BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スタイリッシュに見えるサーフボードの持ち方とは?

ボードの扱いに慣れていない初心者は、持ち運ぶ姿もどこかぎこちなく、風にあおられてフラフラしたり、手が滑って落としそうになったりと危なっかしい。こんなことでは海に入る前から、「ビギナーだな」と周りにバレバレ。事前にスマートな持ち方を覚えておきたい。

イケてるサーファーを目指すなら、ボードの持ち方もスマートに

ショートボードは脇に抱えるのが一般的で、フィンは内側に向けておくのがマナー。硬く鋭利なフィンは、人にぶつかると怪我を負わせてしまう危険があるからだ。また、無意識のうちにノーズ(先端)が上がりがちだが、逆にテール(末端)を少し上げ、ノーズを下げ気味に持ったほうがクールに見える。これだけで一気にこなれ感がアップするのでお試しあれ。ノーズを下げることで風の抵抗を減らすこともできる。

クラシックなシングルフィンのロングボードは、’60年代のサーフムービー『エンドレス・サマー』をお手本に、頭に載せて持ち運ぶとスタイリッシュ。この時、テールを前にするとバランスを取りやすい。一方、パフォーマンス系のロングボードは、あくまでアグレッシブに。脇に抱えるか、幅が広い場合はデッキ面を上に向け、レール(側面)を腰に食い込ませて持つと運びやすい。

クラシックなロングは “頭載せ”がお似合い

シングルフィンのロングは、こんなクラシカルな運び方がお勧め。テールを前に向けるのがカッコよさのポイント!

ワイルド感漂う “肩載せ”もOK

より安定感を求めるなら、肩に載せて担いでも。“頭載せ”と同じくテールを前にするとバランスが取りやすい。

ボードは、サーファーのアイデンティティ。持ち方にもこだわって自分が求めるスタイルを追求したい。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load