての製品は長野県・駒ヶ根にある自社工場で生産しており、世界中のゴルファーに愛されている。

代表的なテクノロジーの一つが、シャフト全長で部分別に自在に材料硬度を変化させる独自の熱処理技術「マルチヒートトリートメント(M HT)テクノロジー」だ。スチールシャフトは一般的に、先端から手元まで一定の硬度で仕上がるため、カーボンシャフトのように弾き感や粘り感を演出するのは難しい。これを解消し、フィーリング面でのコントロールを可能にしたのがMHTテクノロジーで、一部の『モーダス³』シリーズに採用されている。

また、部分別に自在に肉厚を変化させる肉厚調整技術「マルチシェイプアジャストメント(MSA)テクノロジー」をもっているのも日本シャフトの強みで、設計の自由度を大幅に高めることに成功している。

最近ではスチールとカーボンを複合したハイブリッド用シャフトを開発するなど意欲的なチャレンジを続けており、今後もゴルフシャフトのマーケットをリードするブランドであることは間違いない。

日本シャフト(N.S.PRO)の2021最新シャフト

N.S.PRO Regio Formula MB+

シリーズ史上最も飛距離性能に特化したプレミアムモデル。シャフト全体がバランス良くしなる剛性でしっかりと叩けるフィーリングながら、先端剛性の高いシャフトにありがちな“もたつき” がなく、フィニッシュまで気持ち良く振り抜ける。

【インプレッション】『レジオ』&『モーダス³』

シャフトは単体の性能やフィーリングだけでなく、全体の流れが大切。日本シャフトの『レジオ』+『モーダス³』なら間違いはない。そこで、幅広いメディアで活躍するクラブコーディネーター・鹿又芳典氏が注目のシャフトをインプレッション。

一貫性のあるセッティングがパフォーマンスを高める

手元がしなって先端の剛性が高い、いわゆる手元系のシャフトは、左を気にせずに強いインパクトができるのが強みです。そのイメージで『レジオフォーミュラMB+』を打つと、それにプラスしてスピード感があって、ヘッドが気持ち良く走ってくれます。つまり、手元系のタイミングの取りやすさや方向安定性を生かしつつ、飛距離アップも期待できる。今までなかった“ニュー手元系”のシャフトですね。

この特性は、多くのクラブメーカーが標準採用している『モーダス³ツアー105』とベストマッチ。どちらもクセがなく、今どきの慣性モーメントの大きいクラブにも合いますので、ぜひ組み合わせて使ってほしいですね。

シャフトのセッティングに一貫性があると、同じ感覚、同じタイミングで振れるのでゴルフのパフォーマンスが間違いなく上がります。言い方を変えると、ゲームを組み立てやすくなるんです。

日本シャフトにはハイブリッド用シャフトの『モーダス³スハイブリッド』、ウェッジ用シャフトの『モーダス³ウェッジ』もあり、ラインナップが豊富です。ドライバーやフェアウェイウッドは『レジオフォーミュラMB+』、アイアンは『モーダス³ツアー105』をチョイスして、あとは目的に応じてハイブリッドやウェッジのシャフトを決めれば、理想的なシャフトセッティングが作れます。

N.S.PRO Regio Formula MB+

叩けるフィーリングと爽快なスピード感とを兼備
シリーズ史上最も飛距離性能に特化したプレミアムモデル。シャフト全体がバランス良くしなる剛性でしっかりと叩けるフィーリングながら、先端剛性の高いシャフトにありがちな“もたつき” がなく、フィニッシュまで気持ち良く振り抜ける。

【Kanomata’s Impression】
ミート率と飛距離を両立するニュー手元系シャフトですタイミングが取りやすく、叩ける手元系でありながらスピード感がある。今までにない手元系シャフトで、幅広いゴルファーに合いそうです。

SPEC
○キックポイント:中元調子 ○フレックス:TYPE45(R、S)、TYPE55(R、S、X) TYPE65(SR、S、X)TYPE75(S、X) ○価格:60,500円

N.S.PRO MODUS³ TOUR105

ツアープロも認めるアイアン用スチールの新定番
ツアーライトウェイト仕様モーダス。軽量化を図りながら、独自素材の使用と高めの先端剛性のマッチングにより、ヘッドスピードアップを実現する。優れた直進性と飛距離の安定性を高次元で両立し、PGAツアーでも高い支持を得ている。

【Kanomata’s Impression】
幅広いヘッド&ゴルファーにマッチすると思います。手元がしなってタイミングが取りやすい。様々なヘッド、幅広いゴルファーに合うと思います。軽いので少し長めのレングスで組むのもおすすめ。

