BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【GREGORY】専業パックメーカーの最適解はコレだ!「軽さ」と「背負い心地」でその一歩先へ

バックパックにおいて「軽さ」を追求すると、快適性や使い勝手が犠牲になってしまうこともある。 パック自体は軽く、でも背負い心地や機能性も妥協しない――。 専業ブランドならではの思いが、「パラゴン」「メイブン」に込められている。

「バックパック界のロールスロイス」と呼ばれるほど、妥協のない作りで確固たる信頼を得ているグレゴリー。フラッグシップモデルであるバルトロが体現するように、「しっかりとした作りで背負い心地が抜群」という製品を作っているイメージが強いが、近年は、多くの登山者が求める軽量性を追求しつつ、フィッティングにもこだわったモデルを多くリリースしている。

その代表モデルが、今年、大幅なリニューアルを果たした「パラゴン」(パラゴンの女性用モデルが「メイブン」)。今回の大きな変更点は3D形状の背面、ウエストのメッシュパネルを採用したこと。身体と一体化するようなこの背面構造には、背面とウエストのジョイント部分に伸び縮みするパネルを取り付けるなど細かな工夫も施されており、動いたときにこそ、その作りによるフィッティングの良さを実感することができる。

パラゴン48

同ブランドの「ライトウェイト」カテゴリーに属するモデル。アルミ合金のフレームにグラスファイバーの補強が施されており安定感も抜群。サングラス用ホルダーなど細かなディテールも抜かりない

  • 価格:¥30,000
  • 容量:48ℓ
  • カラー:バサルトブラック、 グラファイトブルー
  • 重量:1,600g

パラゴン48

身体に吸い付く3D形状の背面

背負いやすさの秘密は背面にあり。一番の特徴は身体にフィットする3D形状のパネル。背面とウエストのパネルも一体化するような作りとなっており、身体が包み込まれるような感覚

また、生地は210デニールという適度な厚みの高密度ナイロンを使用。アルミ合金のフレームも搭載するなど、軽さと剛性や耐久性のバランスも考慮されており、荷物を詰め込んで背負ったときに、本体が1600gとは思えないほどの安心感が感じられる。

荷物の揺れを抑えるフリーフロート・フレックスパネル。背面とウエストハーネスを繋ぐように付けられた伸縮パネルが伸び縮みするため、ウエストハーネスが動いても背面が引っ張られることがない
背面長は面ファスナーで調整できるので、身体に合わせて最適な長さに変えられる。体型の異なる人とバックパックを共用することも可能だ

さらに、ディテールに関しても、今回のリニューアルにともない改良が加えられた。さまざまな変更点があるが、特筆したいのは本体内部へのサイドからのアクセス。通常、多くのモデルはパック正面からアクセスできるようにファスナーが取り付けられいるが、正面にはトレッキングポールなどのギアを付けていることも多く、そうなると、モノを出し入れしたいときにアクションが増えてしまう。このパラゴンはサイドが開くのでパック正面にギアを外付けしているかどうかに関わらず、本体内部へとアクセスできるのだ。

本体サイドのファスナーを開けば内部へアクセス可能。バックパックの正面にトレッキングポールなどを付けていても荷物が出し入れしやすい

他にも、大きくなったウエストハーネスのポケット、ボリュームのある防寒ウエアなども余裕で入るフロントパネルの大型ストレッチメッシュポケット、ショルダーハーネスのサングラスホルダー、スタビライザーをなくし、フィッティング調整がより簡単にできるウエストハーネスなど、使ってみてその便利さを実感できるディテールが多数搭載されている。

本体とウエストハーネスが連動する作りとなっており、通常ハーネスに付いているスタビライザーがない。ベルトを絞れば本体が引き寄せられる
ウエストハーネスのポケットの大きさが従来のモデルより大型に。これにより大きめのスマートフォンや行動食などもラクに入るようになった

過去の名作は多数あれど、いまの時代に合うように、躊躇なく構造をアップデートし、製品を進化させ続ける。この姿勢こそが信頼の根幹であり、グレゴリーが唯一無二のパックメーカーたる所以なのだ。

ナノ14

内部に取り付けできる小型パックも

  • 価格:¥4,500
  • 容量:14ℓ
  • カラー:ストーンブルー、オータムブロンズ、オニクスブラック
  • 重量:227g

ナノ14

山頂までのピストンなどで活躍するのがサブパック。こちらはパラゴン(メイブン)の内部に取り付けられるようになっており、ハイドレーション収納バッグや、仕分けしておきたいモノを入れるスタッフバッグのように使うこともできる。ショルダーハーネスがしっかりしており背負い心地もバッチリ。

本体上部のアクセスしやすい場所に固定できるので、頻繁に使うモノを入れておくのに便利

パラゴン58

残雪〜秋山の縦走に!

  • 価格:¥32,000
  • 容量:58ℓ
  • カラー:バーントオリーブ、バサルトブラック
  • 重量:1,620g

パラゴン58

無雪期のテント泊で使いやすい大きさ。20㎏程度の重量も問題なく背負える作りで、荷物が多くなりがちな人はこちらのサイズがおすすめ

パラゴン68

冬のテント泊も見据えるなら

  • 価格:¥34,000
  • 容量:68ℓ
  • カラー:バサルトブラック
  • 重量:1,680g

パラゴン68

防寒ウエアやギアなどが増える冬のテント泊でも使いやすいサイズ。このサイズでも重量が1,700g 弱に抑えられているのが驚き

メイブン45

女性に合わせた専用設計

  • 価格:¥30,000
  • 容量:45ℓ
  • カラー:ヘリウムグレー、スペクトラムブルー
  • 重量:1,500g

メイブン45

パラゴンの女性版がこのメイブン。基本の作りはパラゴンと同じだが、ハーネス形状が女性に合うように設計されており、ストレスが少ない

 

問:グレゴリー/サムソナイト・ジャパン  0800-12-36910 https://www.gregory.jp/

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load