BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

登山靴と足がトラブルにあったときの対処法

自然環境に身をおき、山道を歩くという行為は日常生活での歩行とは違い、登山靴や足のリスクがあることは忘れてはならない。これらの問題についてどのように対策すべきか。それぞれ違った活動をする4名に伺ってみた。

文◉編集部 Text by PEAKS
イラスト◉田中 斉 Illustration by Hitoshi Tanaka
出典◉PEAKS 2019年5月号 No.114

安全に、快適に。楽しく山を歩くために

Q.そもそもトラブルが起こる原因は?

登山活動中に起こる登山靴の破損や足の怪我など、トラブルが起きてしまう、そもそもの原因とは。山岳ガイドの水野さん、さかいやスポーツの斉藤さん、それぞれの立場からのご意見を伺ってみた。

CASE.1 シューズが足に合っていない

靴紐をしっかり締めてもフィットしないような長靴状態の登山靴で長時間歩けば、靴擦れ、捻挫、爪破損の原因につながります。理想は指先に5㎜~1㎝程度の余裕があり、ほかの箇所はぴったりフィットしていること。

これにより体感重量も軽く感じられるでしょう。また、あまり登山経験のない方が自分で靴を選ぶとき、履き心地の前に、見た目やサイズ感で選びがちなのもよくない。自分の足の実寸を知っておくことも大切!

甲も幅も素材に密着している感覚がベスト。15分履いた状態で痛いのはNGだが、靴は伸びるし履いているうちになじんでくるということもお忘れなく。とくにやわらかい靴は早くなじんでくれるので、それも見越したうえで選ぶことがポイントです。<水野隆信さん>

CASE.2 歩き方の問題

歩き方のクセによって部分的にシューズや足に負荷をかけてしまうと、結果的にシューズの劣化や足の損傷にもつながります。とくに硬いソールの靴はカカトが擦れやすいので、フラットに足を運ぶように心がけましょう。

また、靴紐の締め具合でも歩き方が変わります。足首だけきつく締めている方を見かけますが、これにより足首がフレキシブルに曲がりにくくなります。先端から均等に足首まで締めましょう。そうすることで本来の性能が発揮できるというものです! <水野隆信さん>

CASE.3 自分の登山に合った靴を選べていない

登山スタイル、目的、歩行速度などが靴の性能と見合っているかどうか判断できていない方が見受けられます。アルパイン系のブーツの場合、ソールが薄く硬いものが多いため、大きい歩幅で歩くと靴擦れを起こしたり、足指の付け根に痛みを生じる恐れもあります。

逆に軽登山用のハイキングシューズなどで岩稜帯を歩けば、サポート性能が足りず、靴内で足がふらついたり踏ん張りが効かなかったりで、安全性が損なわれるでしょう。<水野隆信さん>

登山スタイルもそうですが、季節に合った靴を履くことも大切です。かつ、そのうえで最軽量モデルを選びたい。また、オールラウンドな靴は存在いたしません!!! 冬用のソールが硬いブーツで上高地や尾瀬を散策したら疲れるし、カカトにマメができる可能性大でしょう。<斉藤勇一さん>

CASE.4 靴下やシューズのムレや濡れ

私は靴下を選ぶ際、基本パイル構造で、ウインターシーズン以外は化繊100%のものを選んでいます。化繊であればムレを防ぎやすくなるでしょう。<水野隆信さん>

足の濡れにより皮膚がふやけてしまうと、靴擦れの原因となります。濡れた状態で靴を履き続ければ雑菌が繁殖し、炎症を起こした場合に悪化してしまうでしょう。

また、山行中はなるべくブーツ内は濡らさないよう心がけますが、やむを得ず濡れてしまった場合には、山行中は濡れたもの、停滞中(山小屋やテント内など)はなるべく乾いたものを身に着け、足を冷やさないようにすることも大切です。山行前には天候などの事前情報を得て、対策しておきましょう。<斉藤勇一さん>

CASE.5 出発前・帰宅後のメンテナンス不足

ドロ汚れを落とす、靴紐、中敷きを外して干すなどすることで、劣化などの状態を確認できます。結果、事前にアクシデントを防ぐことにもつながります。また、足についても同様に帰宅後や事前のケアが大切です。

自分の足のコンディションやクセなど、状態を把握しておくことで、いざというときに対処できるでしょう。<斉藤勇一さん>

帰宅後、しっかり乾かすことが基本です。インソールは必ず外して乾燥させておきましょう。<水野隆信さん>

OTHER そのほかのアドバイス

シューズの破損や足のトラブルに対処するには、ファーストエイドやエマージェンシーグッズをどれだけ持っているかも大切です。対応幅の広いアイテムを厳選し、つねにアップデートしていきましょう。<斉藤勇一さん>

靴を購入する場合は新品のソックスも同時に購入することが大切。ソックスが変わればサイズもフィット感も変わってしまうので、それぞれの靴専用のソックスを選ぶこと。山行回数にもよりますが、1シーズンでソックスを買い替えるようにしましょう。<水野隆信さん>