SPEC
○キックポイント:元調子 ○フレックス:R、S、X ○価格:オープン

N.S.PRO MODUS³ WEDGE

操作性と安定性にこだわったウェッジ専用モーダス
最新の熱処理技術によりシャフトのフィーリングを自在にコントロール。ハイレベルな操作性、安定性(方向性、スピン量)を実現した。重量と特性が異なる『105』、『115』、『125』の3モデルをラインナップ。

SPEC
○キックポイント:中調子 ○重量(g):111、122、133 ○価格:オープン

N.S.PRO MODUS³ HYBRID Graphite On Steel Technology

スチール+カーボンでPGAツアーの要望に応えた
超軽量スチールとカーボン積層を特殊接着技術で合体させたハイブリッド用シャフト。PGAツアー選手の要望で開発された。重さと硬さ、ソリッドな打感、方向安定性、スピンコントロール性能を兼ね備える。

SPEC
○キックポイント:元調子 ○フレックス:S、TOUR S、X、TOUR X ○価格:27,500円

日本シャフト(N.S.PRO)シャフトの歴史

【1999〜】N.S.PRO 950GH、950 NEO

超ロングセラーシャフトの歴史がスタート
1999年当時、カーボンシャフト一色だったゴルフシャフトのトレンドを「スチールシャフトに回帰させたい」との想いで開発されたのが『N.S.PRO 950GH』だ。カーボンシャフトの様に楽にボールが上がって飛距離が出しやすく、かつスチールシャフトならではのしなやかでソリッドなフィーリングを両立するために、当時は「超軽量」といわれた90g台に設定。これがアマチュアゴルファーの体力やスイングにマッチし、20年以上にわたって愛されるブランドへと育つことになる。

【2011〜】N.S.PRO MODUS³ TOUR120、N.S.PRO MODUS³ TOUR130、N.S.PRO SYSTEM3 MODUS³ TOUR125、N.S.PRO MODUS³ TOUR105

グローバル戦略で『MODUS³』が誕生
N.S.PROの名が国内で認知される一方で海外ではまだまだシェアが低かった。調査の結果、「PGAツアーで使われていないシャフトはどれだけ優れていても認知されない」という一つの” 答え” が見つかった。そこでPGAツアー選手のニーズを満たすために開発を始めたのが『MODUS³』シリーズだ。以降、「N.S.PRO」の使用選手は着実に増え続け、2016年に全英オープン、2017年にはマスターズの優勝に貢献。累計販売本数650万本(同社出荷実績)達成するまでになった。

【2012〜】N.S.PRO Regio Formula、N.S.PRO Regio Formula M+、N.S.PRO Regio Formula B+

飛距離と『MODUS³』とのマッチングを追求
以前から『N.S.PRO 950GH』とマッチさせたカーボンシャフト『GT』シリーズを開発していたが、より飛距離を追求し、かつ『MODUS³』シリーズとのマッチングを考えたのが『Regio Formula』だった。その後、『MODUS³』のラインナップ拡充に合わせて『Regio Formula』のラインナップも広がり、最近ではよりシャープに叩ける『Regio Formula+』シリーズもラインナップに加わっている。

【2014】N.S.PRO Zelos 7、N.S.PRO Zelos 6、N.S.PRO Zelos 8

超軽量スチールシャフトブームの先駆け
50g台のカーボンシャフトに匹敵するしなり具合と、スチールシャフトならではのキレのあるシャープな手ごたえとの両立を目指したモデルが『Zelos』だ。スチールシャフトは鉄の板一枚で作られているため、軽量化をすればそのぶん肉厚が薄くなって強度低下につながる。これを解消するべく、軽さと強度、粘り気を兼ね備えた素材の開発から着手。およそ2年半の材料開発期間を経て、『Zelos』が生まれた。

日本シャフト(N.S.PRO)基本情報

本拠地:日本/設立年:1959年
名称の由来:文字通り「NIPPON SHAFT」の頭文字で、「ものづくりのプロ」としてのプライド、「プロに愛されるブランドになる」という想いを込めて名付けられた。
問い合わせ:日本シャフト(045-782-2562)
日本シャフト公式サイト

もっと他のブランドの最新ギアを見る

ゴルフ用品メーカー(ブランド)を完全網羅!2021最新クラブ&シャフトや特徴を徹底紹介

ゴルフ用品メーカー(ブランド)を完全網羅!2021最新クラブ&シャフトや特徴を徹底紹介

2021年05月18日

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load