BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ファスト・ワン・ポット・レシピ|小雀陣二のキャンプ料理の王様

アウトドアに身を置くだけでも心地よい春のキャンプシーズンが到来! 調理の手間を究極まで省き、たったひとつの鍋で作れてしまう「ワンポットレシピ」があれば、外遊びの時間がたっぷり確保できそうです!

だれもがシアワセ。究極の時短レシピ

今回のテーマ名になっている『ポット』とは、“鍋”の英語名。たとえばポットラックパーティといえば集まるメンバーが鍋などでそれぞれ食べ物を持ち寄って楽しむ……というアメリカの気軽なパーティー形式のことで、近年の日本でも少しずつ知られるようになった。

「今回はワンポットという名のとおり、『ひとつの鍋で調理が完結する』というレシピをご紹介したいと思います。アメリカではスタンダードな調理法で、日本では数年前に人気を博したワンポットパスタという言葉に耳なじみがある人もいるかもしれません。ですが、じつはパスタにとらわれないでいろいろな料理を楽しめるのがワンポットレシピの魅力なんです」と、我らキャンプ料理の王様チュンチュンは語る。

本企画では材料をポットに放り込んで煮込むだけ、さらには火を使わず混ぜるだけ……という、手間を省いた究極の時短レシピを5品ご用意。手軽においしく片づけもラクという、だれもがシアワセな料理をぜひ春のキャンプでお試しあれ!

簡単、時短、ラクな後片づけ……いいことづくめ! One Pot Recipeの魅力

ワンポットレシピの調理方法は単純明快だ。好みの食材を最適な大きさにカットし、ひとつの鍋で煮込んだり混ぜたりするだけ。火が通るまでの時間にだけ注意し、あとは大胆に楽しんでみよう!

使う食材は、根菜類など火が通りにくいものは小さく切り、トマトやブロッコリーといった煮崩れしやすいものはそれを想定しスープのように食べられるレシピにするなど、臨機応変に考えればいい。

今回のオイル煮やパスタ、スープのように火を入れることで食材から染み出る旨味がひとつの鍋の中でどう合わさっておいしくなるか……を、一度頭のなかでイメージすれば、食材をアレンジしてまた楽しめる。

Recipe_1 ナスチキンオイル煮

じっくり染み出した旨味を堪能

ひたひたのオリーブオイルで食材を煮込むのが本レシピ。チキンとナスは大きさを合わせてカット。ニンニクの他、とうがらし、ハーブを用いることで、どんな香りや旨味がポットの中で表現されるのだろうか?

  • 使用ポット:スキレット
  • 調理方法:煮込む
  • 調理目安時間:15分

材料

①鶏モモ肉 300g(ひと口大にカットし塩を少し揉み込んでおく)
②ナス 中2本(厚めの輪切り)
③ニンニク 2かけ(潰して皮を剥き、芽も取り除く)
④とうがらし 3本
⑤タイム 2本
⑥ローリエ 1枚
⑦オリーブオイル 適量
その他:茹でたブロッコリー1房、バゲット6枚、塩・ブラックペッパー適量

作り方

1.鶏モモ肉、ナス、ニンニクをスキレットに並べ、とうがらし、タイム、ローリエを乗せる。

2.具材がひたひたになるまでオリーブオイルを加える。

3.中弱火で熱して煮込み、ナスと鶏肉に火が通ったら、茹でたブロッコリーとバゲットを添えてできあがり!

ポイント

一度熱が入ると冷めにくい、蓄熱性に優れた鋳鉄製のスキレットを使います。肉厚にカットしたナスが、中弱火で染み出させた鶏肉やハーブの旨味、香りたっぷりのオイルをしっかりと吸い、とろけるような食感が楽しめます!

Recipe_2 トマトマッシュルームスープ

これ以上手間の省きようがない

材料の段階ですでにおいしそうなビジュアル! トマトを主役に、ダシの出るマッシュルーム、甘みのあるタマネギ、コク出しのバターなど。間違いない組み合わせに期待度特大。たった10分でできてしまう味わい深いスープ。スプーンで簡単に崩れる柔らかなトマトをご堪能ください。

  • 使用ポット:ダッチオーブンなどの大鍋
  • 調理方法:煮込む
  • 調理目安時間:10分

材料

①トマト 3個(ヘタを切り落とす)
②マッシュルーム 1パック(半分にカット)
③タマネギ 1個(スライスする)
④バター 20g
⑤タイム 2本
⑥ブイヨンキューブ 1個
⑦塩 適量
その他:イタリアンパセリ 適量、ブラックペッパー 適量

作り方

1.トマトを中央に、まわりにタマネギ、マッシュルーム、タイムを入れる。

2.バター、ブイヨン、塩、水800㎖を加え、中火で10分煮込む。

3.トマトに火が通ったら、塩で味を調え、ブラックペッパー、イタリアンパセリを散らす。

ポイント

ヘタを取ったトマトを中心に食材を散らし、調味料と水を加えてあとは煮込むだけ。柔らかくなったトマトから出る、ほどよい酸味が口の中に広がります。材料をアレンジすれば和風でも中華風でも取り入れられますよ!

