BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

緊急時に忍ばせたいバーナー。どの素材が一番ベスト?標高1900mで湯沸かし実験

PAGE
5 / 5

【山で比べてみました4】2回の沸騰で使った燃料の重さは?

右)固形燃料ストーブ/タブレット5個=20g。中)アルコールストーブ/100㎖=約79g。左)ガスバーナー/燃料14g。

テスト結果について

風の影響を受けないほど火力は衰えず、鍋底を的確に温め、ロスが少ない。もちろん燃料がもつ特性もあるが、使用した燃料を重さで比較するとガスストーブのウインドマスターがもっとも使用量が少なかった。固形燃料のポケットストーブも20gと消費量は少なく、火力は弱いが燃費は悪くないといえるだろう。アルコールストーブは、重さで比べると案外燃料を食う。

ちなみに今回の実験結果と各燃料の定価から1回の沸騰に必要な燃料の費用で比べてみるとガスが36円、固形燃料が75円、アルコールが48円。燃料用アルコールはリーズナブルなこともあり、必要量に比べ安かった。

山で比べてみた結果

1.悪天時でも素早く湯が沸き、しかも軽いガスバーナーは、収納スペースが許せば登山時にいつでも携帯すべき装備!

2.故障の心配がなく、必要十分な速さで湯を沸かせるアルコールストーブは、燃焼効率を上げるシステムで使うのがよし!

3.固形燃料ストーブは緊急時でも湯沸かし時間を待てる心の強さがあれば、パックに忍ばせておいて損はない軽量コンパクトさ

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load