BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

緊急時に忍ばせたいバーナー。どの素材が一番ベスト?標高1900mで湯沸かし実験

PAGE
3 / 5

【山で比べてみました1】実際の重量を量ってみると

ガスバーナー:実測値/255g(バーナー+3本ゴトク+カートリッジの合計)

固形燃料ストーブ:実測値/172g(4g×20タブレット固形形燃料含む)

アルコールストーブ:実測値/52g(ストーブ+ゴトク)約60㎖の燃料を入れたボトルとの合計111g

テスト結果について

ガスバーナーは、使用した燃料カートリッジの量が湯沸かし10〜15回分。固形燃料ストーブの燃料は湯沸かし6〜7回分となる。ガス同様の10回分とすると合計212gだ。アルコールストーブは、燃料60㎖で湯沸かし1〜2回分。10回分とすると少なくとも300㎖ぐらいは必要となり、燃料となるエタノールの比重を考慮して燃料とボトルを含めると、合計300g超。

ガスバーナーのなかでも燃焼効率の高いSOTOのウインドマスターは1缶の燃焼回数を考慮すると十分に軽い。エバニューのアルコールストーブは燃焼効率を上げるシステムを使用しないと、軽さの優位性を維持できないと感じた。重量の比較では固形燃料のポケットストーブに軍配が上がった!

【山で比べてみました2】そのまま火を点けた湯沸かし時間は?

アルコールストーブ:6分

固形燃料ストーブ:10分54秒

ガスバーナー:2分57秒

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load