BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

キャンプで着たいオーバーオール。実用的なのにおしゃれでおすすめ

長引くコロナ禍で皆さんの休日の過ごし方は変化してきたのではないでしょうか?特にアウトドアブームが到来しており、休日にはキャンプに行かれるという方も多いかと思います。

キャンプは男女問わず人気で、非日常の世界を味わうためにソロキャンプを始める方もおられます。また、友人やカップル、家族と一緒にキャンプに行かれる方もいらっしゃいます。

そんな時に「何を着ていこうか?」と悩んだり、困ったりしていませんか。そこで今回は、オシャレさ、実用性を兼ね備えたキャンプの時におすすめのウェアとして「オーバーオール」を紹介していこうと思います。
今回の記事ではキャンプの時に着るオーバーオールについて「メリット・デメリット」、「おすすめのブランド」をご紹介します。

キャンプで着たいオーバーオールの魅力とは

オーバーオールは使いやすい反面、不便な点もあります。メリットとデメリットを両方理解したうえで、キャンプに最適でお気に入りのオーバーオールを見つけることをおすすめします。

オーバーオールのメリット2選

■キャンプウェアとして機能性が高い
キャンプとなると色々な道具をもって移動する時があります。例えば焚火のときはライターや、モーラナイフなどを使用すると思います。これらを手にもって移動をしていると紛失する可能性がありますし、手がふさがっているため、他のものを持ちにくい場合もあります。

機能性の高いオーバーオールのポケットに収納すると紛失リスクが低くなりますし、手が自由に使えるためかなり便利です。また、ストレッチ性のある生地のオーバーオールを着ることで、移動や動作が楽に行えるのもメリットといえるでしょう。

■コーディネートがしやすい
キャンプではどうしても汚れが気になりますよね。ですがお洒落にも気を使いたいところだと思います。

オーバーオールを着ることで、Tシャツやカットソーなどの様々なトップスと組み合わせておしゃれを楽しむことができます。また、キャンプのみならずタウンユースでも浮かないデザインが人気の魅力だといえます。

オーバーオールのデメリット2選

■トイレが大変
オーバーオールは服の構造上、上半身の部分と下半身の部分が繋がってできているため、トイレの際脱ぐのにひと手間かかります。なので、購入時には着脱のしやすさを考慮してデザインを選ぶ必要があります。

■生地のストレッチ性
キャンプではしゃがみこんで何かしらの作業をすることが多いため、生地のストレッチ具合は非常に大事になります。オーバーオールそのものが、元々は作業用で開発されていますが、購入時には一度試着をしてみて着心地を確かめた方が良いでしょう。

キャンプ×オーバーオールおすすめブランド

ここでは、レディース・メンズ・キッズの3パターンに分けて、それぞれにおすすめのブランドをご紹介します。

レディース向けのおススメブランド

まず、1つ目はノースフェイスのオーバーオールです。ノースフェイスは言わずとしれたアウトドアブランドです。キャンプのみならず、普段のコーディネートにも取り入れることができます。素材の耐久性、ストレッチ性も抜群。また、マタニティ向けの種類をそろえている点も高評価だといえるでしょう。

2つ目はLeeのオーバーオールです。Leeはデニムでかなり知名度の高いブランドだと思います。アウトドア用のオーバーオールもありますし、アウトドア以外にもカジュアルなスタイルに合わせることもできます。

3つ目は、ワークマンのオーバーオールです。近年ワークマンは多数のアウトドア商品を展開しています。その中でも最近はキャンプ商品にも力を入れてきており、女性向けのアウトドア商品も売られていたりしています。値段はかなりリーズナブルなのでお試し感覚で購入するのもありだと思います。

メンズ向けのおススメブランド

1つ目はスノーピークのオーバーオールです。キャンパーの方ならご存じだと思いますが、スノーピークはかなりブランド力の高いアウトドアメーカーといえます。キャンプギアのみならず、ウェアにも力を入れています。値段はやや高めですが、キャンプ時のコーディネート・機能性を兼ね備えた商品を展開しています。

2つ目はノースフェイスのオーバーオールです。レディース向けにもアップしましたが、メンズ向けの商品もあります。初心者の方などでオーバーオールの購入に迷ったらまず最初の候補に挙げてもいいブランドなのではないでしょうか。

3つ目はチャムスのオーバーオールです。チャムスもアウトドアブランドですが、比較的コスパの良い商品が取り入れらている印象です。チャムスのロゴをさりげなく入れているため可愛らしいデザインとなっています。

キッズ向けのおススメブランド

運動量の多いキッズのオーバーオールは特に機能性を重視することが大切です。

今回ご紹介する1つ目は、エドウィンのオーバーオールです。エドウィンはデニムで有名ですが、デニムのストレッチ性も高いので着やすく、動きやすいのがポイントです。

2つ目は、Leeのオーバーオールです。こちらは女性向けでもご紹介しましたが、親子でリングコーデをすることでよりオシャレさを演出できるのではないでしょうか。

3つ目はGUのオーバーオールです。こちらは安さと機能性を重視の方におすすめです。子供の成長は早く、成長につれて服のサイズも変わってきます。また、なりふり構わず遊び回るため、汚れたり破れたりすることもあるでしょう。GUの商品は価格が安いため、頻繁に買い替えが予想されるキッズにぴったりです。

キャンプでのオーバーオールはリンクコーデも◎

一見、オーバーオールは作業着のイメージを持たれる方も多いと思いますが、キャンプをしているとオーバーオールのように多数のポケットがあるとかなり重宝します。

最近はオーバーオールの種類も増えてきて、今回紹介したアパレルブランド以外にも多数のブランドが商品を展開しています。また、女性向けに実用性を高くした商品も出されており、使い勝手もよくなってきているのではないでしょうか。

SNSなどの投稿では、オーバーオールをカップルや家族で一緒に着て投稿している方を見かけることも多いです。それだけ巷ではアウトドアの人気度も高まってきており、オーバーオールを着たリングコーデも人気になってきている様子が見受けられます。

オーバーオールはカジュアルなウェアの組み合わせで色んなコーディネートをすることができます。ブランドごとにデザイン、生地や素材なども異なりますので迷われるかもしれませんが、そんな時はこの記事を参考にしてもらえたらと思います。

皆さんも是非、お気に入りのオーバーオールでリングコーデをして大切な人とキャンプに一緒に行ってみませんか。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load