BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

アウトドア女子に似合う車をダムドが提案!スペーシアギアを自分好みにカスタムしてデイキャンプへ

スペーシアギア ノマドの魅力を体感

ジムニーやN-VANなど、アウトドア好きに人気の車をかわいくレトロに変身できるパーツをデザイン、制作する「ダムド」。今回はアウトドア好き女子ふたりが、「カジュアルにソトアソビを」をテーマにスズキ・スペーシアギアをカスタムした「ノマド」に乗ってキャンプ場へ。

フィールドでの使い心地や、カスタムカーの魅力について話し合いました!

カスタムカーについての詳細はコチラ

ダムド公式HPへ

ノマドでデイキャンプに出かけたのは、このふたり

遠藤美幸さん
読者インフルエンサー・ランドネたのしみ隊メンバー。愛車はベリーサ。山に行くときや週末の買い物など、車のある暮らしを満喫。アウトドア仕様の車の購入を現在検討中。

)安仁屋円香
ランドネ編集部員。愛車遍歴はジムニー、エクストレイル。オフロードも走れるようなタフな車が好み。車選びは見た目のよさや、運転のしやすさ(とくに視界の広さ)も重要。

キャンプ道具/アルミニウムコンテナ 123¥30,250、アルミニウムコンテナ 105¥25,850、カーミットチェア カモ¥49,500(すべてネイタルデザイン/スキャターブレイン)、その他スタイリスト私物
ウエア/(左女性着用)キャンプベスト¥19,800、(右女性着用)ウィメンズフィールネイチャーウィンドジャ ケット¥24,200(ともにマーモット/デサントジャパンお客様相談室)、その他本人私物

気になるパーツをカスタムする楽しさ

安仁屋:遠藤さんは、普段から車の運転をしていて、アウトドアにもよく出かけているんですよね?

遠藤:はい!車があると自分のペースで遠出ができるし、荷物の量を気にしなくてよいところも、私のスタイルには合っているので。

安仁屋:思いがけず、旅先で買い物とかして、荷物が増えちゃったりしますしね。

遠藤:実家から戻るときは、必ずと言っていいほど、安くておいしい野菜を買い込んできます(笑)。

安仁屋:このスペーシアギア ノマドに乗ってみて、どうでしたか?

遠藤:いま自分が持っている車は、アウトドアが趣味になる以前に購入したものなので、街乗り仕様で。それでも移動にはもちろん困りませんが、やっぱり見た目も使い勝手も、アウトドア仕様の車にいまは憧れます。もともと車内空間が広くて、持っているだけで遊びに行きたくなるような車なら、このノマドみたいに、少しのパーツをカスタムするだけで一気にアウトドア感が増すところも発見でした。

▲キャンプサイトに到着したら、ラゲッジスペースに積んだお気に入りの道具を取り出して、設営スタート。

安仁屋:その「少し」が気になっても、いままでなら「ま、いっか」と諦めてきた人も多いんじゃないかなと。私の初めて買ったジムニーも、じつは顔があまり好きじゃなかったんです(笑)。本当はもっとレトロな雰囲気にしたいなと思っていたけど、当時はカスタムってどこに相談すればいいのか分からなかったし、お金もかかるだろうなと諦めて。でも結局、ジムニーを乗っていた12年のあいだ、車の顔を見るたびずっと気になってました(笑)。もっと早く、ダムドカスタムを知りたかった!

遠藤:乗っている人が多い車種ほど、カスタムして自分らしさを出せたら、より愛着も湧きそうですよね!

安仁屋:ダムドカスタムのうれしいところは、そうやって気になるパーツだけを変えることもできるし、ノマドのようなコンプリートカーとして買うこともできる。一つひとつのカスタムパーツがアウトドア好きの心をくすぐるデザインなのも、カスタム初心者の人にとっては、選びやすいポイントかなと。

遠藤:私もこれから、山に行くときは車中泊をしたいので、次に買う車は自分仕様にカスタムしたりしながら、アウトドアの楽しみの幅も広げていけたらいいなと思います!

安仁屋:自分の行動範囲と可能性を広げてくれるお気に入りの車は、アクティブにアウトドアを楽しみたい女子にとって、いま欠かせないアイテムですね!

▲自分好みの車を手に入れると、運転することも楽しくなり、いまよりもっとアウトドアに出かけたくなる。

アウトドア女子が気になるカスタムポイント

ポイント1
自然のなかでよりなじむ顔に

スペーシアギアの武骨な印象のライト周りを、カジュアルでポップな雰囲気に変えてくれるフェイスチェンジキッ ト。第一印象が決まる顔の部分は、妥協せずに選びたいもの。レトロなロゴも魅力的!

ポイント2
大きな荷物はルーフラックへ

ルーフラックを取り付け、コンテナに入れた荷物を載せれば、車内スペースに余裕が生まれより快適に。天然木材を使用したウッドパネルは、使い込むほど風合いが増し、アウトドア感もアップ。

ポイント3
インテリアにもこだわりをプラス

車内の雰囲気が明るくなるシートカバーは、どこか懐かしくて温かみのあるチェック柄と、ライトグレーの本革調ポリ塩化ビニルを採用。移動中の気分も上がること間違いなし。2022年初夏に発売予定。

ポイント4
ウインドのアクセントに

ユーザーの「好き」な思いを表現する、NOMADオリジナルステッカー。ダムドオンラインストアで限定販売。ペグとハンマーをモチーフにしたデザインのほか、全3種類が1セットに!

ダムドのカスタムカーを詳しく知りたい
購入したい人のための3ステップ

最寄りのダムド特約店へ

気になる車両があったら、まずは最寄りの特約店に相談を。展示車を置く店舗もあり。取り扱いメーカーや車種は店舗によって異なるため、詳細はWEBサイトをチェックしよう。

クルマ+パーツ代金を見積もり

ダムドのパーツ代もすべて込みの合計金額を新車価格として提案してくれる(新車ローンにも対応可能。グレードや車体のカラー、オプションなどのリクエストも要相談。

ダムドパーツ装着済みで納車

注文したあとは、ダムドのパーツが装着された状態で納車へ。あとからパーツの購入や取り付け作業をする手間はなし。納車日から理想のスタイルのマイカーライフを楽しめる。

 

カスタムカーについての詳細はコチラ

ダムド公式HPへ

 

企画協力:ダムド

出典

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load