BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【サーフトリップ】オヤジのわがままロング旅|宮崎

『オヤジのわがままロング旅』。略して「OWLT」。いまだかつてない斬新なサーフトリップ記事(のはず)だ。ぜひ、ご一読を!
◎出典: NALU(ナルー)no.111_2019年1月号

昔は新婚カップル、今はサーファーに大人気

自分の人生を振り返ってみると、平成の31年間はもっとも脂が乗っていました。大学卒業後、今の会社に就職。体力と気力もあったので、波乗りも充実。やがて結婚して家族もできて順風満帆。かと思いきや、平成最後の年に肩たたき……。まっ、前向きに生きます。

「令和最初のサーフトリップはどこに行こうか」。妻と子供が北海道旅行を楽しんでいる10連休中に家で強制留守番しながら、ローソン限定「平成最後のポテチ」をつまみに改元デザインの「極上〈キレ味〉」をプハァーとやりながら考えたワケですよ。

「確か平成最初の旅は宮崎だったなぁ。宮崎市に支店があったから、よく出張に行ってたな。金曜日までに仕事を片付けて、週末に波乗り。ゆるい時代だったな…」

▲羽田から1時間半ほどで宮崎上空に。着陸前に波チェックも可能。それだけ空港からポイントまで近い(1)。南国の雰囲気が漂う空港(2)。ファースト令和サーフトリップ(3)。サーフィンガイドが充実しているので、ボードのレンタルから海までのアシまですべてお任せもできる。初めての方には、断然おすすめ。だが、自分でトリップするなら、レンタカーはマスト。お気に入りはハレバレレンタカー。無料でサーフィン4点セットが借りられる(4)。忠太郎茶屋のごぼう天うどん(420円)は無化調で朝食に◎(5)。メインポイントの木崎浜はイマイチ(6)なので鬼の洗濯岩(7)を横目に南下。ポイントによっては注意事項の看板があるので安心(8)。波が…なので、今日は観光!(9)

国内サーフトリップ人気旅先ランキング1位!(自分調べ)

東京や大阪を始め主要空港から毎日直行便が就航。空港から最寄りのサーフポイントまでクルマで十分程度とアクセスも良好! さらにポイントが散在しているので、海の中も空いている。波もコンスタントなので、外す確率も低い。こう考えると、宮崎はサーフトリップのデスティネーションとしていいことづくめ。

もし、あなたが土日でサクッとサーフトリップをしたいとしたら、自分は宮崎を一押しします。

▲青島神社はジャイアンツファンの聖地。毎年キャンプで訪れる選手が絵馬を奉納。菅野さん、今年は大丈夫?(10)。今晩は、みさき荘にやっかいに。こどものくにポイントが目前! ボードやラック付自転車もレンタルできてサーファーにやさしい宿(11)。宮崎名物。お約束その一、チキン南蛮(12)。うま! その二、鶏の炭火焼(13)。うまうま! 関東人には苦手も多い甘口しょう油。店にはたいてい辛口も用意してあるので心配なく。地元産の刺身との相性は抜群(14)。日南の焼酎、飫肥杉(15)を一献。

南国特有の明るさが街に満ちていて、フェニックスがトロピカルな雰囲気感を漂わせ、「旅に来た!」とトリップ感も満載。温暖だし食の充実度も文句なし。さすが昭和の時代には、新婚旅行の聖地だっただけあります。えっ、若い読者の方々は知らない? 昭和30年代から40年代、海外旅行が雲の上だった時代、宮崎は新婚カップルの憧れの旅先だったんですよ。ちなみに日本で初めて新婚旅行をしたのは、かの坂本龍馬。宮崎、高千穂峰にも足を運んだとか。

▲あっさり、さわやか。カリフォルニアロール? いや、名物レタス巻(16)。翌朝は貸し切り状態で波乗り。宮崎最高!(17)。50万円は手が届かなかったが、ちょっと奮発してお土産に(18)

よし! 今回の連載のテーマは宮崎に決まり! と、自分的には盛り上がっているけど、担当編集のKさんに相談せねば。連休明けにでも電話してみよっと。午後一に連絡してみると…。

「お世話になります。連載の件で相談があるんですけど…」

「すみません。今編集会議中なので後ほど連絡します」

電話の向こうからは、女子の笑い声とギャルウケ鉄板EXILE ATSUSHIの『糸』のカラオケ…。昼キャバですね。コストパフォーマンスがよくて学生キャバ嬢が多く初々しいと今評判。さすが、歌舞伎町ローカルのKさん。夕方、ラインでメッセージが届きましたよ。〈適当によろ♪〉わずか、5文字での原稿依頼。すがすがしいほど、一切ムダがない。恐るべし敏腕編集者K。

まぁ、お許しがでたということで、いざ、宮崎へ!

SURF TRIP TIPS

正式名称
宮崎県
県庁所在地
宮崎市:神話や伝説が数多く残る古い土地。パワースポットも多い
人口
約108万人:都道府県ランキング36位。だから、海も空いている
面積
6,685平方キロメートル:全国14位。ちなみに13位は静岡県、15位は熊本県
言語
宮崎弁:宮崎女子の言葉はかわいい! と評判
物価
全国で一二を競う物価の安さ:観光地は物価が高い。ゲストハウスを利用するのもよし
フライト
羽田を始め全国6空港から直行便が就航:東京・大阪便等はロングボードもOK。念のため事前に確認を
アクセス
空港から最寄りのポイントまで10分程度。近い!:レンタカーは必須
ベストシーズン
コンスタントに楽しめる:狙い目は10、11月
ボードチャージ
無料
服装
年平均気温3位! 標語は「日本のひなた宮崎県」!:とはいえ、冬はウエットスーツは必須。今回4月に旅したが、ビキニ姿で楽しむ金髪ギャルも

profile

●ブリッツ小林
中小商社に勤務も肩たたきで契約社員になった50代オヤジロングボーダー。定期検診でBMI値が足のサイズを超えてしまい消沈中。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load