BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ハニカムファイヤーテーブルにシンデレラフィットする 六角形の焚き火台が登場!「THE IRON FIELD GEAR×CAMP TOOLS ハニカムファイヤーベース」

「THE IRON FIELD GEAR」との共同開発キャンピングギア・第二弾。
焚き火料理好きのための焚き火台がついに登場。
前作のハニカムファイヤーテーブルと併せて使って、より焚き火料理を楽しもう。

文◉阿部 静 Text by Shizuka Abe 写真◉杉崎勝己 Photo by Masami Sugisaki

焚き火調理の幅は無限大! ハニカムファイヤーテーブルにフィットする六角形の焚き火台が完成。

キャンピングギアブランド「THE IRON FIELD GEAR(以下TIFG)」との共同開発・第二弾。「ハニカムファイヤーベース」が小誌公式オンラインショップにてリリースされた。
そもそもの発想は、前作の焚き火テーブル「ハニカムファイヤーテーブル」を作ったときに、TIFG代表の森山竜志氏と小誌編集長の朝比奈のあいだで「これに合う焚き火台を作りたいよね」
という話で盛り上がったことがきっかけだ。根本から〝ハニカムファイヤーテーブルにフィットする焚き火台を作る〞というプランがあったため、もちろん形状はテーブルに合わせた六角形。
ポイントは鉄の重厚感とタフさを活かしたデザインで、耐久性を高めるために構造はなるべくシンプルに設計。9枚からなる板状のパーツを組み立てるだけだ。
鉄板の肉抜きは六角形のハニカム状に統一。側面板の上下にもハニカムの穴を空けることでベストな火力を保てるように設計している。
火の具合を調整しながら同時に調理できる半面のゴトクがセットになっており、単体でも調理が可能だが、これにハニカムファイヤーテーブルを組み合わせることでダッチオーブン料理など、より調理の幅を広げられる。デザイン性だけでなく、焚き火料理に積極的に活用できる焚き火好きのための焚き火台。これさえあれば、さまざまなキャンプシーンで活躍すること間違いなしだ。

付属パーツをすべて組み立てたときの完成形はこちら。接続パーツ不要で簡単に組み立てが可能。鉄の武骨さとタフさを活かした重厚なデザイン

POINT1:付属パーツ

9枚の鋼鉄板からなる付属パーツ。開閉式脚付きの本体パーツに、ロストル、ゴトク、風防パーツ6枚を組み合わせるだけの簡単設計。それぞれのパーツはすべて立体的な板状なので収納も非常にコンパクトでかさばらない。焚き火料理を充実させたいソロキャンパーにもおすすめだ。組み立て方は公式販売サイトをチェック!

POINT2:防水スタッフバッグ付き

焚き火台一式をコンパクトに収納できる「CAMP TOOLS」と「THEIRON FIELD GEAR」のロゴが入ったオリジナル防水スタッフバッグ付き。焚き火台の後片付けの際に、必ずしもキレイに掃除することが叶わないとき、さっと収納袋にしまってしまえばほかのギアを汚さずに済む。袋上部は持ち手になるのでラクに持ち運べて便利。

POINT3:サイドからも薪入れ可能

側面板は取り外しが可能なので、焚き火台を組み立ててからでも随時着脱できる仕様。片側を開けて薪を足したり火加減を調節することもできるので、本格的な焚き火料理ができてしまう。使用中は焚き火台本体はかなり高温になっているので皮手袋をするのを忘れずに! 片付けの際もしっかり熱を冷ましてから片付けよう。

POINT4:2段で調理ができる

焚き火台単体でも付属のゴトクを活用した焚き火料理が可能だが、ハニカムファイヤーテーブルの大を組み合わせれば高さを変えて2段で調理をすることもできる。付属のゴトクではしっかり強火で熱したい直火調理、テーブルには弱火で熱を加えたいものを置くなど調理の幅を広げられる。

CHECK!!:ハニカムファイヤーテーブルとの組み合わせ

ハニカムファイヤーテーブル(大)の長脚・短脚それぞれを焚き火台と組み合わせたときのバランスがこちら。短脚の場合は焚き火台ぴったりの高さに設計で、付属のゴトクよりもテーブル面が広がり3本の脚で支えられるためダッチオーブンも火にかけられる。長脚は遠火で調理したいときに活躍する。

サイズはコンパクトながらアグレッシブに調理できるので複数人のグループキャンプでも大活躍

THE IRON FIELD GEAR[ ジ アイアン フィールド ギア ]

森山竜志氏主宰の香川県丸亀市に拠点を置く新進気鋭のキャンピングギアブランド。大型船舶の整備や修理を母体とする鉄加工のプロフェッショナル。鉄加工専用の自社工場を備えるため緻密で繊細な鉄加工も得意とする。「火や鉄の特性を正しく理解してもらい、笑顔あふれるフィールド体験を提供する」というコンセプトのもと、得意分野を活かしたオリジナルギアや独創的なアイデア商品などを複数リリースしている。小誌との共同開発は今回で2度目となる。

THE IRON FIELD GEAR ×CAMP TOOLS ハニカムファイヤーベース

¥20,900
組立時サイズ:約W35.8×D31.6×H26.2㎝
重量:約5.2㎏
素材:スチール
製造国:日本

「GOOD LIFE GOODS」で好評発売中!

注目のアウトドアブランドとコラボ開発した商品などが取りそろうPEAKS公式オンラインストアにてハニカムファイヤーベースを販売開始。オンラインストアのみの限定販売なのでキャンプ・焚き火ファンは要チェック! 購入の際はオンラインストア利用の会員登録が必要です。

[THE IRON FIELD GEAR × CAMP TOOLS]ハニカムファイヤーベースの詳細はこちら

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load

x