BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ヨガ×サーフィン】呼吸法を知ってインナーバランスをコントロール|No.01

サーフィンで重要なのは、体力やスキルだけでなく、クリアなマインドセット。ヨガの基本である呼吸法を知ることで、心と身体が繋がりインナーバランスをコントロールでき、危険回避やパフォーマンス力アップに繋がります!
◎出典: NALU(ナルー)no.105_2017年7月号

呼吸の意識がサーフィンにも役立つ

胸式呼吸法

ピラティスで使われる呼吸。交感神経を活発にする働きがあり、身体の準備や集中力を高めるのに効果的。肺のやや上の胸に息を送り込み、吐く息で、肋骨を閉めるイメージ。吸う息でお腹はなるべく膨らませず、胸に呼吸を入れ、吐く息で腹筋を使ってどんどんお腹を閉める。

腹式呼吸法

副交感神経を活発にする働きがあり、気持ちを落ち着けるのに効果的。背筋を伸ばしてお腹に手を当て、鼻からゆっくり息を吸い込む。下腹部に空気を貯めるようなイメージでお腹のふくらみを感じる。吸う時よりも時間をかけて、口からゆっくり息を吐き出すことがポイント。

ナディーショーダナ(片鼻呼吸法)

片鼻ずつ行う呼吸法。右鼻から吸うと身体を温め、左鼻から吸うと身体を冷やす働きがあり、左右を交互に呼吸することで全身のバランスを整える効果がある。人差し指中指は眉間(thet third eyeとよばれるところ)にあてて、親指で右鼻をおさえて、残りの2本指で左鼻をおさえる。

太陽礼拝のポーズ

呼吸と一緒に動くヨガの基本をわかりやすく実感できるのが「太陽礼拝のポーズ」。下記の説明を参考にしながら、実際に呼吸を意識して動いてみよう。

【1】Samasthiti・山のポーズ

目を閉じて背筋を伸ばして立ち、肩の力を抜いて両手を目の前で合わせて呼吸を整える。

【2】Urdhva Hastasana・ウルドヴァ ハスターサナ(Inhale/吸う)

息をゆっくり吸い込みながら両手を上に向かって上げ、視線を上に向けながら手のひらを合わせる。

【3】Uttanasana・ウッターナーサナ(Exhale/吐く)

首の力を抜き息を吐き切った状態で、お腹と太ももを近づけるように前屈し、両足の脇に両手の平を付ける。

【4】Ardha Uttanasana・アルダ ウッターナーサナ(Inhale/吸う)

背筋を伸ばした状態で胸と背中を意識しながら息を吸い、上半身を上げる。目線は前方を向け次の動きへ。

【5】Chuturanga・チャトランガ(Exhale/吐く)

腕は肩幅に、脇を締めて肘を曲げ、腹筋を使って体を一直線に保つ。膝をついてもOK。

【6】Updog・上向きの犬のポーズ(Inhale/吸う)

下腹部を床につけてつま先を伸ばし、足の甲を床につけながら、肩から反るように胸の中心を斜め上に向ける。

【7】Downdog・下向きの犬のポーズ(Exhale/吐く)

息を吐きながらお尻を引っ張り上げるように高く上げ、かかとを床につけ背中を真っ直ぐに伸ばす。

【8】Gaze Forward・目線を前に顔を上げる(Inhale/吸う)

目線を手と手の間に向けながら、そこをめがけて片足ずつ前へ。ひと呼吸で【9】のポーズへと移る。

【9】⇒【12】

ヨガ効果の鍵となるのは“呼吸”!

ジェリー・ロペスやケリー・スレーターも推奨するヨガ。何がそんなにいいの? ストレッチだったらやってるし……、という方も多いのでは? もちろん、ヨガがもたらす大きな効果の一つは体の柔軟性ですが、それだけではありません。

ヨガをすると身体が楽になるだけでなく、よく眠れるようになったり、集中力が増したり、その効果は化学的にも証明済み。その鍵となるのが、「呼吸」です。私達が普段、無意識にしている呼吸は、脳の活動と密接に繋がっており、呼吸に意識を向けるだけで、心を落ち着かせ、穏やかな心の状態を作ることができるのです。

特に、サーファーにとって、呼吸は重要なキーワード。デカ波サーフィンで巻かれた時、一瞬「死ぬかも!」と思った経験がある方は、呼吸の重要性は十分ご存知だと思います。ハワイでも、冬のノースに挑むサーファー達のほとんどが、ヨガや呼吸法をトレーニングの一環として取り入れていますが、ヨガをすると呼吸のコントロールができるようになります。

水の中でパニックになった瞬間に、自分で自分の心を落ち着かせることができるようになるのです。それだけでなく、呼吸のコントロールができると、波に乗れなくてイライラするなど、不快な自分の感情もコントロールできるようになります。

「サーフィンをしていると、人生勝ち組」と、あるサーファーが言っていましたが、さらにヨガを加えると、もっといい波、もっといい人生が待っているはず!

ジュリ・エドワーズ

さまざまな分野でマルチに活躍するヨガインストラクター。カリフォルニアやハワイで得た世界観を活かし、クリエイティブにヨガやマインドフルネスの新しい形を次々と提案し続けている。原宿にオープンした自身のスタジオIGNITE YOGA STUDIO(igniteyoga.jp)を手がける。現在はイグナイトヨガオンラインスタジオもオープン!(IG: @jurikooo)

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load