BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サーファーのための天気図の読み方と波のサイズ表現

PAGE
2 / 4

天気図は等圧線の幅・向き、高気圧・低気圧の位置を見る

風とうねりの予測ができる、サーファーなら知っておきたいイメージ方法

天気図というと、低気圧がくれば雨、高気圧なら晴れ、ぐらいしか普段意識していないかもしれないが、大切なのは風の読みだ。風が強く吹けば波が立って、周囲にうねりが広がってくる。風向きが判断できれば、海岸でオンショアかオフショアかがわかって、波質まで想定できる。

風の強さや向きは、等圧線で判断する。そもそも風は、高気圧から低気圧に向かって吹くのだが、高気圧の中心から低気圧の中心へ一直線に吹くわけではなくて、等圧線を斜めに横切るように吹く。

その様子をイメージするには、まず、高気圧から低気圧に向かってまっすぐに吹く風の矢印をイメージする。次に、その矢印を、海上では20度、陸上では30度ほど右に(南半球では左に)回転させる。さらに、等圧線の間隔が狭いところでは、もう少し右に回転させる。そうすると、低気圧の中心付近では、風が渦を巻いて、矢印も混み合ってくるはずだ。

これで、風が強い場所と、向きがイメージできる。風が強いところは、波も高くなり、そして、高波による海面の振動が、うねりとなって波紋のように周囲に広がる。これで、海岸に到達するうねりが、どの方向から、どれくらい離れた場所からやってくるかわかる。波の発生地点が近ければ、波も大きいと判断できるし、海岸の風から、波質も想定できる。

風の吹き方

北半球では、高気圧からは時計回り、 低気圧には反時計回りに渦を巻きながら風が吹く。等圧線の間隔が狭い所では風が強い。

風向きをイメージする方法

まずは高気圧から低気圧に向かって、等圧線と直角に交わる風を想定。

風向きを時計回りに回転させると、陸上では30度、海上では20度ぐらいであるとわかる。

等圧線の間隔が狭くなる低気圧の中心付近では、さらに角度が大きくなる。

台風は緯度20度選を越えたあたりがうねりが届き始める目安

晩春から秋にかけて、太平洋側のビーチには台風からのうねりが届く

台風の域内では、風速30m/sを超えるような強い風が吹いていて、高さ10mを超えるような高波が発生している。こんな波が直接押し寄せたら、とてもサーフィンどころではない。台風がある程度遠方にあって、台風の風の影響などを全く受けず、しかも荒海から伝わってくるうねりがビーチに届くぐらいの状態が、最も波質が良く、波数も多い。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load