フィールドでの対処法Q&A

実際にフィールドでアクシデントが起こってしまったとき、どのように対処するか。山界隈で活躍する5人それぞれの立場から、起こり得る代表的なシューズと足のトラブル対処法について答えてもらいました。

Q. シューレースが切れてしまった! どう対処する?

シューレースの長さに余裕があったら、ダブルフィッシャーマンズノットで繋いで使う。微妙に長さが足りなければ、オーバーハンドベンドという結び方にします。まったく長さが足りないときはアクセサリーコードを使います。

そのために、径3㎜のアクセサリーコードをつねに持っておくべし! それらすべてが使えないときは、結べるかぎりシューレースで締めて、残りはテーピングテープなどでグルグル巻いて補強。大切なのは、思いつくかぎりやれることを出し切ること! <水野隆信さん>

スペアのシューレースを持っていっています。<杉村 航さん>

スペアのシューレース、または細引きを予備で持っておく。切れた紐どおしをダブルフィッシャーマンズノットで結ぶのもアリです。<斉藤勇一さん>

切れた2本のシューレースを1本はつま先まわりに、1本は足首まわりに通して対処します。<村石太郎さん>

Q. アウトソールが剥がれてしまったときは?

テント場で使うサンダルに履き替えてしまう。スポーツサンダルであればサンダルのストラップをテープで補い、登山靴にはめ込んでしまう。または、テーピングやダクトテープで固定します。<斉藤勇一さん>

ダクトテープなどで応急処置をして、補修材などを持っていればキャンプ地に到着してからじっくり対処します。<村石太郎さん>

テーピングテープでグルグル巻いて即下山。私は30年以上山登りしていて、いままでにそんな経験ないですが!!<水野隆信さん>

番線と瞬間接着剤でリペアします。<杉村 航さん>

Q. シューズの中が濡れて乾かない!

ビニール袋の上から靴下を履き、その上からシューズを履く。防水ソックスを用意しておくのも手です。<斉藤勇一さん>

昼間で晴天であれば、靴紐、インソールなどすべてのパーツを外し、風通しの良いところで乾かす。山小屋であれば乾燥室へ。そのほか、新聞紙を突っ込む、スリーピングバックに入れていっしょに寝るなど。<水野隆信さん>

テント場や山小屋などの宿泊地でインソールを出して、できるだけ乾かします。<杉村 航さん>

気にせず、そのまま歩く! <村石太郎さん>

Q. 足をくじいて捻挫してしまったら?

靴下を脱いでザックの上に足を置き、足を心臓より高い位置で休ませる。コールドスプレーや瞬間冷却パックなどがあればそれらを用いて患部を冷やします。テーピングで患部を圧迫させ、腫れを治めるという方法も。最後にテーピングで固定します。<斉藤勇一さん>

軽度ならテーピングなどで固定。重度ならサムスプリントで固定するが、歩行はほぼ不可能。<杉村 航さん>

患部をテーピングで固定して動かないようにします。靴の上からも巻いてがっちり固定できればベスト。仲間に肩を貸してもらって最短ルートで下山しますが、無理せずビバークすることも考えます。<村石太郎さん>

「RICE=レスト、アイシング、圧迫、エレベーション(高くする)」が大切。血流を考慮して固定して安静に、そしてアイシングする。湿布は意味がないですよ! <水野隆信さん>

Q.靴擦れやマメができてしまったときは?

靴下を脱いで患部を乾かす。その後、殺菌した縫い針などで水泡の中の水分を抜き、患部に清潔なガーゼを当ててからテーピングで固定。靴擦れになる前に靴擦れ防止テープを貼ったりクリームを塗っておくのもいいでしょう。<斉藤勇一さん>

靴擦れになる前にブリスターパッチなどを当てるが、なってしまったら針で潰してパッチを当てる。<村石太郎さん>

自分はカカトの形状にクセがあり靴擦れになりやすい。予防策としては、薄手のインナーソックスと通常のソックスの2枚履きが効果絶大です。おかしいなと思ったら早めに処置しましょう。<杉村 航さん>

ワセリン塗って絆創膏。だけど、予防がなにより大切! <水野隆信さん>

Q.爪が剥がれてしまったとき

ガーゼなどで仮留めをして歩きます。<村石太郎さん>

雑菌が入らないようにすることが大切です。基本は外傷と同じ。患部を消毒し、ガーゼを当ててテーピング。清潔な靴下があれば履き替えましょう。<斉藤勇一さん>

今回教えてくれたのは

山岳ガイド/水野隆信さん

沢登り、クライミング、BCスキーなど、オールシーズンオールラウンドにガイドをこなす。現役クライマーとしても活躍。

さかいやスポーツ シューズ館/斉藤勇一さん

この道27年の登山靴のプロフェッショナル。自身も縦走登山からトレイルランニングまで幅広く楽しむ。

山岳カメラマン/杉村 航さん

登山はもちろん沢登り、BCスキーなど、なんでもこなすカメラマン。登山ガイドや渓流釣り師としての顔も持つ。

アウトドアライター/村石太郎さん

20年以上にわたり徒歩やパックラフトで北アラスカの原野を行き来している。山道具の知識においては日本随一。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load