Recipe_3 ミックスツナサラダ

ひとつのボウルですべて調理完結

大きめのボウルに好みの生食できる野菜や豆類を放り込み、ざくざくと混ぜるだけのスピードサラダ。脂肪分が少なくあっさりしているカッテージチーズは、混ぜやすい粒状(そぼろ状)タイプが使いやすい。

  • 使用ポット:サラダボウル
  • 調理方法:混ぜる
  • 調理目安時間:5分

材料

①ツナ 1缶
②クルミ 大さじ1
③カッテージチーズ 1パック
④ミックスビーンズ 1袋
⑤ブロッコリースプラウト 1パック
⑥サニーレタス 4枚(小さめにちぎる)
【ドレッシング】
砕いたクルミ 大さじ1、ビネガー 大さじ1~2、メイプルシロップ 小さじ1(砂糖ひとつまみでも可)、オリーブオイル 大さじ2、塩・ブラックペッパー 適量

作り方

1.器にレタスを小さめにちぎって入れ、ブロッコリースプラウトをひとつかみ加える。ミックスビーンズ、ツナ、クルミも加え、カッテージチーズを崩して入れる。

2.ドレッシングの材料をすべて加える。

3.食べる前に全体をよく和えて混ぜる。

ポイント

包丁いらずで作れてしまう、手軽なスピードサラダ。生で食せるお好みの野菜を加えて、自分流にアレンジしてみては?

Recipe_4 ブロッコリーと ベーコンのパスタ

料理の締めも手間入らず

ある程度煮込み時間が必要なパスタと、比較的火が通りやすい野菜やキノコをひとつの鍋で調理すると、さてどうなるか? このレシピでのブロッコリーは、早く煮崩れないように大きめの房でカットするのがポイント。

  • 使用ポット:ダッチオーブン
  • 調理方法:煮込む
  • 調理目安時間:15分

材料

①ベーコン 150g(ひと口大にカット)
②シメジ 50g(手で割いて細かく)
③パスタ 300g
④タマネギ 1/4個(スライスする)
⑤ブロッコリー 1房(小分けにする)
⑥ニンニク 1かけ(潰して皮を剥き、芽も取り除く)
⑦バジルペースト 大さじ1
⑧松の実 大さじ1
⑨塩 適量
その他:オリーブオイル 大さじ2、ブラックペッパー 適量

作り方

1.ブロッコリー、ベーコン、シメジ、タマネギ、ニンニク、パスタを鍋に並べ、とうがらし、バジルペースト、松の実、オリーブオイル、塩小さじ2を乗せる。

2.具材が隠れるくらいの水を加えて、中火にかける。

3.途中、焦げ付かないようにかき混ぜながら煮込む。パスタが好みの硬さに茹で上がったら、よく混ぜて塩で味を調え、ブラックペッパーを振ればできあがり!

ポイント

ポイントは水加減。途中で水分が足りなかったと判断したら臨機応変につぎ足し、パスタが頃合いになるまで調整を。

Recipe_5 アップルチーズパイ

混ぜるだけなのに、お味はまさに

ガラス皿のなかでまさに「アップルチーズパイ」の味わいを再現した、火を使わない超時短デザート。味のポイントはなめらかでさわやかな風味をもつマスカルポーネチーズと、シナモンパウダー。ぜひ取り入れてみて!

  • 使用ポット:ガラス皿
  • 調理方法:混ぜる
  • 調理目安時間:8分

材料

①リンゴジャム 1瓶(280gほど)
②バタービスケット 1箱(袋に入れ細かく砕く)
③アーモンドクラッシュ 1つまみ
④マスカルポーネチーズ 1パック
⑤クリームチーズ 1パック
その他:シナモンパウダー 少々

作り方

1.ボウルにビスケット、ジャムを入れてよく混ぜる。

2.別のボウルでマスカルポーネチーズとクリームチーズをよく混ぜる。

3.それぞれを器に盛って、アーモンドクラッシュを散らし、シナモンパウダーを振る。

ポイント

「アップルパイ」と「チーズ」それぞれをマイディッシュで合わせて召し上がれ。パテとしてクラッカーに塗って食べるとワインにも合う!

 

 

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load