BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「ロッジ立山連峰」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

ターミナルから続く遊歩道の最奥

黒部アルペンルートの室堂駅から徒歩約50分。ターミナルから続く遊歩道を、奥へ奥へと歩いていくと「ロッジ立山連峰」へとたどり着く。近隣の山小屋とはガラリと趣きがかわって、「ロッジ」という冠にふさわしく、まるで外国の別荘のようなかわいらしい外観だ。小屋のご主人は佐伯満寿男さんで、隣接する雷鳥沢ヒュッテの経営者でもある。

小屋自体は1957年に設立され、その後、何度か改装。新館は個室棟となっていて、部屋は旅館と見紛うほど。食堂の窓からは雄山、大汝山などの立山全景が大きく見え、大浴場からは大日連山が見渡せる。1泊で2度おいしい宿なのだ。

館内施設

休憩スペースがちらほら

入ってすぐの場所に、ソファと本棚が設置された休憩スペースが。館内にはほかにも休憩スペースがあるので、好きな場所を選ぼう。

見晴らしのいい食堂

食堂は1階にあり、全面ガラス張りで見通しがよい。夜は、山の間に落ちていく夕日を見ながら、夕食をいただくことができる。

1階ロビー

受付前は土間になっていて、トレッキングブーツの靴紐を結んだり、濡れたレインウエアを脱いだりするのに充分なスペースがある。

乾燥室あり

乾燥室は1階に入ってすぐのところにある。小屋の物資が置いてあり、あまり広くはないが、濡れたものが干せるのはありがたい。

洗面所・トイレ

館内にいくつかある洗面所は、どれも清潔に保たれている。鏡付きで、その手前にはハンドソープとガラスのコップが置かれている。水道の水は飲用できる。

トイレは男女別。水洗式で、使用済みのトイレットペーパーも流すことができる(洋式に改装される予定)。

お土産・売店

売店では温泉宿らしくタオルや歯ブラシ、剃刀が販売されている。食堂では軽食として牛丼やラーメン、おでんなども販売しているので、昼食に立ち寄るのもいい。

部屋

写真は個室「剣」で窓からの眺めがよく、オススメ。新館は個室棟となっていて、どの部屋もまるで旅館のよう。部屋にはコンセントもある。

大部屋はないので、大人数で宿泊する場合はかいこ部屋を利用する。各部屋はカーテンで間仕切りができるようになっているので便利だ。

パノラマ大浴場がオススメ

別名「極楽の湯」。この付近の温泉は、地獄谷の地熱を利用し、水で温度調節している。窓からは大日岳方面が一面に見渡せて、露天風呂気分を味わえる。

「ロッジ立山連峰(ろっじたてやまれんぽう)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

7月1日〜8月31日

電話・電波

ドコモ:良好
au:不安定
ソフトバンク:不安定
公衆電話:なし

収容人数

200人

標高

2,330m

宿泊料金

1泊2食:9,500円~
素泊まり:6,000円
お弁当:900円

連絡先

076-463-6004
http://www.raichozawa.net/

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

北アルプス山小屋ガイド【改訂版】の購読はこちら

『PEAKS読み放題プラン』なら月額500円(税別)で、最新号含む過去のPEAKSと関連ムック60冊以上が電子版で読み放題!たくさんのPEAKSをスマホに詰め込んで、山登りをもっと快適に、もっと深く楽しもう!

PEAKS読み放題プラン

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load