BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アウトドアショップK(長野/伊那・駒ヶ根)|良い山道具選びは、良いお店選びから。

人と人、遊びと遊びの交差点。

「店の前の通りが伊那街道なんですよ」

伊那街道とは“塩の道”のひとつで、古くは大いに賑わった交易の道。往時に倣った蔵のような外観の店舗は、元々は輸入カヌーの工房と販売店だったという。看板がなければ、アウトドアショップだと気付かないに違いない。

  • コダワリ
    最初からお膳立てをしすぎない。お客さん自身に考えさせるお店

一風変わっているのは外観だけではない。このお店は登山用品だけでなく、ツリークライミング用品の充実度が半端じゃないのだ。「木の世界にはロープワークから入りました。海外の情報を調べるうちにこんな技術があったのかと。高い木に登る技術は、ヨットのマストに登るための技術が応用されています。海の技術がジャンルを超えて山でも役立っているわけです」

木に登るには意外にもアプローチシューズが抜群に調子がいい。理由は一度履いて登ってみれば納得だ。

安全啓蒙のために講習会を行なうようになると、全国から受講者が集まった。今では、その筋では知らぬもののいない有名店である。この講習会のクオリティの高さも、ここに人が集まる理由のひとつだろう。

特殊伐採用のギアは圧巻の品揃え。写真は海外でも人気の「サムライ鋸」。沢にもぜひ。

「専門店は道具を売るだけでなく、情報や技術を教えてもらえる場でもあるべきでしょう。地元ガイドも巻き込んで、高所作業、沢、登山、カヌー、トレランなどの講習も行なっています。トレーニングはかなり意地悪にやりますよ」と優しい笑顔で語る。ときに厳しい対応の理由は、お客さん自身に考えてもらいたいから。必要な道具を自分でコーディネートできるようになってほしいからだ。

店頭で実演講習会も行なう。専用ギアはレンタルもあり。

この日は、学校登山に同行する地元の消防士と噂を聞きつけて松本からやってきた夫婦が、店頭の巨木に登りながら店主と山談議に花を咲かせていた。いまでもここは、自然と人が集まる場であり、いろいろな人々と遊びとが行き交う交差点のようなお店なのだ。

  • Shop Data (伊那ワーキング館)
    長野県伊那市西町5041
    TEL:0265-98-0835
    営業時間:10:00~18:00 定休日:火曜日
  • (駒ヶ根スポーツ館)
    長野県駒ヶ根市赤穂759-700
    TEL. 0265-98-9797
    営業時間:10:00〜19:00   定休日:火・水曜日 (12月〜3月)、火曜日(4月〜11月)
    http://odsk.jp
    ※2020年2月時点

※取材内容は2015年6月時点の情報です。現在は移転し、伊那市と駒ヶ根市にて営業しております。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load