サーフボードのボトム形状の特徴を知りたい

ボトムは直に水と接する場所で、水の流れをコントロールする部分でもある。形状の違いがスピードやターンのしやすさに関係してくる。

【フラット】クセのない形

ボトムに溝やカーブがまったくなく、平らに設定された形状。クセがない乗り味を楽しめ、オンショアのコンディションでも威力を発揮。

【Vee】左右に動かしやすい

「ヴィー」と呼ばれるこの形状は、サーフボードを左右に傾けやすくするために考えられたデザインで、ターンが容易。

【チャンネル】スピードと直線性をもつ

ボトムに溝が彫られている形状。波に乗っているとき、水がこの溝を通っていくため、スピードがつきやすく、直線性に優れている。

【ダブルコンケーブ】スピードとターンのバランス性◎

ボトムの真ん中を頂点として左右に二つのカーブした溝が設定されたデザイン。スピード性能とターン性能のバランスに優れている。

【シングルコンケーブ】強めなボードと相性良好

ボトム全体に一つの大きなカーブした溝が設定された形状。スピードがつきやすく、強めのロッカー設定のボードと相性がいい。

 

(出典『Surf Style 2019』)

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load